Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 3/245: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

JSDeferredを小さくする - Feb 27, 2011

JSDeferredは非同期処理の制御に特化しててサイズも小さくて素敵な軽量ライブラリだ!と僕は思ってるんだけど、世の中を見回してみると「軽量ライブラリ」って言われてる物は3KB未満とかそういうのが結構あるようだし、jQueryも1.5.1のminified版は28KBって書いてあるし、そうなるとjsdeferred.jsのコメント付き版が0.3.4で19KBというのは「軽量」と呼ぶにはひょっとしてちょっとでかいのかな……という気がしてきた。

なので、JS MinifierとかPackerとかそういう風なやつでどれくらい小さくなるのか実験してみた。

/packer/はそのままだと構文エラーで動かなくなってしまった。}Deferred. って部分が7箇所あってこれがエラーになってるので、全部 };Deferred. に置換(Base62圧縮後だと }4.};4. に置換)したら一応エラーは出なくなった。/packer/の構文解析が貧弱なせいっぽいので、JSDeferredの側で問題になる所にあらかじめセミコロンを入れておけば、この問題は無くなるっぽい気がする。……と書いたからか、ちょよんごさんが対応してくれた。ありがとうございます!

あと、closure-compiler を通すと 2668bytes でした (jsdeferred のレポジトリで rake すると URL が出るようになってます)というアドバイスも頂いたので早速Closure Compilerにかけてみた所確かに小さくなったのですが、シンボル類まで全部失われちゃってこれ単体だと他のスクリプトと組み合わせられないのが残念ですね。(Closure Compilerは他のスクリプトも全部合わせて一緒にコンパイルして使うのが前提ってことなんだろう)

JsDoc ToolkitでJavaScriptコードモジュールのDoc Commentを出力する - Aug 20, 2010

Doc Commentの必要性

最近、JsDoc Toolkitの導入を考えてる。

  • ライブラリとして抜き出したコードを公開しておきたいけど、ライブラリ自体の使い方を書いたページを準備するのが面倒だし、多分誰も見てくれなさそう。
  • ソースコードの中にコメントとして使い方を埋め込んでおくと、見るべきファイルが1つで済むから良さそうだけど、どんな書式で書くと分かってもらいやすいかが問題だ。

ツリー型タブのAPI紹介等ではXPIDLっぽい書き方にしてみてるけど、オレオレ表記なので分かってもらえない可能性があるという心配はずっとしている。

ところで、Firefox自体のソースを見ていると以下のような書き方をしているのをよく見かける。

(略)

/**
 * Given a starting docshell and a URI to look up, find the docshell the URI
 * is loaded in.
 * @param   aDocument
 *          A document to find instead of using just a URI - this is more specific.
 * @param   aDocShell
 *          The doc shell to start at
 * @param   aSoughtURI
 *          The URI that we're looking for
 * @returns The doc shell that the sought URI is loaded in. Can be in
 *          subframes.
 */
function findChildShell(aDocument, aDocShell, aSoughtURI) {
(略)

これはJavaで標準的に使われているJavadocという「ソースコードの中に埋め込まれたコメントを自動的に収集してHTML形式でドキュメントを生成する」仕組みに基づいたもので、同じ形式でコメントを埋め込めるよう、Javadocの仕様に準拠した実装が言語ごとに存在しているようだ。JavaScriptならJsDoc Toolkit、C言語ならGTK-Docが一般的らしい。あとJavaScriptに関してはGoogle Closure ToolsのClosure Compilerも対応しているらしい

事実上の標準としてみんなが見慣れた形式なのであるならば、これに合わせて書くのがいいだろう。と思ったので、とりあえずライブラリとして切り出して公開しているコードにJavadoc形式で使い方の解説を埋め込んでみることにした。

JsDoc Toolkitの使い方

  1. Javaをインストールする。
  2. JsDoc Toolkitをダウンロードして展開しておく。
  3. JsDoc-Toolkitを使うで配布されているバッチファイル「jsdoc.bat」を、JsDoc Toolkitのjsrun.jarとかと同じ位置に置く。
  4. JavaScriptのファイルの中にDoc Commentを書く。書き方はJsDoc Toolkitによる開発効率向上を目指して - @IT等を見ると例がある。
  5. jsdoc.batの起動オプションにJavaScriptのファイルを渡して起動する。
  6. jsdoc.batと同じ位置にjsdocという名前のフォルダができて、その中に生成されたHTMLファイルがあるので、index.htmlをブラウザで開いて眺めてニヨニヨする。

JavaScriptコードモジュールとJsDoc Toolkit

  • JavaScriptコードモジュールではファイルの拡張子として「.jsm」を使うことが多いみたいなんだけど、.jsmなファイルにDoc Commentを埋め込んでJsDoc Toolkitに渡してみてもドキュメントを出力してくれなかった。
  • UxU用のテストケースまで走査するため、フォルダごと渡してまとめてドキュメントを生成させてみると、ファイル一覧の中にテストケースのファイルまで出てきてしまう。
  • @exampleに例を書く時に、例の中に<とか>とかのHTML的にまずい文字が含まれていると、出力されるHTMLがぶっ壊れてしまう。

JsDoc Toolkit自体のソースを見てみた所(JsDoc Toolkitはそれ自体がJavaScriptで書かれている。Java上で動作するJavaScript実行環境のRhinoの上で動作している。)、ファイルの拡張子でフィルタリングを行っているらしいということが分かった。あと、テンプレートのファイルの方を編集すれば、例に埋め込んだコードのせいでHTMLがぶっ壊れてしまう問題は回避できるようだった。

そういうわけで当面の所はこんな変更を加えて使ってみることにした。以下はjsdoc_toolkit-2.3.2.zipに対する差分です。

diff -ur jsdoc-toolkit-orig/app/lib/JSDOC/JsDoc.js jsdoc-toolkit/app/lib/JSDOC/JsDoc.js
--- jsdoc-toolkit-orig/app/lib/JSDOC/JsDoc.js   2009-01-24 18:42:04.000000000 +0900
+++ jsdoc-toolkit/app/lib/JSDOC/JsDoc.js    2010-08-20 10:17:17.602464000 +0900
@@ -69,7 +69,8 @@
 JSDOC.JsDoc._getSrcFiles = function() {
    JSDOC.JsDoc.srcFiles = [];

-   var ext = ["js"];
+   var ext = ["js", "jsm"];
+   var ignorePattern = /\.test\.js$/i;
    if (JSDOC.opt.x) {
        ext = JSDOC.opt.x.split(",").map(function($) {return $.toLowerCase()});
    }
@@ -89,7 +90,7 @@
                        }
                    }

-                   return (ext.indexOf(thisExt) > -1); // we're only interested in files with certain extensions
+                   return (ext.indexOf(thisExt) > -1) && !ignorePattern.test($); // we're only interested in files with certain extensions
                }
            )
        );
diff -ur jsdoc-toolkit-orig/app/run.js jsdoc-toolkit/app/run.js
--- jsdoc-toolkit-orig/app/run.js   2009-01-08 06:32:58.000000000 +0900
+++ jsdoc-toolkit/app/run.js    2010-08-16 17:28:28.673092400 +0900
@@ -337,7 +337,7 @@
        if (!path) return;

        for (var lib = IO.ls(SYS.pwd+path), i = 0; i < lib.length; i++) 
-           if (/\.js$/i.test(lib[i])) load(lib[i]);
+           if (/\.jsm?$/i.test(lib[i])) load(lib[i]);
    }
 }

Only in jsdoc-toolkit: jsdoc.bat
diff -ur jsdoc-toolkit-orig/templates/jsdoc/class.tmpl jsdoc-toolkit/templates/jsdoc/class.tmpl
--- jsdoc-toolkit-orig/templates/jsdoc/class.tmpl   2009-09-03 06:37:31.000000000 +0900
+++ jsdoc-toolkit/templates/jsdoc/class.tmpl    2010-08-18 15:10:02.542253900 +0900
@@ -300,7 +300,10 @@

                <if test="data.example.length">
                <for each="example" in="data.example">
-               <pre class="code">{+example+}</pre>
+               <pre class="code">{+String(example)
+                                     .replace(/&/g, '&amp;')
+                                     .replace(/</g, '&lt;')
+                                     .replace(/>/g, '&gt;')+}</pre>
                </for>
                </if>

@@ -399,7 +402,10 @@

                    <if test="member.example.length">
                    <for each="example" in="member.example">
-                   <pre class="code">{+example+}</pre>
+                   <pre class="code">{+String(example)
+                                         .replace(/&/g, '&amp;')
+                                         .replace(/</g, '&lt;')
+                                         .replace(/>/g, '&gt;')+}</pre>
                    </for>
                    </if>

@@ -466,7 +472,10 @@

                    <if test="member.example.length">
                    <for each="example" in="member.example">
-                   <pre class="code">{+example+}</pre>
+                   <pre class="code">{+String(example)
+                                         .replace(/&/g, '&amp;')
+                                         .replace(/</g, '&lt;')
+                                         .replace(/>/g, '&gt;')+}</pre>
                    </for>
                    </if>

@@ -565,7 +574,10 @@

                    <if test="member.example.length">
                    <for each="example" in="member.example">
-                   <pre class="code">{+example+}</pre>
+                   <pre class="code">{+String(example)
+                                         .replace(/&/g, '&amp;')
+                                         .replace(/</g, '&lt;')
+                                         .replace(/>/g, '&gt;')+}</pre>
                    </for>
                    </if>

モックが必要な場面、モックが有効な場面 - Aug 11, 2010

モック(Mock)とスタブ(Stub)の違いがよく分かってなかったんだけど、何が違うのか、そしてモックはどう使う物なのかということを、すとうさんに教えてもらって今更理解した。あとで会社のブログに書くつもりだけど、メモとして要点だけまとめておく。

  • テストは基本的に、粒度の細かいブラックボックステストにした方がいい。
    • 内部に持ってる隠しプロパティの値が正しいかどうか?という風な実装べったりのテストは、実装の変更に非常に弱い。
    • なので、関数の返り値だけ見て検証できるような設計が、自動テストしやすい設計という意味で「良い設計」と言える。
  • しかしブラックボックステストには限界がある。
    • 色々な副作用を伴う機能だったり、非同期で処理するような機能だったり、1回の実行で複数の状態を遷移する機能だったり、という風に、単純に関数の実行→返り値を検証 とするだけではテストできない機能もある。
      • ユニットテストのレベルでそういう機能があるのは設計が良くない証拠なので、こういう物は関数を細かい単位に解体して、単純に関数の実行→返り値を検証 というブラックボックステストを行えるような設計に直すべき。
      • 処理待ちしてやりさえすればいいような場合、処理待ちのための機能を持ったテスティングフレームワークを使うと、単純な非同期処理なら簡単にブラックボックステスト化できる。
    • 色々な副作用を伴う機能や、状態遷移があるような機能をブラックボックステストできるようにしようと思うと、「内部で状態の遷移のログを取っておいて、最後にそのログの内容が期待通りになっているかどうかを検証する」という風な形にならざるを得ない。
      • ということをやろうと思うと、本番用のコードの中に「ログ取り用の処理」のような「実際に使う場面では無駄」なコードが増えていってしまう。
      • テストしやすくするためにテスト対象の実装に手を入れるのはよくあることだし、そうやって手を入れた結果として関数が小さな単位に分割されていったり関数名と入出力の対応が分かりやすくなっていったりするのなら、それによって動作が安定するようになったりコードのメンテナンス性が高くなったりするから、いいことだ。でも「テストのためだけの実装」が増えていって、動作が不安定になったりコードのメンテナンス性が落ちたりするのでは本末転倒だ。
  • ブラックボックステストにし続けるためのコストが、本来の実装に悪影響を及ぼすようなレベルになってしまったら、そろそろホワイトボックステストに移行していい頃合いだ。
    • 検証対象の機能の粒度が大きくなってくると、これはもう避けられない事と考えた方がいい。

自分は今まで、とりあえずユニットテストに注力していて、ある意味脅迫観念的な勢いで、ブラックボックス度合いを高くする事を心がけてた。今まではそれでだいたい問題なかった。でも最近になって、ブラックボックステストにしようとすると無理があるというケースにぶち当たるようになった。1つの機能の中でコロコロと遷移する内部状態を、どうにかして検証したいというようなケースが出てきた。

それですとうさんに相談したら、そういう時はモックを使えばいいと言われた。でも、話を聞く限りだとモックというのはテスト対象の実装の中の処理の流れを追う物のようなので、それじゃブラックボックステストにならないじゃないかと思った。それをそのまま言ったら、確かにテストはできるだけブラックボックステストになってた方がいいけど、機能テストやインテグレーションテストのような粒度の大きな単位のテストでは、処理の中で起こる様々な出来事や副作用を色々モニタリングして、すべての処理が期待通りに動いているかどうかを検証しないといけないから、必然的にホワイトボックステストにならざるを得ないと言われた。

それを聞いて、目の覚めるような思いをした。そうか、ブラックボックステストとホワイトボックステストの使い分けはそこが基準になるのか、と。今まで自分がホワイトボックステストを書かずに済んでいたのは、状態の遷移を伴うような機能を作る必要がなかったからだったんだ、テストをどうも書きにくいなあと思っていた機能は本当はホワイトボックステストにしたほうがいい物だったんだ、と。

そんなわけでUxUにモックの機能を実装した

「JavaScript Mock」で検索するとJSMockjqmockが上位に出てきたので、最初はそれらを参考にするように(メジャーな実装があるんだったらそれをそのまま取り入れるなりAPIを合わせるようにするのが望ましい)と言われたんだけど、ドットで繋げるメソッドチェインの記法がガンガン出てきて頭パンクした。

もう少し下の方までスクロールするとMockObject.jsというのが出てきて、こっちはファイル全体で3KBに満たない小さなライブラリなので、まずはここから始めることにした。何せコードが短いから、読むのもそんなに苦にはならない。モックの概念を言葉で説明されてもさっぱりだったけど、一通りの処理の流れを見たら、「モックというのは一体何をやらなきゃいけないのか」「どういう振る舞いが期待されているのか」ということがよく分かった。

MockObject.jsと同等の機能を一通り実装した後でもう一度JSMockの方を見たら、なるほどこれはこういう意味だったのかというのがやっと分かった。サンプルコードを見ても、モックという物の意味をそもそもよく知らない時点では、どこからどこまでがJSMockの部分なのかさっぱり分からなかったんだよね。ということで、MockObject.jsに加えてJSMock互換のAPIも付け加えてみた。jqunitの方は……もう別言語だからシラネ。

あと有名なのはJsMockito? これも頑張ったらできるかなあ、というかMITライセンスだしそのままぶち込んだ方が早いか……

JavaScriptのスタックトレース - Jul 26, 2010

先日のブラウザー勉強会吾郷さんにお会いした際に、JavaScriptには言語の仕様として「例外がどこから投げられたのか」を知る為の仕組みが無いので独自のフレームワークを作る時に困ったという話を伺った。オレ標準JavaScript勉強会で何話せばいいか困ってた所だったので、それをネタに発表させてもらう事にした

改めてECMAScriptの仕様書を確認してみたけど、確かに3rd Editionと5th Editionでは、例外オブジェクトの機能としてはError.prototype.nameError.prototype.messageしか定義されていなかった(あとはconstructorとかtoString()とかその程度)。Wikipedia(英語の方)のECMAScriptの記事によるとECMAScript 3rd EditionはJavaScript 1.5とJScript 5.5の共通部分を抜き出す形で策定されたようで、実装してない方のIEに合わせてこうなったのか?とも思ったけど、調べてみたらJavaScript 1.5の頃はMozillaもError.prototype.stackはサポートしてなかった。それ以降にMozillaが独自に拡張した箇所ということのようだ。でも今回調べた限りではOperaもChromeもError.prototype.stackをサポートしていた(Operaの場合はこれに加えて、少しフォーマットが違うスタックトレースをError.prototype.stacktraceでも取得できる、ということをedvakfさんに教えていただいた)。メジャーなJavaScript実行環境でこれに対応してないのはIE(IE9PP3を含む)くらいのようだ……と思ったらSafari(Windows版)もサポートしていなかった。

吾郷さんのそれやUxUのようにデバッグを支援するためのフレームワークでは、スタックトレースは欠かせない要素だ。将来のECMAScriptの仕様に取り込まれてくれればいいのになあ、と思う。

勉強会ではせがわようすけさんに突っ込まれたけど、セキュリティのためにはなるべくこういう情報は出さない方がいいものらしい。しかし自分はスタックトレースの何がまずいのかがよく分かっていない。会場では「例えばスタックトレースでスクリプトのURLの中にセッションIDが含まれていたらセッションハイジャックされてしまう危険性がある」という例を教えていただいたけれども、それでもまだピンと来ていなかった。

さらにツッコミを受けたことで「なるほど、クロスドメインの制約を突破されてしまう」という事が問題なのだと分かった。ただ、実際にそれが問題になるケースってほんとにあるのかな? という疑問はまだ残っている。

分かりやすい話として、通常のXMLHttpRequestやiframeでは、別ドメインのドキュメントを読み込む事ができない・読み込んだとしてもその内容にスクリプトからアクセスすることはできない。

var iframe = document.createElement('iframe');
iframe.setAttribute('src', 'http://www.google.co.jp');
document.body.appendChild(iframe);
window.setTimeout(function() {
  try{
    alert(iframe.contentDocument.body);
  }
  catch(e){
    alert(e);
  }
}, 3000);

例えばこういうのは、Error: Permission denied for <http://piro.sakura.ne.jp> to get property HTMLDocument.body from <http://www.google.co.jp>.と言われてエラーになる。しかしスタックトレースにエラー行の詳細な情報が含まれていると、

try {
  document.write('<script type="text/javascript" src="http://www.google.co.jp/" async="false" defer="false"></script>');
}
catch(e) {
  var contentsFragment = e.stack;
}

とか

try {
  var script = document.createElement('script');
  script.setAttribute('type', 'text/javascript');
  script.setAttribute('src', 'http://www.google.co.jp/');
  script.setAttribute('async', 'false');
  script.setAttribute('defer', 'false');
  document.body.appendChild(script);
}
catch(e) {
  var contentsFragment = e.stack;
}

とか

// window.onerrorはECMAScriptの仕様にはない独自拡張
window.onerror = function(aMessage, aSource, aLineNumber) {
  // ここでaMessage, aSourceから情報を取れる可能性がある
}
var script = document.createElement('script');
script.setAttribute('type', 'text/javascript');
script.setAttribute('src', 'http://www.google.co.jp/');
script.setAttribute('async', 'false');
script.setAttribute('defer', 'false');
document.body.appendChild(script);

という風にして、別ドメインのドキュメントの内容を部分的にとはいえ読み取れてしまう可能性がある、というわけだ。特に3番目のwindow.onerrorを使う例はMFSA 2010-47: エラーメッセージのスクリプトファイル名からのクロスサイトデータ漏えいで実際に脆弱性になっていたことが確認されていて、既に修正されている。

なお、実際に現行バージョンのFirefox・Opera・Chromeで試してみたところ、1番目・2番目のtry-catchを使った例ではそもそも例外を例外として(そもそも、エラーが発生したのかどうかすら)捕捉できなかったので、今の所問題にはならない。ただ、今は問題にならなくても、今後登場するJavaScriptの実装ではこういう場合でも情報を取れるようになっている可能性はあるので、将来的に脆弱性の原因になるかもしれないという警告は確かにアリだとは思う。という所までは何とか理解できた。

ブラウザのレベルでは、クロスドメインやクロスオリジンになる時だけは例外を出さないとか詳細な情報を出さないとか、そういう対応の仕方はあるだろうけれども、「ECMAScript」の仕様でそこに言及するのは変だろうなあ。というややこしい事情を勘案すると、もう丸ごと全部仕様からドロップしてしまえという判断になるんかなあ。

さくらのレンタルサーバ スタンダードプランでrep2 - Jun 08, 2010

いくつか前例はあるようだ。

僕の契約はスタンダードプランなんだけど、複数ユーザでFreeBSD 7のサーバを共用してる状態で、管理者権限は無い。クライアントはUbuntu 10.04。という前提で。

sshの準備

何はともあれ、まずはリモート操作のための準備を整える。

ssh ユーザ名@ドメイン名

これでsshでログインできるんだけど、いちいちパスワードを訊かれてしまう。なのでsshの公開鍵を置いておくことにした。

  1. 1回、上記の要領でSSHでログインする。
  2. mkdir .ssh
  3. chmod 700 .ssh
  4. vi .ssh/authorized_keys
  5. ローカルにある公開鍵(~/.ssh/id_rsa.pubなど)の内容を貼り付けて、ファイルを保存する。
  6. chmod 600 .ssh/authorized_keys
  7. exit

再度上記の要領でsshでログインを試みると、今度はパスワードを訊かれなくなる。scpも。

rep2設置

  1. p2拡張機能パックの「依存ライブラリ込み」のファイル一式をダウンロードする。今回は rep2ex-100227-0215.7z を使った。
  2. ファイルを展開する。
  3. cd rep2ex-100227-0215-with-deps
  4. tar zcvf rep2.tar.gz rep2 で再圧縮する。
  5. scp ~/rep2.tar.gz ユーザ名@ドメイン名:~/ でサーバに送る。
  6. ssh ユーザ名@ドメイン名:~/ でサーバに入る。
  7. mkdir ~/p2data でWebから見えない位置にデータディレクトリを用意する。
  8. tar zxvf rep2.tar.gz で展開する。
  9. mv rep2 www/ でWebから見える位置に移動。
  10. パーミッションを設定する。
    1. chmod 705 www/rep2
    2. cd www/rep2
    3. find . -name "*.php" -type f -print | xargs chmod 705
  11. vi conf/conf_admin.inc.php で初期設定を変更する。
    • $_conf['data_dir']などで指定しているデータディレクトリの位置を、先程作ったデータディレクトリへのパスに書き換える。 ~/p2data/ にデータディレクトリがあってrep2のindex.phpが ~/www/rep2/index.php にあるという位置関係なら、値は "../../p2data/" になる。
    • どこからでもアクセスを受け付けるようにするなら、 $_conf['secure']['auth_host'] の値を 0 にする。
  12. http://ドメイン名/rep2/index.php にアクセスしてみる。

上記の参考エントリではこれだけでいけるという風に書いてあるんだけど、僕の場合はPHPのエラーで動かなかった。magic_quotes_gpcをOffにしろとかなんとか。

さくらのレンタルサーバのサーバコントロールパネルを見てみると「PHP設定の編集」というのがあったので、ここを見てみたところ、デフォルトの設定に対して必要な設定項目だけ上書き指定できるようだったので、magic_quotes_gpc = Off と記入して保存した。その後再度rep2のページにアクセスしてみた所、今度はちゃんとユーザ登録用のフォームが表示された。

ローカルのrep2のログを引き継ぐ

実はローカルで今までrep2を動かしてたので、そのログや「お気にスレ」などのデータを引き継ぎたかった。ローカルのデータは ~/public_html/rep2/data/ に置いてた、という前提で。

  1. exit (sshでサーバに入ったままなのであれば)
  2. cd ~/public_html/rep2
  3. tar zcvf data.tar.gz data で圧縮する。
  4. scp ~/data.tar.gz ユーザ名@ドメイン名:~/ でサーバに送る。
  5. ssh ユーザ名@ドメイン名:~/ でサーバに入る。
  6. tar zxvf data.tar.gz で展開する。
  7. rm -r p2data
  8. mv data p2data
  9. rm p2data/p2_auth_user.php で古い認証ユーザの設定を削除する。
  10. http://ドメイン名/rep2/index.php にアクセスしてみる。

今まで見てたスレの過去ログが見えるようになっていれば成功。

余談

今回の事で、さくらのレンタルサーバにsshで入る方法を習得した。もう少し色々試したら、定期的にサーバにある内容をまとめて圧縮してバックアップということもできるようになれるかな。なれるといいな。

携帯から送られたメールの中に含まれている絵文字を判別したかった - May 31, 2010

またRailsなんですけど。

携帯端末のメールで絵文字を入力した物を送信して、Railsアプリ(いわゆる勝手サイトにあたるもの)でそれを受信したら何か処理をしたい、っていう場面でどぉぉぉーもうまくいかなくて一日悩んでた。

ActionMailer::Baseを継承した独自のクラス(Mailmanとかそういう名前で定義してる)のMailman.receive()に渡ってきたメールの内容から、絵文字を検出したかった。

class Mailman < ActionMailer::Base
  def receive(mail)
    some_operation(mail.subject)
    some_operation(mail.body)
  end

  def some_operation(string)
    # ここで絵文字を検出したい
  end
end

jpmobileとかMbMailとかが利用できるのかなと思ったんだけど、うまくいかない。DoCoMoの端末から絵文字入りのメールを送っても、絵文字のコードにマッチするはずの正規表現に全然マッチしない。

んで、もっとよく調べてみたら、勝手サイトだからなのか何なのか、DoCoMoのメールサーバからメールが送られる時点で絵文字の情報は完璧に失われるんですね絵文字は全部「〓」に変換されてしまってて、〓の文字コードは(Unicodeだと)0x3013だから、さっきのコード表から作った正規表現にはマッチするわけがない。

まあ、やりたかった事は「絵文字があったらエラーを返す」という事だったので、「〓」が有るか無いかだけ見るというソリューションでだいたい問題なかったんですけれども。(「〓」自体を送信できないという問題は残るけど、こんな文字は普段使わないからその問題は無視する)

1日まるまる無駄にしてしまった……

メールのヘッダに埋め込む用に文字列をBase64エンコードする - May 28, 2010

所用でRuby on Railsのテストケースを書いているのですが、メールを受信してあれこれする処理のテストのためのfixtureを用意するのにいちいちホントにメールを送信してそのソース文字列をコピペするとかそういう事をやってたら面倒すぎたので、Subjectとかのヘッダ部分を簡単に書き換える方法を探した所、Rubyでやるのが早いっぽい事が分かったのですが、忘れそうなのでメモしておきます。

irbを起動して

require "base64"
def encode( str )
  "=?iso-2022-jp?B?" + Base64.encode64( NKF.nkf( '-j --utf8-input', str ) ).chomp + "?="
end

を貼り付ける。後はencode("文字列")でその都度結果を見ればいい。

CSS Transitions(CSSだけで簡単なアニメーション)の使い方・覚え方のまとめ - May 02, 2010

いろんな人がいろんな解説を既に書いてるみたいだけど、ツリー型タブでタブのインデントや折り畳みのアニメーションをCSS Transitionsで書き直してみるにあたり、自分で書いてみるまでよく分からんかったので、理解している内容をまとめてみることにした。

CSS Transitionsのフルスペックの説明でもないし、「こんなことができるぜすげーだろ!」というデモでもない。現実的にどういう場面でどういう風に使う事ができるのか、という事を淡々と述べます。いろんな機能を詰め込んだよく分からんデモスクリプトと組み合わせること前提の変なデモを見たせいで混乱してる僕みたいな人が、CSS Transitionsを理解するための手助けになれれば幸いです。

主な用途

マージンや色などの値を数値で表せるプロパティや、画像を表示する系のプロパティなどについて、スクリプトあるいは:hoverなどの疑似クラスによって動的に値が変化するようにしている場面で、元の状態と新しい状態の間をなめらかに変化させるようにする。

例えば、こんな風に。

ul.menu li {
  transition: margin-left 0.25s ease-out;
}
ul.menu li:not(:hover) {
  margin-left: 0;
}
ul.menu li:hover {
  margin-left: 50px;
}

この例では、分かりやすくするために敢えて指定を分けて書いている。ここでは以下のようなことが起こっている。

  • 何もしていない状態だと、margin-left: 0;が適用されている。
  • :hoverの状態になると、margin-left50pxになるようにアニメーションが始まる。
  • :hoverの状態が解除されると、margin-left0になるようにアニメーションが始まる。

何ができる?

  • CSSだけでやれる範囲でいうと、上記のサンプルのように「:hoverになった時にぽわーんとなめらかに出てきて、:hoverが解除されたらぽわーんとなめらかに引っ込む」ようなGUI要素をスクリプト無しで書けるようになる、という所に意義がある。例を挙げると、以下のような物が該当するだろう。
    • :hoverの時だけ出っ張るメニュー項目が、なめらかに出っ張る/引っ込むようになる、とか。
    • :hoverすると色が変わるボタンが、「じわっ……」と色が変わるようになる、とか。
    • :hoverで影が付く時に、「じわっ……」と影が濃くなる、とか。
    • メニューが透明な状態から「じわっ……」と表示されていく、とか。
    • アイコンが90°回転する時に回転がなめらかになる、とか。
  • スクリプトと組み合わせて使う場合、トゥイーンのための実装が要らなくなる(ネイティブ実装に任せてしまえる)というのが多分最大のメリット。
    • ポジショニングやマージンの調整で要素の表示位置を変える時、単に新しい値(=アニメーションの終了時点の値)を設定するだけでトゥイーンしてくれる。
    • CSSで初期値とdurationとイージング関数を指定しておいて、スクリプトで終了値だけを動的に指定する、という使い方。
    • CSSのクラスセレクタであらかじめいくつかの終了値のセットを定義しておいて、スクリプトでclassNameを書き換えて終了値を間接的に指定する、という使い方。
    • タイマーの管理が不要になるので、複数のアニメーションを同時に走らせる場合、アニメーションが全体的に軽くなると思われる。
  • 既に前のアニメーションが行われている間にまた値を変更した場合、現在の時点の値からの変化になる。
    • アニメーションの中断と再開のための面倒なコードは不要。
    • 例えば、margin-left0であったのを、20pxを設定してアニメーションが始まり、20pxに向けて変化していっている最中の10pxの時点でmargin-left0に再設定した場合、前のアニメーションが中断されて、新たに10pxから0に向けて変化するアニメーションが始まる事になる。
    • スクリプトでも動的疑似クラスでも。

「Windows Vista以降のAero Glass有効時のネイティブアプリのボタンみたいな物をWebに簡単に持ち込めるようにする」「GUIの端々にほんのちょっとだけ小粋なアニメーション効果を加えたい時に、スクリプトを書かなくてもよくなる」という話ですね。それ以上でもそれ以下でもないと思っておくと、CSS Transitionsを理解しやすいと思います。

何ができない?

  • テレビアニメのような、長くて複雑なアニメーションは無理。滅茶苦茶頑張ればできるかもしれないけど、CSS Transitionsの仕事ではない。
  • アニメーションと連動したスクリプトの複雑な制御。
    • アニメーション終了時にはDOM Level2 Eventsのイベントリスナで捕捉可能なtransitionendイベント(WebKitではwebKitTransitionEnd)が発行されるので、アニメーションの終了だけは検知できる。
    • それ以外のタイミングではイベントは発行されない(アニメーションが始まったかどうかも分からない)。
  • 無限に繰り返すアニメーション。
    • ループするアニメーションのデモではスクリプトと組み合わせていて、transitionendイベントを使ってその都度新しい「アニメーション終了時点の値」を設定し直してやることで、アニメーションを繰り返している。CSS Transitionsだけではループはできない。
  • どんなプロパティでもアニメーションできるわけではない。仕様書(のWorking Draft)にアニメーションできるプロパティの一覧がある。

書き方

transition:
    アニメーションさせたいプロパティの名前
    アニメーション終了までにかける時間(省略すると0)
    イージングの種類(省略するとease)
    アニメーションが始まるまでの遅延(省略すると0);

これで1セットと考えると分かりやすい。複数のプロパティをアニメーションさせたい時は、

transition: margin-left 1s ease;
transition: margin-top 1s ease;

とは書けないので、カンマ区切りにして

transition: margin-left 1s ease,
            margin-top 1s ease;

と書く。

アニメーション終了までにかける時間はCSS3 Values and Unitsの時間の値で指定する。例えば250ミリ秒で完了させたい時は250ms(ミリ秒単位)または0.25s(秒単位)と書く。アニメーションが始まるまでの遅延も同様。

イージング関数(値の変化の仕方)には、以下のいずれかを指定できる。

linear
等速直線運動的な変化
ease-in
最初はゆっくり、最後にいくにつれて激しく変化
ease-out
最初は激しく、最後にいくにつれてゆっくり変化
ease
ゆっくり始まって、途中で最高速になり、最後はまたゆっくり変化
ease-in-out
easeをもう少しきびきびさせたような感じ
cubic-bezier()
ベジェ曲線でアニメーションの変化の仕方を指定

現状ではまだ仕様が固まっていなくてどのベンダも先行実装の段階なので、ベンダープレフィクス付きの指定を書いてやらないといけない。

-webkit-transition: SafariとGoogle Chrome用の指定;
-moz-transition: Firefox用の指定;
-o-transition: Opera用の指定;
transition: 仕様通りの指定;

CSS TransitionsがRecommendationになったら、ベンダープレフィクス無しの記述だけでいけるようになるはず。

独自の文書型宣言を含めつつエラーを出さない方法(XHTML 1.1でXMLとして他の名前空間の要素を組み合わせて使いたい人向けの話) - Mar 17, 2010

僕はXHTMLのルビ(小さな字で読み仮名をふったりするアレ)を使いたくてXHTML 1.1を選択してるんですが、過去にXHTML2で検討されてたl要素(パラグラフより細かい単位の「行」を示すための物)やiframeやなんかをどうしても埋め込みたくなって、しかしそのせいでバリデータでエラーが出てしまうのも嫌だったので、見よう見まねで頑張って独自の文書型宣言を書いてみたんですよ。いつやったのか忘れたけど、結構前に。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd" [
    <!ENTITY % XLINK.xmlns.attrib "xmlns:xhtml2 CDATA #FIXED 'http://www.w3.org/2002/06/xhtml2'">
    <!ENTITY % Inline.extra "| xhtml2:l | iframe">

    <!ELEMENT xhtml2:l (#PCDATA|br|span|em|strong|dfn|code|samp|kbd|var|cite|abbr|acronym|q|sub|sup|bdo|a|img|map|object|input|select|textarea|label|button|ruby|ins|del|script|noscript|xhtml2:l)*>
    <!ATTLIST xhtml2:l 
      id    ID    #IMPLIED
      class CDATA #IMPLIED
      style CDATA #IMPLIED
      title CDATA #IMPLIED>

    <!ELEMENT iframe (#PCDATA|br|span|em|strong|dfn|code|samp|kbd|var|cite|abbr|acronym|q|sub|sup|bdo|a|img|map|object|input|select|textarea|label|button|ruby|ins|del|script|noscript|xhtml2:l)*>
    <!ATTLIST iframe
      id    ID    #IMPLIED
      class CDATA #IMPLIED
      style CDATA #IMPLIED
      title CDATA #IMPLIED
      longdesc     CDATA               #IMPLIED
      src          CDATA               #IMPLIED
      frameborder  ( 1 | 0 )           '1'
      marginwidth  CDATA               #IMPLIED
      marginheight CDATA               #IMPLIED
      scrolling    ( yes | no | auto ) 'auto'
      height       CDATA               #IMPLIED
      width        CDATA               #IMPLIED
    >
]>

CGIを使ってIEにはこの文書型宣言を出さないようにしてますが、FirefoxとかChromeとかでトップページあたりを開いてソースを見れば、こういうのが頭にくっついてるのが分かると思います。

で、バリデータ的にはこれでvalidになったのでめでたしめでたしだったんですが、GeckoのDTDパーサ部分にバグがあるらしくて、この文書型宣言を正しく解釈してくれないんですよね。最後の]>ではなくその前の>の部分で文書型宣言が終わったものと見なされてしまうせいで、Firefoxでこのサイトのページを開くと、ページの頭に謎の]>という文字列がくっついてしまう状態になってたのです。表示が崩れるのが嫌だったので、この]>がテキストノードとしてページの頭に存在してる時は動的に削除するようなJavaScriptを書いて、長らくごまかしてました。

そしたら先日、W3CのHTML5のルビに関する議論の中で紹介されてたXHTMLルビサポートのページを見たという方(Leif Halvard Silliさん)がメールを下さいまして、以下のようなハックを使えばページの頭に謎の]>が出てくる事を防げるよ、と教えてくれたんです。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd" [
    <!ENTITY % XLINK.xmlns.attrib "xmlns:xhtml2 CDATA #FIXED 'http://www.w3.org/2002/06/xhtml2'">
    <!ENTITY % Inline.extra "| xhtml2:l | iframe">

    <!ELEMENT xhtml2:l (#PCDATA|br|span|em|strong|dfn|code|samp|kbd|var|cite|abbr|acronym|q|sub|sup|bdo|a|img|map|object|input|select|textarea|label|button|ruby|ins|del|script|noscript|xhtml2:l)*>
    <!ATTLIST xhtml2:l 
      id    ID    #IMPLIED
      class CDATA #IMPLIED
      style CDATA #IMPLIED
      title CDATA #IMPLIED>

    <!ELEMENT iframe (#PCDATA|br|span|em|strong|dfn|code|samp|kbd|var|cite|abbr|acronym|q|sub|sup|bdo|a|img|map|object|input|select|textarea|label|button|ruby|ins|del|script|noscript|xhtml2:l)*>
    <!ATTLIST iframe
      id    ID    #IMPLIED
      class CDATA #IMPLIED
      style CDATA #IMPLIED
      title CDATA #IMPLIED
      longdesc     CDATA               #IMPLIED
      src          CDATA               #IMPLIED
      frameborder  ( 1 | 0 )           '1'
      marginwidth  CDATA               #IMPLIED
      marginheight CDATA               #IMPLIED
      scrolling    ( yes | no | auto ) 'auto'
      height       CDATA               #IMPLIED
      width        CDATA               #IMPLIED
    >
<?parser-hack ><!-- ?>
]>
<!--><?!-->

強調箇所がそのハック。処理命令(PHPのコード片を埋め込んだりするのに使うのと同じ奴)の記法でコメントとして解釈できる文字列を埋め込んで、問題の部分を無視させるという物のようです。バリデータに通しても、これでもvalidです。素晴らしいです。

同じような事をやってる酔狂な人がもしいたら役立てて欲しいと思ったので、氏に許可を得てエントリにさせて頂きました。Thanks a lot, Leif!

文法的な解釈

何故これがvalidなのかも考えてみよう。

<?parser-hack ><!-- ?>
  • この行は、これ自体で1つの処理命令となる。
    • 処理命令は <?ターゲット名 任意のUnicode文字?> という書式なので、これはあくまで「><!-- という内容」を含んだ処理命令として解釈される。
  • 文書型宣言の定義では、[から]までの間に登場しうる内容として処理命令も含まれている。そして、上記の箇所は一つの完結した処理命令である。よって、文書型宣言中に登場しても何ら問題ない。
<!--><?!-->
  • この行は、「><?! という内容」を含んだコメントと解釈される。

という具合で文法的には何も問題ないので、W3Cのバリデータはこれをvalidと判断する。きちんとXMLパーサを実装しているブラウザ上でも同様です。

Geckoの解釈

一方、Geckoの解釈はどうか。これは「ソースを表示」での色分けを見るとよく分かる。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd" [

Geckoはまず、この部分だけで完結した文書型宣言と認識する。「[」で終わりと判断したのではなくて、その次の <!ENTITY が来た時点で「あ、もう文書型宣言は終わってたのね」と見なしてるようだ。

<!ENTITY ~>
<!ELEMENT ~>
<!ATTLIST ~>

この辺はすべて、それぞれ別々の宣言として解釈されている。という事で、

]>

何もハックをしない場合はこの部分だけが取り残されてしまって、Gecko的にはこれが「XML的には不正だけどSGML的にはアリ」なテキストノードとして扱われて、ゴミとして表示されてしまうわけだ。

では、ハック有りの場合はどうなるか。

<?parser-hack ><!-- ?>
]>
<!--><?!-->

Geckoはこれを3つのノードとして解釈している。

<?parser-hack >

まずGeckoは、これを1つの処理命令と判断する。XMLの仕様では ?> が来るまで処理命令の終わりにはならないんだけど、Geckoのパーサは > で処理命令が終わったものと見なしてしまう。

<!-- ?>
]>
<!-->

これは当然1つのコメントになる。

<?!-->

最後、これも <? から > までで1つの処理命令と見なされる。

という事で、ハック有りの時はどの文字もテキストノードとして取り残されずに済むので、画面上は何もゴミが表示されずに済む。

こんなのよく考えるなー、と、読み解いてみて改めて感心しました。

parseTemplate() の引数で渡すオブジェクトのプロパティをテンプレート内のコード片で普通の変数として参照したい - May 20, 2009

前書き

PHPとかerbのようなテンプレートをJavaScriptで。という話に書いたやつの続き。

大切な事なので3回言います。
<% for (var i = 0; i < 3; i++) { %>
  今日は<%= today %>です。
<% } %>
オーケー?

こういう文字列をテンプレートとして解釈したい場面は多分よくあると思う。この例だと、todayという変数をどっか外部から与えて値を埋め込むことになる。で、この変数をどうやって渡したらええねん、と。

解1:グローバル変数を使う

グローバル変数をがんがんに使って構わないのであれば、先にグローバル変数としてtodayを定義しておけばいい。eval()で実行されるコードの中からも普通に参照できる。

しかしアドオンのコードのように、個々のグローバル関数やグローバル変数の寿命が長い事が予想されるスクリプトでは、この手は使えない。

解2:テンプレート内に書くコード片にthis.を付ける

parseTemplate()の仕様としてはあくまで「書かれたコード片は第2引数で渡されたオブジェクトをthisとして実行されます」という風にしておいて、テンプレート風に書かれている方の文字列内のJavaScriptコード片では必ずthis.todayという風に書くようにする、という方法もある。

しかしいちいちthis.を付けるのは面倒だし、そもそも僕がこのような記法を知ったきっかけであるERBでは、self.なんて書く必要がなかった。同じような物は同じように使えた方がいい。なのでこの方法も使いたくない。

解3:varで宣言し直す

先のエントリに当初書いていたコードでは、parseTemplate()の第2引数で渡したオブジェクト(ハッシュ)のプロパティを走査してそれをvarで変数として宣言し直す、ということをしてた。外の名前空間をなるべく汚さないための苦肉の策だ。

  if (aContext && typeof aContext == 'object') {
    for (var prop in aContext) {
      if (!aContext.hasOwnProperty(prop)) continue;
      __parseTemplate__codes.unshift('var '+prop+' = aContext.'+prop+';');
    }
  }

こんな感じ。

でも、これだとエラーになりそうな場合がけっこう考えられる。例えばハッシュのキーが01234という文字列だと、実行されるJavaScriptのコードはvar 01234 = aContext.01234;となってしまい、eval()にかけた時点でSyntaxError: missing variable nameと怒られてしまう。

なので、こういうエラーの元になる名前のプロパティを除外して、安全な物だけをvarで宣言する、ということをやりたかった。言い換えると、そのプロパティの名前を構成している文字列がJavaScriptの識別子として妥当かどうかを判別したかった。

ということでやっと、このエントリの本題に入る。

続きを表示する ...

Page 3/245: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき