Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 1/243: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

冬コミ情報 - Dec 19, 2008

もえじら組ブログの方にも書いてるけど、冬コミコピー本粛々と作業中です。 (もえじら組ブログのエントリへ) なにげにおぺらたん初描き。特徴的なツインテールのあの人はエロ同人禁止と聞いてますが、エロくないシーンの2コマだけのゲスト出演なら怒られない……ですよね……?(駄目ならツインテを一個削って亞北ネルにでも……)

しかし今まで登場キャラの性別とか衣装とか構図の関係とかで描く機会がなかったからずっと気付かなかったけど、普通に男女絡みを後ろから描こうとすると、必然的にアレですね、タマを描かなきゃいかんのですね。嫌々ながらもついつい熱心に描き込んでしまう自分がちょっとイヤです。

コミケ71当選しちゃった - Nov 04, 2006

12/31(日) 東チ05a 「もえじら組」です。

コミケ後 - Aug 14, 2006

勝ってきて割とすぐに布団にも入らず(いや今の時期はタオルケットだけどさ)に固い床の上で爆睡したせいか、全身が痛い。休まった気がしない。

このまま出勤して仕事になるのでしょうか。

コミケ終了 - Aug 14, 2006

C70無事終わった。ちかれた。

前日にようやくPOPの準備とか始めて、当日は徹夜で挑むことになってしまった。うーん、近くに住んでるとついついだらけてしまう。

今回は基本的に僕一人でやりくりした。途中、トイレ休憩とか昼食とか買い出しとかのために、通りすがりの友人に代わってもらったりもしたけど。本の中身も僕一人で作ったし、名義こそ「もえじら組」だけど実質的には個人サークルでの参加にほぼ等しい経験だったと思う。

それで思ったけど、やはりこういう時に友人がいてくれると実に心強いなと。一人だとトイレに立つこともできやしないから。ましてや、挨拶回りなんてもってのほかだ。お礼に本を渡すくらいしかできなかった(それすらしてない人もいる)という自分の薄情っぷりが情けない。現場でそういうことに思い至らず、こうして帰ってきて振り返ってやっと気付くというのは、救いようがない。

100部も売れるかどうか……と思ってたので、意外と好調な売れ行きだったと思う。それでもペイラインをギリギリ越えたという程度だけど。原価率(人件費除く)が7~8割いってたし……これはある意味、かなり正確にニーズを読めてたとも言えるのだろうか?

隣のサークルの方と少し話したり。挨拶代わりに本を渡したら、なんか内容をえらく褒められてしまって、恐縮した。

続きを表示する ...

コミケカタログのおまけ - Aug 07, 2006

コミケカタログのおまけとして……というか多分プライズ景品の余りか何かだと思うんだけど、ドム柄のパンツをもらった。使い所に困るのだけれどとりあえず寝るときにでもはこうか。

サイズが微妙に小さくて腹が苦しい気味です。

ていうか普通にポロリしかねないっていうかリアルタイムでポロリしてるわけですが。こりゃ本当に部屋着中の部屋着だな。

夏コミ本入稿完了 - Aug 05, 2006

やっとできたー。

でも見ての通り明らかに何か足りてない感じ。あと1日あればもう少しマシになったと思うんだけど……

続きを表示する ...

絵を描いてて虚しくなる - Aug 04, 2006

ここしばらくずっとほぼ徹夜でマンガの作業を進めてるわけですが。どうも心残りな出来になりそうな雰囲気が漂いまくっているわけですが。肌の影のトーンとかそういうのは全部省略せざるを得ない感じ。もっと計画的に制作するべきでした、という反省を得た訳なのですが。

それはさておき。

昨日実際にコミケカタログのサークルカットを見ていて、自分の描いたサークルカットを見つけたけれども、その周囲のカットを見て憂鬱になった。流行の画風とは明らかにかけ離れた古臭い絵柄。「描き慣れていない」感漂う、整理されていない汚い描線。自分という人間をまさに体現するものだと思う。つまり、時流に乗ることもできず、上手く物事をこなすこともできない、どうしようもなく不器用で不器量な、僕の人間性を。

絵を描いてもそこにはどうしても僕という人間が滲み出てくる。僕の持っていないものは画面に現れ得ない。僕の描く絵は、僕の範疇に収まるものにしかならない。つまり、そこには何の救いもない。僕を救ってくれる、僕にない力を持った救世主を、僕自身が生み出せるわけがない。

つまり何をやっても縮小再生産にしかならない。何も「新たに得るもの」がない。

それでどうして虚しくならずにいられるというのだろうか。

続きを表示する ...

夏コミ本 - Jul 28, 2006

新刊。

表紙だけ先に入稿しました。本としてはとりあえず出せそうです。13日(日曜)東テ14a「もえじら組」です。

ちなみにタイトルはこんなですが中身は普通に普通の成人向け同人誌です。タイトルはただのシャレです。飾りです。偉い人にはそれが分から(以下略)

もえじら組 in C70はPiro単独での参加になる予定です - May 31, 2006

絵のカテゴリなのに絵のないエントリですみませんが、公にアナウンスするのを忘れていたようなので、C70参加確定に併せて改めてお伝え。

  • 20人近くが参加する「萌えるふぉくす子・さんだば子本を作るプロジェクト」としての「もえじら組」の活動は、C69での「Don't touch the red panda」頒布とその後の完売を以て成功とし、この規模での活動は一旦終了したものと考えてください。
  • C70での「もえじら組」活動参加者は、現在のところ、Piro単独の予定です。理由は、Piroの個人的なキャパシティの都合です。ゲスト原稿のような規模で他に参加する人がいるかもしれませんが、C69のような大合作にはならないと思われます。
  • Piro作品の内容は例によってマンガのつもりです。でも予定は未定。実際にどうなるかは神のみぞ知る。

Page 1/243: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき