Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 9/244: « 5 6 7 8 9 10 11 12 13 »

恋愛バトン - Sep 16, 2005

iMaさんから恋愛バトンなるものを回されてしまった。

続きを表示する ...

仕事の価値 - Sep 14, 2005

僕は本当に価値あることをしているんだろうか? と、会社にいるときに特に強く感じる。社内デザイナーを名乗ってはいるけれども、僕のしていることなんて、せいぜいイラレのオペレーターじゃないか。これで会社から金取ってるなんて詐欺だよと、いつも思う。

趣味を仕事にすると大変だぞ、と親に言われて育ってきた。親は「仕事で行き詰ったときに息抜きができなくなるから」という意味でそう言ったのだけれども、僕は今別の意味で、趣味に通じることを仕事にすると大変だと思っている。

だって、趣味ですよ。自分にとっちゃあ、息をするのと同じようなことなんですよ。息をしてるだけでいいから金をやるとか言われて、それで充実しますか? いや、時には、いついつの〆切までに激しく息をしろとか言われるような事もあるけれども、それでもやっぱり、息をしてるだけなんですよ。全然辛くないんすよ。

何でかはわからんけど、僕の中では「労働の対価」=「時間を消費して辛い目に遭わされた事に対する見舞金」というような価値観ができてしまっていて、だから、辛くなかったらそれって労働じゃないんじゃん、と。

とか何とか思うのは、息をするのと同じとしか思えないようなレベルのことしかやってない手抜きのヘタレだからなんだろう。本当のプロってのはきっと、趣味を仕事にしてても、こんな腑抜けたことを考える余裕などないくらいに仕事に一生懸命になれる人なんだろう、と思う。

今いる会社では、社内デザイナーを自称しているのは僕だけで。他の人から「こんなんじゃあ全然ダメだ!」とダメ出しされることがなくって。「このド素人が! デザインてなぁそんな甘いもんじゃねえんだぞ!!」みたいに叱られて当然のはずだと思っているのに。ハードルがそんなに低いワケはないのに。

ハァ……

仕事の価値 - Jan 01, 1970

僕は本当に価値あることをしているんだろうか? と、会社にいるときに特に強く感じる。社内デザイナーを名乗ってはいるけれども、僕のしていることなんて、せいぜいイラレのオペレーターじゃないか。これで会社から金取ってるなんて詐欺だよと、いつも思う。

趣味を仕事にすると大変だぞ、と親に言われて育ってきた。親は「仕事で行き詰ったときに息抜きができなくなるから」という意味でそう言ったのだけれども、僕は今別の意味で、趣味に通じることを仕事にすると大変だと思っている。

だって、趣味ですよ。自分にとっちゃあ、息をするのと同じようなことなんですよ。息をしてるだけでいいから金をやるとか言われて、それで充実しますか? いや、時には、いついつの〆切までに激しく息をしろとか言われるような事もあるけれども、それでもやっぱり、息をしてるだけなんですよ。全然辛くないんすよ。

何でかはわからんけど、僕の中では「労働の対価」=「時間を消費して辛い目に遭わされた事に対する見舞金」というような価値観ができてしまっていて、だから、辛くなかったらそれって労働じゃないんじゃん、と。

とか何とか思うのは、息をするのと同じとしか思えないようなレベルのことしかやってない手抜きのヘタレだからなんだろう。本当のプロってのはきっと、趣味を仕事にしてても、こんな腑抜けたことを考える余裕などないくらいに仕事に一生懸命になれる人なんだろう、と思う。

今いる会社では、社内デザイナーを自称しているのは僕だけで。他の人から「こんなんじゃあ全然ダメだ!」とダメ出しされることがなくって。「このド素人が! デザインてなぁそんな甘いもんじゃねえんだぞ!!」みたいに叱られて当然のはずだと思っているのに。ハードルがそんなに低いワケはないのに。

ハァ……

仕事の価値 - Jan 01, 1970

僕は本当に価値あることをしているんだろうか? と、会社にいるときに特に強く感じる。社内デザイナーを名乗ってはいるけれども、僕のしていることなんて、せいぜいイラレのオペレーターじゃないか。これで会社から金取ってるなんて詐欺だよと、いつも思う。

趣味を仕事にすると大変だぞ、と親に言われて育ってきた。親は「仕事で行き詰ったときに息抜きができなくなるから」という意味でそう言ったのだけれども、僕は今別の意味で、趣味に通じることを仕事にすると大変だと思っている。

だって、趣味ですよ。自分にとっちゃあ、息をするのと同じようなことなんですよ。息をしてるだけでいいから金をやるとか言われて、それで充実しますか? いや、時には、いついつの〆切までに激しく息をしろとか言われるような事もあるけれども、それでもやっぱり、息をしてるだけなんですよ。全然辛くないんすよ。

何でかはわからんけど、僕の中では「労働の対価」=「時間を消費して辛い目に遭わされた事に対する見舞金」というような価値観ができてしまっていて、だから、辛くなかったらそれって労働じゃないんじゃん、と。

とか何とか思うのは、息をするのと同じとしか思えないようなレベルのことしかやってない手抜きのヘタレだからなんだろう。本当のプロってのはきっと、趣味を仕事にしてても、こんな腑抜けたことを考える余裕などないくらいに仕事に一生懸命になれる人なんだろう、と思う。

今いる会社では、社内デザイナーを自称しているのは僕だけで。他の人から「こんなんじゃあ全然ダメだ!」とダメ出しされることがなくって。「このド素人が! デザインてなぁそんな甘いもんじゃねえんだぞ!!」みたいに叱られて当然のはずだと思っているのに。ハードルがそんなに低いワケはないのに。

ハァ……

仕事の価値 - Jan 01, 1970

僕は本当に価値あることをしているんだろうか? と、会社にいるときに特に強く感じる。社内デザイナーを名乗ってはいるけれども、僕のしていることなんて、せいぜいイラレのオペレーターじゃないか。これで会社から金取ってるなんて詐欺だよと、いつも思う。

趣味を仕事にすると大変だぞ、と親に言われて育ってきた。親は「仕事で行き詰ったときに息抜きができなくなるから」という意味でそう言ったのだけれども、僕は今別の意味で、趣味に通じることを仕事にすると大変だと思っている。

だって、趣味ですよ。自分にとっちゃあ、息をするのと同じようなことなんですよ。息をしてるだけでいいから金をやるとか言われて、それで充実しますか? いや、時には、いついつの〆切までに激しく息をしろとか言われるような事もあるけれども、それでもやっぱり、息をしてるだけなんですよ。全然辛くないんすよ。

何でかはわからんけど、僕の中では「労働の対価」=「時間を消費して辛い目に遭わされた事に対する見舞金」というような価値観ができてしまっていて、だから、辛くなかったらそれって労働じゃないんじゃん、と。

とか何とか思うのは、息をするのと同じとしか思えないようなレベルのことしかやってない手抜きのヘタレだからなんだろう。本当のプロってのはきっと、趣味を仕事にしてても、こんな腑抜けたことを考える余裕などないくらいに仕事に一生懸命になれる人なんだろう、と思う。

今いる会社では、社内デザイナーを自称しているのは僕だけで。他の人から「こんなんじゃあ全然ダメだ!」とダメ出しされることがなくって。「このド素人が! デザインてなぁそんな甘いもんじゃねえんだぞ!!」みたいに叱られて当然のはずだと思っているのに。ハードルがそんなに低いワケはないのに。

ハァ……

仕事の価値 - Jan 01, 1970

僕は本当に価値あることをしているんだろうか? と、会社にいるときに特に強く感じる。社内デザイナーを名乗ってはいるけれども、僕のしていることなんて、せいぜいイラレのオペレーターじゃないか。これで会社から金取ってるなんて詐欺だよと、いつも思う。

趣味を仕事にすると大変だぞ、と親に言われて育ってきた。親は「仕事で行き詰ったときに息抜きができなくなるから」という意味でそう言ったのだけれども、僕は今別の意味で、趣味に通じることを仕事にすると大変だと思っている。

だって、趣味ですよ。自分にとっちゃあ、息をするのと同じようなことなんですよ。息をしてるだけでいいから金をやるとか言われて、それで充実しますか? いや、時には、いついつの〆切までに激しく息をしろとか言われるような事もあるけれども、それでもやっぱり、息をしてるだけなんですよ。全然辛くないんすよ。

何でかはわからんけど、僕の中では「労働の対価」=「時間を消費して辛い目に遭わされた事に対する見舞金」というような価値観ができてしまっていて、だから、辛くなかったらそれって労働じゃないんじゃん、と。

とか何とか思うのは、息をするのと同じとしか思えないようなレベルのことしかやってない手抜きのヘタレだからなんだろう。本当のプロってのはきっと、趣味を仕事にしてても、こんな腑抜けたことを考える余裕などないくらいに仕事に一生懸命になれる人なんだろう、と思う。

今いる会社では、社内デザイナーを自称しているのは僕だけで。他の人から「こんなんじゃあ全然ダメだ!」とダメ出しされることがなくって。「このド素人が! デザインてなぁそんな甘いもんじゃねえんだぞ!!」みたいに叱られて当然のはずだと思っているのに。ハードルがそんなに低いワケはないのに。

ハァ……

仕事の価値 - Jan 01, 1970

僕は本当に価値あることをしているんだろうか? と、会社にいるときに特に強く感じる。社内デザイナーを名乗ってはいるけれども、僕のしていることなんて、せいぜいイラレのオペレーターじゃないか。これで会社から金取ってるなんて詐欺だよと、いつも思う。

趣味を仕事にすると大変だぞ、と親に言われて育ってきた。親は「仕事で行き詰ったときに息抜きができなくなるから」という意味でそう言ったのだけれども、僕は今別の意味で、趣味に通じることを仕事にすると大変だと思っている。

だって、趣味ですよ。自分にとっちゃあ、息をするのと同じようなことなんですよ。息をしてるだけでいいから金をやるとか言われて、それで充実しますか? いや、時には、いついつの〆切までに激しく息をしろとか言われるような事もあるけれども、それでもやっぱり、息をしてるだけなんですよ。全然辛くないんすよ。

何でかはわからんけど、僕の中では「労働の対価」=「時間を消費して辛い目に遭わされた事に対する見舞金」というような価値観ができてしまっていて、だから、辛くなかったらそれって労働じゃないんじゃん、と。

とか何とか思うのは、息をするのと同じとしか思えないようなレベルのことしかやってない手抜きのヘタレだからなんだろう。本当のプロってのはきっと、趣味を仕事にしてても、こんな腑抜けたことを考える余裕などないくらいに仕事に一生懸命になれる人なんだろう、と思う。

今いる会社では、社内デザイナーを自称しているのは僕だけで。他の人から「こんなんじゃあ全然ダメだ!」とダメ出しされることがなくって。「このド素人が! デザインてなぁそんな甘いもんじゃねえんだぞ!!」みたいに叱られて当然のはずだと思っているのに。ハードルがそんなに低いワケはないのに。

ハァ……

仕事の価値 - Jan 01, 1970

僕は本当に価値あることをしているんだろうか? と、会社にいるときに特に強く感じる。社内デザイナーを名乗ってはいるけれども、僕のしていることなんて、せいぜいイラレのオペレーターじゃないか。これで会社から金取ってるなんて詐欺だよと、いつも思う。

趣味を仕事にすると大変だぞ、と親に言われて育ってきた。親は「仕事で行き詰ったときに息抜きができなくなるから」という意味でそう言ったのだけれども、僕は今別の意味で、趣味に通じることを仕事にすると大変だと思っている。

だって、趣味ですよ。自分にとっちゃあ、息をするのと同じようなことなんですよ。息をしてるだけでいいから金をやるとか言われて、それで充実しますか? いや、時には、いついつの〆切までに激しく息をしろとか言われるような事もあるけれども、それでもやっぱり、息をしてるだけなんですよ。全然辛くないんすよ。

何でかはわからんけど、僕の中では「労働の対価」=「時間を消費して辛い目に遭わされた事に対する見舞金」というような価値観ができてしまっていて、だから、辛くなかったらそれって労働じゃないんじゃん、と。

とか何とか思うのは、息をするのと同じとしか思えないようなレベルのことしかやってない手抜きのヘタレだからなんだろう。本当のプロってのはきっと、趣味を仕事にしてても、こんな腑抜けたことを考える余裕などないくらいに仕事に一生懸命になれる人なんだろう、と思う。

今いる会社では、社内デザイナーを自称しているのは僕だけで。他の人から「こんなんじゃあ全然ダメだ!」とダメ出しされることがなくって。「このド素人が! デザインてなぁそんな甘いもんじゃねえんだぞ!!」みたいに叱られて当然のはずだと思っているのに。ハードルがそんなに低いワケはないのに。

ハァ……

仕事の価値 - Jan 01, 1970

僕は本当に価値あることをしているんだろうか? と、会社にいるときに特に強く感じる。社内デザイナーを名乗ってはいるけれども、僕のしていることなんて、せいぜいイラレのオペレーターじゃないか。これで会社から金取ってるなんて詐欺だよと、いつも思う。

趣味を仕事にすると大変だぞ、と親に言われて育ってきた。親は「仕事で行き詰ったときに息抜きができなくなるから」という意味でそう言ったのだけれども、僕は今別の意味で、趣味に通じることを仕事にすると大変だと思っている。

だって、趣味ですよ。自分にとっちゃあ、息をするのと同じようなことなんですよ。息をしてるだけでいいから金をやるとか言われて、それで充実しますか? いや、時には、いついつの〆切までに激しく息をしろとか言われるような事もあるけれども、それでもやっぱり、息をしてるだけなんですよ。全然辛くないんすよ。

何でかはわからんけど、僕の中では「労働の対価」=「時間を消費して辛い目に遭わされた事に対する見舞金」というような価値観ができてしまっていて、だから、辛くなかったらそれって労働じゃないんじゃん、と。

とか何とか思うのは、息をするのと同じとしか思えないようなレベルのことしかやってない手抜きのヘタレだからなんだろう。本当のプロってのはきっと、趣味を仕事にしてても、こんな腑抜けたことを考える余裕などないくらいに仕事に一生懸命になれる人なんだろう、と思う。

今いる会社では、社内デザイナーを自称しているのは僕だけで。他の人から「こんなんじゃあ全然ダメだ!」とダメ出しされることがなくって。「このド素人が! デザインてなぁそんな甘いもんじゃねえんだぞ!!」みたいに叱られて当然のはずだと思っているのに。ハードルがそんなに低いワケはないのに。

ハァ……

仕事の価値 - Jan 01, 1970

僕は本当に価値あることをしているんだろうか? と、会社にいるときに特に強く感じる。社内デザイナーを名乗ってはいるけれども、僕のしていることなんて、せいぜいイラレのオペレーターじゃないか。これで会社から金取ってるなんて詐欺だよと、いつも思う。

趣味を仕事にすると大変だぞ、と親に言われて育ってきた。親は「仕事で行き詰ったときに息抜きができなくなるから」という意味でそう言ったのだけれども、僕は今別の意味で、趣味に通じることを仕事にすると大変だと思っている。

だって、趣味ですよ。自分にとっちゃあ、息をするのと同じようなことなんですよ。息をしてるだけでいいから金をやるとか言われて、それで充実しますか? いや、時には、いついつの〆切までに激しく息をしろとか言われるような事もあるけれども、それでもやっぱり、息をしてるだけなんですよ。全然辛くないんすよ。

何でかはわからんけど、僕の中では「労働の対価」=「時間を消費して辛い目に遭わされた事に対する見舞金」というような価値観ができてしまっていて、だから、辛くなかったらそれって労働じゃないんじゃん、と。

とか何とか思うのは、息をするのと同じとしか思えないようなレベルのことしかやってない手抜きのヘタレだからなんだろう。本当のプロってのはきっと、趣味を仕事にしてても、こんな腑抜けたことを考える余裕などないくらいに仕事に一生懸命になれる人なんだろう、と思う。

今いる会社では、社内デザイナーを自称しているのは僕だけで。他の人から「こんなんじゃあ全然ダメだ!」とダメ出しされることがなくって。「このド素人が! デザインてなぁそんな甘いもんじゃねえんだぞ!!」みたいに叱られて当然のはずだと思っているのに。ハードルがそんなに低いワケはないのに。

ハァ……

Page 9/244: « 5 6 7 8 9 10 11 12 13 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき