Home > Latest topics

Latest topics > 脱オタクメンタルガイドという名前から「脱オタク指導師」という国家資格を夢想して、「代官山4000年の歴史」という妄想をした

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

脱オタクメンタルガイドという名前から「脱オタク指導師」という国家資格を夢想して、「代官山4000年の歴史」という妄想をした - Mar 24, 2006

少女漫画と萌え漫画の罪 - FIFTH EDITION女は中学高校時代にモテておくべきである。 - 妄想系乙女の末路脱オタクファッションガイドより脱オタクメンタルガイドを - 妄想系乙女の末路

脱オタクというか「こうすれば普通に見えるよ」という服装を指南するのが脱オタクファッションガイドだとすれば、「こうすれば普通に見えるよ」という考え方を指南する脱オタクメンタルガイドというものも欲しい、という話。こういう分かりやすいキャッチフレーズは大切だろう。

しかし内面の話になると、なんか人格障害とかそっち方向の話になってしまいそうな気もする。脱オタクファッションほど気軽でない(ファッション改造もそう気軽なものではないと思うけど)、素人がいい加減な知識や経験則でどうこうしてよい領域ではないような気がする。医療の領域、扱うのに免許が必要な領域に踏み込んでいる気がする。

ひょっとしたら、脱オタクファッション指南にも免許が必要なのかもしれない。「脱オタ外見改造に失敗するケース」「失敗しない脱オタ外見改造の方針」についての考察や提案は天馬氏Masao氏等が特に積極的に発言されているように思うけれども、彼らは外見の話だけでなく内面の話へもどんどん踏み込んでいっている。その際の天馬氏の姿勢に不用意なものを感じて、僕は噛み付いたりもした。

シロクマ氏はまさに外見・内面の両方から脱オタの問題に切り込んでおられている。ご自身の回想録からも同様の姿勢が垣間見える、あるいは、その姿勢が、外見・内面の両方からの分析に結びついているのかもしれない。その辺りの事情は僕は知らないけれども。職業としても取り組んでおられて、「脱オタクを扱う免許を持った人」というのを想定するとしたら、氏のような人がそれに該当するのではないかと思える。

シロクマ氏の姿勢は医学・医療で言うところの西洋医学的、近代医療的なものだと思うけれども、それがあるなら、漢方薬とかツボとかそういう東洋医学的な物、前近代医療的な物、オカルト理論に基づいた経験則第一の物もあるのではないか。代官山4000年の歴史、とかそんな感じ。よく知らんけど。

ああ、そこでこういう話が出てくるわけだな。「この水晶を買ったとたん、急にモテはじめるようになったんです!」みたいなのが……(ぉぃ)

分類:モテ・非モテ・恋愛・自己承認, , , 時刻:03:35 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2006-03-24_mental.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2018年6月21日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき