Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 5/243: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

omni.jarを展開してデバッグした話と、Minefield(Firefox 4)で起動時のセッション復元が働かなくなる問題について - Sep 27, 2010

最近のMinefieldのナイトリービルドで、ツリー型タブがあると前回終了時のセッションが復元されない(タブのタイトルだけ復元されて実際には空のページになる)という現象が起こっている。この問題の原因の究明のためにずいぶん遠回りをした。

  • 最初は、SSTabRestoringやSSTabRestoredイベントを監視してる所が悪いのかと思った。なのでツリー型タブのイベントリスナの所をコメントアウトしてみた。しかしそれでもまだ問題が起こる。
  • Minefieldの方が壊れてるのか?とも思ったけど、ツリー型タブを無効にしたら問題なくセッションが復元される。なのでどうもやはりツリー型タブが悪いみたい。

こういう時は、処理がどこで止まってしまっているのかを特定するのが僕が知ってる唯一の(そして多分一番ストレートな)原因調査の仕方だ。今回だったらセッション復元が止まってしまってるので、nsSessionStore.jsの中に沢山デバッグ用のdump()を埋め込んで、どこの時点でおかしくなっているのかを調べるという事になる。

が、Minefieldではそれが一筋縄ではいかなくなってた。

構成ファイルのほとんどを1つのアーカイブの中に入れてしまうというomni.jarという変更が反映されて、今までだったらcomponentsフォルダの中にそのまま置かれていたnsSessionStore.jsも、omni.jarの中に格納されている。なので上記のような調査法を取ろうとすると、omni.jarの中にあるファイルを書き換えないといけない。

ところが7-Zipではこのomni.jarを開くことができない。多くの場合、jarファイルはただのZIPアーカイブなので7-Zipのファイルマネージャで開いて中身を編集→再圧縮ということが簡単にできるんだけど、omni.jarの場合はアーカイブ自体が壊れていると判断されてしまって中身を見ることすら適わない。

検索してみたら同じようなことで悩んでる人が他にもいたみたいで、リンク先に書かれてる情報によるとExplzhを使えばomni.jarを開けるらしい。

ということで早速Explzhを入れてみた。Explzhでomni.jarを開いてみると、確かに中身を見ることができる。しかし、中にあるファイルを編集してエディタを終了すると、omni.jarの再圧縮に失敗してしまう。ファイル名を変えるとかファイルを1個だけ削除するとかするとなんとか編集後のファイルをアーカイブに含められたんだけど、その状態でMinefieldを起動すると、ファイルが部分的に読み込めなくなってウィンドウの背景が透明になってしまうとかの謎なトラブルが発生してしまった。Explzhでもomni.jarを部分的に変更しようとすると駄目みたいだ。

追記。Windows XP以降の「圧縮フォルダ」機能でもomni.jarを展開できるらしい。圧縮フォルダなんて微妙に不便だから使ってなかったのに、こんな所で役に立つとは……

まとめると、トラブルが起こらないようなomni.jarの編集方法は、こう。

  1. omni.jarを作業フォルダにExplzhで展開する。
  2. 必要な変更を行う(デバッグ用のコードを埋め込むなど)。
  3. 展開されたファイル群を7-Zip等でZIP形式で圧縮する。
  4. ファイル名をomni.jarに変更する。
  5. 4で作ったomni.jarで、Minefieldのomni.jarを置き換える。
  6. %localappdata%\Mozilla\Firefox\Profiles\プロファイル名\ の中にあるキャッシュファイルを消す。

この方法で、Minefieldが正常に起動する状態を保ちながらomni.jarの中にあるファイルに変更を加える事ができた。

nsSessionRestore.jsに大量のdump()を入れて調べてみた所、最初のタブ(現在のタブ)の復元が終わった後で次のタブを復元する時に、すぐに処理が終わってしまっていた。さらによく調べると、復元対象のタブを決定する時にもしタブのセッション情報の_tabStillLoadingというフラグがfalseになっていたら(=タブのセッションが復元完了していたら)、そのタブをセッションの復元対象から除外するという設計になっていた。

_tabStillLoadingというフラグには見覚えがあったのでツリー型タブのソースを検索し直してみたら、別のバグの対策でこのフラグを敢えてfalseにするような処理を入れていて、これが誤爆しているせいで上記の問題が起こっているようだった(本当はそのタブはまだセッションが復元されていない・読み込み中の状態なのに、_tabStillLoadingfalseにセットされてしまうため、タブがセッション復元の対象から除外されるようになってしまっていた)。

まとめると、こういう事だった。

  • Firefox 4 の最適セッションリストア原文)で行われた変更で、ブラウザ起動時のセッション復元が、すべてのタブを一度に復元するのではなく、3個ずつ復元するように変更された。
  • その時、まだ復元が完了していないタブがいつまでも「読み込み中」の状態に見えてしまうと格好が悪いので、タブの要素のbusy属性を取り除いて、一見すると既にタブの復元が完了しているかのように見せるようになった。その代わり、まだタブの復元が必要であることを示す_restoringというフラグをbrowser要素の方に立てるようになった。→Bug 602555でリファクタリングされて、また仕様が変わった。前述の「_restoringのフラグが立っている状態」に相当するのは「browser要素の__SS_restoreState1の時」になった。
  • ツリー型タブは、タブのbusy属性だけを見て、そのタブが読み込み完了しているかどうか・セッション復元中かどうかを判断して、読み込みが完了していると判断したタブのセッション情報の_tabStillLoadingを強制的にfalseにして、タブの読み込みが完了しているとnsSessionStoreに認識させるようにしていた。
  • そのため、Minefieldでは「一見すると読み込みが完了しているように見えるが、内部的にはまだセッション復元が完了しておらず読み込み中の状態である」タブまでもがツリー型タブによって「内部的にも読み込みが完了した状態である」という扱いになるようになってしまっていた。よって、タブのセッションが復元されないという現象が発生してしまっていた。

別のバグの対策用のコードの条件分岐にもうひとつ条件を足して、「一見すると読み込みが完了しているように見えるが、内部的にはまだセッション復元が完了しておらず読み込み中の状態である」というケースを判別するようにしたら、この問題は起こらなくなった。同じコードを他にもいくつかのアドオンで使っていたので、それらも合わせて修正しておくことにした。もし同じ事をやっている人が他にもいたら、十分気をつけて欲しい。

タブバーをドラッグしたらウィンドウが動くとかその辺のタイトルバーっぽい挙動を無効化する - Sep 15, 2010

ツリー型タブではタブバーをウィンドウの横に置く使い方を基本的には想定してるワケだけれども、普通にタブバーを縦型にするだけだと、Minefieldではタブバーをダブルクリックしたらウィンドウが最大化されるという謎の結果になってしまうことがある。

MinefieldではBug 555081で行われた変更により、ツールバーの空白の部分がウィンドウのタイトルバーと同じ扱いになるようになっている。ツールバーの空白部分をドラッグすればウィンドウが動くし、ダブルクリックすればウィンドウの最大化になる(Windowsの場合)し、ぴたすちおのようにタイトルバーを右クリックしたらウィンドウシェードするようなユーティリティを使っていれば、それも動く。

ただ、ウィンドウの横に移動されたタブバーのようにぱっと見ツールバーに見えない部分までもがこのような挙動になってしまうと、違和感があるし混乱の元ではある。また、ツリー型タブの場合はタブバーの空白の領域をドラッグするとタブバーの位置を変えられるという機能があるけれども、上記の通りの仕様なのでこのままではタブバーの位置を変えられないということにもなってしまう。こういう時、どうすればいいのか。

タイトルバーのように振る舞うツールバーの挙動は、chrome://global/content/bindings/toolbar.xml#toolbar-drag で定義されている。コードを見てみると、WindowDraggingUtils.jsmというモジュールを読み込んで自分自身をWindowDraggingElementという物に登録しており、こうして登録された要素がタイトルバーのように振る舞うようだ。じゃあこの初期化処理を無効化するか初期化処理で行われた結果を取り消してやればいいんじゃないか、と思ったけど、設計的にそれは無理だった。

仕方がないのでWindowDraggingUtils.jsmの方を見てみると、「タイトルバー上にあるボタン等をドラッグした時だけは上記のような動作にしないようにする」というのをどうやって実現しているのかが分かった。

  • Windowsでは、マウスのボタンが押下された時にMozMouseHittestというイベントが発行されている。
  • 任意で登録された関数(mouseDownCheck)がfalseを返した時か、クリックされた要素からその祖先までの間にドラッグ操作を受け付けそうな要素がある時は、preventDefault()している。
  • preventDefault()された場合、マウスのボタンがそもそも押下されなかったという扱いになるみたい。

端的に言うと、MozMouseHittestイベントをpreventDefault()すれば、ツールバーのタイトルバー的な振る舞いを無効化することができるということのようだ。

gBrowser.tabContainer.addEventListener(
  'MozMouseHittest',
  function(aEvent) {
    aEvent.preventDefault();
  },
  true
);

ただ、タブバー内で発生するMozMouseHittestイベントを常にpreventDefault()してしまうと、タブをクリックしてもタブが切り替わらないということになってしまう。preventDefault()するのは祖先要素にタブまたはクリック可能な要素が無い場合だけに制限しないといけない。

Minefield 4.0b6preでXUL要素とiframeの重ね合わせが鼻血出るくらい簡単になってた - Sep 11, 2010

ツリー型タブには「ポインタがタブバーを離れている時はタブバーを隠してor縮めて、ポインタがタブバーに近づいたら(フルサイズで)表示する」という機能がある。 (タブバーがコンテンツ領域に覆い被さる様子のスクリーンショット)

Firefox 4に向けて開発が進んでいるMinefield 4.0b6preでこの機能が動かなくなっていたので修正をしよう……と思ったら根本的に作りなおさなきゃいけなかった。でも以前のやり方に比べたらずっとスッキリと実装できるようになっていた。

これはそんなお話。

これまで

Firefox 3.6までは、上記の機能を実現するのにえらく苦労していた。

tabbrowser要素の仕様変更のまとめで過去に図解したけど、今までのFirefoxではタブバーとコンテンツ表示領域が1つのボックスの中に収まっていたので、ボックスの縦横の配置を変えるだけでタブバーを「縦置き」できていた。そうして「縦置き」したタブバーの幅を自動的に増やしたり減らしたりしてやりさえすれば、最も単純な「タブバーを自動で隠す」機能は実現できる。 (一番簡単な実現方法を採った場合のスクリーンショット)

ただ、実際にはそれだと実際使っててストレスを感じる。タブバーの幅が変化する度にタブバーによって押し潰される形でコンテンツ領域の幅が縮んでしまい見た目に激しくガタつくのと、それに加えて再描画のためにFirefoxが一瞬でも無反応になってしまう事がある、というのが多分その理由だろう。

じゃあタブバーの幅が増えた分をコンテンツ領域の上にかぶせてやればガタつきがなくなってイイよね、ということで上のスクリーンショットのような事をやろうとして、当時の僕はFirefoxの仕様に頭を抱える羽目になってしまった。

ネガティブマージンでは駄目だった

要素同士を重ねる、というと一番手っ取り早いのはネガティブマージンを使う方法だろう。タブバーにネガティブマージンを指定してやれば万事解決する……そう考えていた時期が僕にもありました。

(ネガティブマージンでタブがコンテンツ領域の下に潜り込んでしまった様子のスクリーンショット) 見るも無残。

どうも現行バージョンのGeckoはインラインフレームだけ特別な描画の仕方をしているらしく、iframeやbrowserの内容はオーバーレイのウィンドウのように他の内容より前に表示されるみたいだ。browser要素がDOMツリーに尽かされた後でDOMツリーに追加されたtab要素なら、browser要素よりも手前に描画されることもあるようだけど、基本的にはこうなると思っておいた方がいい。

ネガティブマージンで駄目ならposition:absoluteやらposition:fixedやらはどうなんだ、という代替案は当然出てくるだろうけど、これもやっぱり駄目だった。browserをz-index:1に、タブの方をz-index:2にという風にやっても、どう頑張ってもタブがbrowserの下に隠れてしまった。

panelは?

panelやmenupopupを使うと、OSのレベルで別のウィンドウを開いて任意の位置に重ねることができる。影や枠を表示しないようにすることもできるから、うまくやればこれが一番確実かもしれない。

ただ、自分で0から作る場合ならともかく、Firefoxのタブを後から改変するという場合には、これは激しくお勧めできない。Firefoxのタブ周りのDOMツリーを不用意にいじると、Firefoxの本来の構造を期待して開発されたアドオンが動かなくなってしまう可能性が高いからだ。

結局どうやったのか

アレも駄目これも駄目という感じだったので、Firefox 3.6以前では結局、他のアドオンに対して与える影響が一番少なそうなやり方として、いくつかのテクニックの組み合わせでそれっぽく見せるようにしてみた。

まずタブバーの幅を普通に増やす。 (タブバーの幅が増えた状態のスクリーンショット)

それだけだとコンテンツ領域が押し潰されてしまうので、そうならないようにネガティブマージンでappcontentあたりの幅を広げてレイアウトを維持する。 (コンテンツ領域の幅を広げた状態のスクリーンショット)

次にnsIContentViewerのmoveメソッドで描画内容をずらす。このメソッドは、フレームの内容の描画位置を任意の座標分平行移動する物だ。 (描画内容をずらした状態のスクリーンショット)

仕上げとして、nsIContentViewerのmoveメソッドで描画位置を変えたせいでレンダリングされていない「タブバーと重なり合う部分」を、canvasのdrawWindowで描画する。 (canvasで半透明の効果を再現した状態のスクリーンショット) スクロールしてる場合やフルズームが使われている場合に位置をうまく合わせるのが難しいけど、なんとか頑張った。

Minefield 4.0の古いベータへの対応

ちょっと前までのMinefieldでも、基本的にはこれと同じ事をやってた。 tabbrowser要素の仕様変更のまとめで説明している通り、タブバーそのものはposition:fixedで固定して位置を合わせていて、かつてタブバーがあった所に挿入したダミーの要素と実際のタブバーとの表示サイズを同期させているという点が異なるけど、browser(iframe)とタブが重ならないように工夫を凝らしているという点では変わりはなかった。

これから

そんな感じで今までやってたんだけど、Minefield 4.0b6preをアップデートして試しに機能をONにしてみたら、上記の解決策の重要な要素の1つである「nsIContentViewerのmoveメソッドで描画内容をずらす」が効かなくなってた。 (描画内容をずらせていないためにおかしな表示になってしまっている様子のスクリーンショット)

これではタブバーの幅が変わる度にコンテンツ領域がガタついてしまうという問題を回避できない。

もはやこれまでか。そう思った僕を救ったのは、別の(ツリー型タブ)の不具合によって起こっていた現象でした。

先述の通り、Minefield用には既にタブバーをposition:fixedでレイアウトするという変更を反映してた。それが原因で、TabsToolbarの中に配置されたツールバーボタンが、タブバーが自動的に隠された状態であっても表示されたままになってしまうという現象が同時に発生していた。 (問題が起こっている様子のスクリーンショット)

……ん? ちょっと待てよ! なんでその位置にそのボタンが見えてるわけ?! browserの下に隠れてない!?

検証してみたところ、いつ行われた変更によるものなのかは分からないけど、Minefieldではいつの間にか、前述した「browserやiframeの内容は常に最前面に描画されてしまう。それらと重なる位置に置かれたXUL要素はbrowserやiframeの下に隠れてしまう。」という問題が起こらなくなっているようだ。

そこまで分かれば話は早い。もう前述のような凝ったことをしなくても、普通にposition:fixedで配置してbackground:rgba(0, 0, 0, 0.25)にすればもうそれだけで、「半透明のタブバーの下にコンテンツ領域が透けて見える」状態になるということだ。 (canvasによる再現ではない本当の半透明が実現された様子のスクリーンショット) こうしてひとまず現状のMinefieldには対応することができた。

まとめ

  • Minefieldでは、position:fixed等で任意のXUL要素をコンテンツ領域の上に重ねて配置できるようになった。ポジショニングを気軽に使えるようになった。
  • 今まで必要だった、制限の回避のための工夫は、もういらない(多分)。

いい時代になったものですね。

初期化処理を書く時に注意がいるようになったみたい - Jul 03, 2010

ツリー型タブが入ってるとMinefield 4.0b2preがぶっ壊れる現象に遭遇した。

何が原因なのかちょっとずつ絞り込んでいったところ、DOMContentLoadedイベントが発火するよりも前の時点で<tabbrowser id="content"/>に触っていたのが原因ぽいという事が分かった。ツリー型タブの初期化処理の中でtabbrowser要素の属性値を取ろうとしてdocument.getElementById('content').getAttribute('...')としただけで、XBLのconstructorとかそのへんがぶっ壊れて、tabbrowser要素の初期化処理が全く行われない状態になってしまってたようだ。

ツリー型タブのインストール後にツールバーのカスタマイズ内容が失われるという話も、これが原因だったんだろうか? 状況としてはよく似てるんだけど。

この問題の発生を避けるには、初期化処理を必ずDOMContentLoadedイベントかloadイベントのタイミング以降で行うようにするのが多分一番簡単だと思う。

window.addEventListener('load', function() {
  window.removeEventListener('load', arguments.callee, false);
  // 何か初期化処理
}, false);

他にも、複数バージョンに対応したアドオンでバージョン判別のために'MozBorderImage' in element.styleとかやってる場合も危険かもしれない。とにかく、DOM要素(の属性値であるとかDOMオブジェクトのプロパティであるとか)を参照せずにメタ的な情報(XPCOMで取得できるGeckoのバージョン情報とかnsIPrefBranchで取得できる設定値とか)で判断できる場合はなるべくそっちを使った方が安全っぽい。例えばFirefox 3.5以降かどうかを調べるならこんな感じ。

var comperator = Cc['@mozilla.org/xpcom/version-comparator;1']
                   .getService(Ci.nsIVersionComparator);
var XULAppInfo = Cc['@mozilla.org/xre/app-info;1']
                   .getService(Ci.nsIXULAppInfo);
if (comparator.compare(XULAppInfo.version, '3.5') >= 0) {
  // Firefox 3.5.0およびそれ以降
}
else {
  // Firefox 3.0およびそれ以前
}

pinTab()、unpinTab()への対応 - Jun 27, 2010

このへんのパッチが投入されて、gBrowser.pinTab()gBrowser.unpinTab()というメソッドが実装された。 (実際に使った所のスクリーンショット) pinTab()にタブを渡すとそのタブが他のタブの左側に寄せられて、unpinTab()に(pinnedな)タブを渡すと元に戻る。ぶっちゃけアレですね、Chromeの似たような機能のパクリですね。

この時、タブはスクロールボタン(左向き三角のボタン)よりもさらに左に表示されるようになるんだけど、これは一体どうやって実現されてるのか。実は、CSSで非常にトリッキーなことをしている。pinTab()に渡されたタブはpinnedという属性の値にvalueが設定されるんだけど、この時、.tabbrowser-tab[pinned="true"]なタブはposition:fixedに設定されて、通常の描画フローから切り離される。その上で、スクロールボックスの左にすべてのpinnedなタブの幅の合計と同じだけのマージンを設けて、pinnedなタブ1つ1つにはネガティブマージンを設定してそれらしい位置に表示する……という感じ。moveTab()の中とかでタブの状態を見て処理を分けていて、pinnedなタブはpinnedじゃないタブの中には移動できないし、その逆も然り。原稿のコードに対する最小限の変更でそれらしい挙動を実現するようにしている。よう思いつくな、こんなの。

大抵の既存のアドオンは影響を受けないはずなんだけど、タブ周りで凝ったことをしてる奴は、下手したら全滅しそうな気がする。というかツリー型タブなんかはお話にならないのが目に見えてる。なのでちょっと頑張ってみた。

  • pinnedなタブのレイアウトの処理。改行とか。
  • pinnedになった時、自動的にツリーから解放するとか。

結果。 (スクリーンショット) 最初は単に、pinnedなタブのレイアウト処理の所のX軸とY軸を入れ換えるだけにしてみたんだけど、それだと縦置きタブバーの場合は無駄な領域がメチャメチャ増えるだけだという事が分かったから、「タブが小さくなる」という所を優先して、24×24固定サイズでアイコンを並べられるだけ並べる(1行に収まらなければ改行する)という風にした。見た目は……あんまり良くないね。すんません。

縦置きしたタブバーとpinnedなタブの相性はすこぶる悪い。結局全部ツリー型タブの方で作り直すのに近い状態になってしまった気がする。でもまあ挙動としてはそれなりに違和感のない状態に落ち着いた。

これからまた実装に仕様変更が入らないことを祈るばかりだ。実装の仕方自体が変わってしまうなら、今回のこの作業はまるっきり無駄になってしまうから。

タブバーの位置を変える方法(How to change the position of the tab bar easily?) - Jun 15, 2010

Q

It is nice if I can switch between tabs on the top and side. I know you can drag it but if the top gets filled up, then its hard to drag it. Then I have to open the prefs to move it. Be nice if it was easier to move the tab bar to different sides quickly.

タブバーの位置を上と左(または右)の間で簡単に切り替えられると便利だと思います。タブバーをドラッグすれば場所を移動できるのは知っていますが、タブバーが上にありタブが沢山開かれていて余白がない場合、タブバーをドラッグするのは難しいです。そういう時は仕方がないので設定ダイアログを使うほかありません。タブバーを異なる位置に簡単に移動できる方法があるといいのですが……

A

I have no plan about (re-)adding the feature to the Tree Style Tab. I think an answer for another question possibly help you: A new option to switch the position of the tab bar by the number of tabs.

By the way, you can start to drag the tab bar without blank spaces in the tab bar. Try to drag something in the tab bar not a tab. (ex. "New Tab" button, "<" button, ">" button, or "List All Tabs" button)

その機能を(再び)ツリー型タブに加える予定はありません。ただ、他の質問に対する回答があなたにとって何らかの助けになるかもしれません。タブバーの縦置き・横置きをタブの数に応じて自動で切り替えたいを参照して下さい。

それはさておき、タブバーのドラッグ&ドロップは、タブバーに余白が無くても行う事ができます。タブバーの中のタブ以外の任意の位置(例えば「新しいタブ」ボタン、スクロールボタン、「タブの一覧」ボタンなど)をドラッグしてみて下さい。

新しいタブを開く時にタブバーの下の端以外の位置に開きたい(How to open new tab not on the bottom of the tab bar?) - Jun 15, 2010

Q

If I open a new tab they always open on bottom. I have alway many tabs open and I need to scroll always down to see new tab. That's for me not very comfortable. Is possible that new tab open on top?

新しいタブを開く時、タブは常にタブバーの一番下に開かれます。私はいつも非常に多くのタブを開いているため、開いた新しいタブを見るためにはいつも一番下までタブバーをスクロールしないといけません。これは非常に面倒です。新しいタブをタブバーの上の端に開く方法はありませんか?

A

Now TST doesn't provide such a feature to control new tab position. I think TST should not implement features not related to "tree of tabs", but it should be done by another addon designed for the purpose, for example, Tab Control does it.

現在、ツリー型タブはそのための機能を提供していません。私は、「タブのツリー」とは関係ない機能はツリー型タブには含めず、そういう目的のために開発された他のアドオンで解決するべきと考えています。例えばTab Controlがそういう機能を持っています。

タブのコンテキストメニューが正常に機能しなくなった? (The context menu on tabs doesn't appear anymore?) - May 15, 2010

Q

I'm running your Tree Style Tab extension on the last Firefox, 3.4a. I installed the Menu Editor extension and the context menu on the tabs stopped to appear. Until Firefox 3.6.3 they were working together nicely.

私はツリー型タブを最新版のFirefox(3.7a4)で使っています。Menu Editorをインストールしていると、タブのコンテキストメニューが出なくなってしまいました。Firefox 3.6では両者は正常に機能していたのですが……

A

Codes of the context menu on tabs are totally restructured on the Firefox 3.7a4. See: Bug 554991 - allow tab context menu to be modified by normal XUL overlays. So, addons including codes about context menu on tabs must be updated.

TST newer than 0.10.2010040201 has been updated for the change, but I couldn't find out a version updated for Firefox 3.7a4 from all versions of the Menu Editor.

If the problem still appear with a new version of the Menu Editor updated for Minefield 3.7a4 and later, please tell me again.

タブのコンテキストメニューの実装は、Firefox 3.7a4で大きく変わりました。Bug 554991 - allow tab context menu to be modified by normal XUL overlays を参照してください。このため、タブのコンテキストメニューを触るアドオンは更新されなくてはなりません。

ツリー型タブのバージョン0.10.2010040201以降はこの変更に対応済みですが、私はMenu Editorの公開済みのバージョン一覧からMinefield 3.7a4に対応したバージョンを見つけることはできませんでした。.

もしMenu EditorのFirefox 3.7a4対応版がリリースされた後でもまだ問題が再現するようであれば、改めてご連絡ください。

一言でいえば、「Firefox 3.7a4の新仕様にきちんと対応してないアドオンと組み合わせて何が起こっても僕の責任じゃないですよ」ってことで。

「タブを閉じる」ボタンの働きの選択肢として「親のタブを閉じずに子孫のタブだけを閉じる」が欲しい(A new option to close only child tabs by "Close Tab" button) - May 14, 2010

Q

My small suggestion is to be able to configure the close button for a parent tab to just close its children. After it is child-less, the second click would close the tab itself. My feeling is that this would make for more fluid experience when you open up a flurry of child tabs to follow up on details and want to continue with the main "story" or "task" on the original parent tab. As it is now you have to right click and select close children, which I find a bit clunky.

私の希望は、親のタブの「タブを閉じる」ボタンをクリックした時の挙動として、子孫のタブだけを閉じるというオプションが欲しいというものです。そのタブに子供がいなくなった後、2度目のクリックはそのタブ自身を閉じるでしょう。これがどういうときに役立つかというと、何か作業をしている時に、詳細な情報を見るために子タブをいくつか開いた後で、それらを一気に閉じて元の作業に戻るという風な場合です。現状でこのような使い方をするには、タブを右クリックして「このタブの子タブをすべて閉じる」を選択しなくてはならないので、面倒です。

A

Sorry, I have no plan to implement the feature to Tree Style Tab. There are two reasons: 1) overriding of the behavior of "close tab" button is hard to implement. And, 2) I think it is not an instinctive behavior.

1) Now there are some options for "close tab" of parent tabs, but all options are designed to work just after the parent tab was correctly closed. Because, TST listens "TabClose" event which is fired after the tab is completely closed by Firefox itself. We cannot cancel the closing of the parent tab from "TabClose" event.

2) If "close tab" button closes the tab and its collapsed children, I think it is instinctive, because it is same to the default behavior of the "close tab" button, except there are collapsed (hidden) children. And if the button closes only the parent tab (keeping children open) it is also same to the Firefox default. "When the close button is clicked, only children are closed and the tab itself is still there" -- the scenario is odd a little for me.

However, you can implement the feature with other scriptable addons (FireGestures, userChrome.js, etc.) with following codes:

var parentTab = gBrowser.selectedTab;
if (TreeStyleTab.hasChildTabs(parentTab)
  // The second argument "true" means "close only children".
  TreeStyleTabService.removeTabSubtree(parentTab, true);
else
  gBrowser.removeTab(parentTab);

すみませんが、その機能をツリー型タブ本体に取り込むつもりはありません。それには2つの理由があります。1) 「タブを閉じる」ボタンの挙動を乗っ取るのは実装が大変ですし、2) その挙動は直感的とは私には思えません。

1) 現在、親のタブの「タブを閉じる」ボタンをクリックした場合の挙動にはいくつかの選択肢を設けてありますが、そのいずれも、親のタブ自体が閉じられた後に働くことを前提にしています。これはツリー型タブが、タブが完全に閉じられた後でFirefox自身によって発行される「TabClose」イベントを監視することによってこの機能を実現しているためです。「TabClose」イベントからは、タブを閉じる操作自体をキャンセルする事はできません。

2) 「タブを閉じる」ボタンによってそのタブ自身とすべての折り畳まれた子タブが閉じられる場合、そこに折り畳まれた(見えない)子タブがあるという点を除けばFirefoxの標準的な挙動と同じなので、これは私には直感的な挙動に感じられます。また、もしそのタブだけが閉じられて子タブが残るのであれば、これはFirefoxの標準的な挙動と全く同じです。しかしながら、「タブを閉じるボタンをクリックしたら、子タブだけが閉じられて、そのタブは已然として開かれたままとなる」――この挙動は、私には違和感があります。

とはいえ、あなたはこの機能を、スクリプトでカスタマイズする機能を持った他のアドオン(FireGestures、userChrome.jsなど)と組み合わせる事で実現できます。上記のコードを参照して下さい。

Page 5/243: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき