Home > Latest topics

Latest topics > 複数のアドオンを一気にインストールする(ような形で配布する)方法

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

複数のアドオンを一気にインストールする(ような形で配布する)方法 - Dec 06, 2010

多機能オールインワン型のタブ系アドオンをdisったら、こんな反応があった

ただエンドユーザーからみると、タブ機能のために細かい拡張をいくつも入れてられるか、とも思っちゃうのよね。

そんな時のためにFirefoxには複数のアドオンを一発でインストールできる仕組み(ユーザ側で工夫したら複数のアドオンを一括インストールできる、のではなくて、アドオンを公開する側がユーザに「このリンクを辿ればこれらのアドオンを全部インストールできます」的なインターフェースを提供できる)が備わっているのですよ!! 全然活用されてないけど!!!!!

やり方は2つある。

  • マルチプルアイテムパッケージという特殊なXPIを配布する方法
  • InstallTriggerを使う方法

ツリー型タブマルチプルタブハンドラ情報化タブソース表示タブブックマークを新しいタブで開くリンクを新しいタブで開くロケーションバーから新しいタブを開くの7つを一括インストールさせたい場合を例に説明しよう。

マルチプルアイテムパッケージで複数のアドオンをまとめて配布する

これはtabextensions3学生向けアドオンパックが実際に使ってる方法だ。

やり方

まず、こういうinstall.rdfを作る。em:type="32"というのがミソ。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<RDF:RDF xmlns:em="http://www.mozilla.org/2004/em-rdf#"
         xmlns:RDF="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#">
  <RDF:Description RDF:about="urn:mozilla:install-manifest"
                   em:id="tabextensions3@piro.sakura.ne.jp"
                   em:type="32">
    <em:targetApplication>
      <RDF:Description em:id="{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}"
                       em:minVersion="3.6"
                       em:maxVersion="4.0b2pre" />
    </em:targetApplication>
  </RDF:Description>
</RDF:RDF>

このinstall.rdfと、7つのアドオンのXPIをまとめてZIP圧縮して、ファイル名を「〜.xpi」に変えれば完成。

この時、install.rdfに書く対象アプリケーションのem:minVersionem:maxVersionは、全部のアドオンの最大公約数的な値になるようにしないといけない。 例えばminVersionが3.5の物と3.6の物、maxVersionが4.0b2preと4.0b8preの物があるんだったら、「全部揃った状態で確実に動くのは3.6〜4.0b2preの間」ということでそのように指定する。

この方法の詳しい話はMDCにドキュメントがある。

メリットとデメリット

この方法には、配布するファイルが1個だけでよくなるし、JavaScriptとかを使う必要がないというメリットがある。

その反面、同梱するアドオンを増やしたり減らしたり更新したりしたい時には、パッケージをその都度作り直さないといけないというデメリットがある。

InstallTriggerで複数のアドオンをまとめてインストールする

これは台湾のMozillaコミュニティのプロモーション用サイトで実際に使われてる方法だ。

やり方

こんな感じのスクリプトを実行するだけ。

var targets = {
      treestyletab : {
        URL : 'http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/treestyletab.xpi?update'
      },
      multipletab : {
        URL : 'http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/multipletab.xpi?update'
      },
      informationaltab : {
        URL : 'http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/informationaltab.xpi?update'
      },
      viewsourceintab : {
        URL : 'http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/viewsourceintab.xpi?update'
      },
      openbookmarkintab : {
        URL : 'http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/openbookmarkintab.xpi?update'
      },
      openlinkintab : {
        URL : 'http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/openlinkintab.xpi?update'
      },
      newtabfromlocationbar : {
        URL : 'http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/openlinkintab.xpi?update'
      }
    };
InstallTrigger.install(targets);

InstallTrigger.install()にはインストールさせたいアドオンのリストをハッシュとして渡す。

ハッシュ値を渡して安全なインストールを可能にするとかの工夫もできる。これも詳しい話はMDCに書いてある。

メリットとデメリット

この方法には、いちいちパッケージを作らなくていいというメリットがある。台湾コミュニティのサイトのように、「ユーザがリストにチェックを入れていって、最後にボタンを押したらチェックが入ってるアドオンだけを一括インストールする」という風な事が簡単にできる。

その代わり、配布するファイルがバラバラになるし、JavaScriptが有効になってないと利用できないというデメリットがある。

なんでAMOでこれを使わないんでしょうね?

AMOにコレクションという機能が加わった時、これを使って「お薦めのアドオンを一括インストールできますよ!」という見せ方ができるようになるものとばかり思ってた。そういうものが絶対に必要だろ、と思ってたから、すごく期待してた。でも実際に出てきた機能はただの「リンク集作成機能」でしかなかったのですごくガッカリした。

せっかくこういう機能があるのに、それを使わないでTab Mix Plusを「お薦めアドオン」として前面に押し出してたりするんですよ。何考えてるんですかねホント。

分類:Mozilla > 拡張機能, , , , 時刻:12:34 | Comments/Trackbacks (0) | Edit

Comments/Trackbacks

TrackBack ping me at


の末尾に2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ローマ字で回答)を繋げて下さい。例えば「noda」なら、「2010-12-06_howtobundle.trackbacknoda」です。これは機械的なトラックバックスパムを防止するための措置です。

Post a comment

writeback message: Ready to post a comment.

2014年1月19日時点の日本の首相のファミリーネーム(ひらがなで回答)

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード