Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

Page 12/239: « 8 9 10 11 12 13 14 15 16 »

「タブを閉じる」ボタンの働きの選択肢として「親のタブを閉じずに子孫のタブだけを閉じる」が欲しい(A new option to close only child tabs by "Close Tab" button) - May 14, 2010

Q

My small suggestion is to be able to configure the close button for a parent tab to just close its children. After it is child-less, the second click would close the tab itself. My feeling is that this would make for more fluid experience when you open up a flurry of child tabs to follow up on details and want to continue with the main "story" or "task" on the original parent tab. As it is now you have to right click and select close children, which I find a bit clunky.

私の希望は、親のタブの「タブを閉じる」ボタンをクリックした時の挙動として、子孫のタブだけを閉じるというオプションが欲しいというものです。そのタブに子供がいなくなった後、2度目のクリックはそのタブ自身を閉じるでしょう。これがどういうときに役立つかというと、何か作業をしている時に、詳細な情報を見るために子タブをいくつか開いた後で、それらを一気に閉じて元の作業に戻るという風な場合です。現状でこのような使い方をするには、タブを右クリックして「このタブの子タブをすべて閉じる」を選択しなくてはならないので、面倒です。

A

Sorry, I have no plan to implement the feature to Tree Style Tab. There are two reasons: 1) overriding of the behavior of "close tab" button is hard to implement. And, 2) I think it is not an instinctive behavior.

1) Now there are some options for "close tab" of parent tabs, but all options are designed to work just after the parent tab was correctly closed. Because, TST listens "TabClose" event which is fired after the tab is completely closed by Firefox itself. We cannot cancel the closing of the parent tab from "TabClose" event.

2) If "close tab" button closes the tab and its collapsed children, I think it is instinctive, because it is same to the default behavior of the "close tab" button, except there are collapsed (hidden) children. And if the button closes only the parent tab (keeping children open) it is also same to the Firefox default. "When the close button is clicked, only children are closed and the tab itself is still there" -- the scenario is odd a little for me.

However, you can implement the feature with other scriptable addons (FireGestures, userChrome.js, etc.) with following codes:

var parentTab = gBrowser.selectedTab;
if (TreeStyleTab.hasChildTabs(parentTab)
  // The second argument "true" means "close only children".
  TreeStyleTabService.removeTabSubtree(parentTab, true);
else
  gBrowser.removeTab(parentTab);

すみませんが、その機能をツリー型タブ本体に取り込むつもりはありません。それには2つの理由があります。1) 「タブを閉じる」ボタンの挙動を乗っ取るのは実装が大変ですし、2) その挙動は直感的とは私には思えません。

1) 現在、親のタブの「タブを閉じる」ボタンをクリックした場合の挙動にはいくつかの選択肢を設けてありますが、そのいずれも、親のタブ自体が閉じられた後に働くことを前提にしています。これはツリー型タブが、タブが完全に閉じられた後でFirefox自身によって発行される「TabClose」イベントを監視することによってこの機能を実現しているためです。「TabClose」イベントからは、タブを閉じる操作自体をキャンセルする事はできません。

2) 「タブを閉じる」ボタンによってそのタブ自身とすべての折り畳まれた子タブが閉じられる場合、そこに折り畳まれた(見えない)子タブがあるという点を除けばFirefoxの標準的な挙動と同じなので、これは私には直感的な挙動に感じられます。また、もしそのタブだけが閉じられて子タブが残るのであれば、これはFirefoxの標準的な挙動と全く同じです。しかしながら、「タブを閉じるボタンをクリックしたら、子タブだけが閉じられて、そのタブは已然として開かれたままとなる」――この挙動は、私には違和感があります。

とはいえ、あなたはこの機能を、スクリプトでカスタマイズする機能を持った他のアドオン(FireGestures、userChrome.jsなど)と組み合わせる事で実現できます。上記のコードを参照して下さい。

ロケーションバーからAlt-Enterでタブを開けない?(ALT-Enter in the location bar doesn't open new tab?) - May 14, 2010

Q

In plain Firefox, ALT-Enter in the address bar opens a new tab. This doesn't happen with Tree Style Tab activated.

素のFirefoxでは、ロケーションバーでAlt-Enterと入力すると新しいタブが開かれます。ツリー型タブが有効な状態だと、この機能が働きません。

A

I think it is a designed behavior of TST. TST includes a feature to open new tabs from the location bar without the ALT key, and the effect of the ALT key is inverted by the feature (Enter => new tab, ALT-Enter => current tab).

To get back Firefox's default behavior (Enter => current tab, ALT-Enter => new tab), go to TST's configuration dialog => "New Tabs" => "Location Bar".

If you don't want any loading into the current tab from the location bar (Enter => new tab, ALT-Enter => new tab), then, go to about:config and turn "extensions.treestyletab.urlbar.invertDefaultBehavior" to "false".

この挙動はツリー型タブの仕様であると思われます。ツリー型タブはロケーションバーでAltキーを押さずに新しいタブを開くための機能を含んでおり、この影響によって、Altキーの働きは反転される事になります。(Enter→新しいタブ、Alt-Enter→現在のタブ)

Firefoxの既定の挙動(Enter→現在のタブ、Alt-Enter→新しいタブ)に戻すには、ツリー型タブの設定ダイアログで「新しいタブ」→「ロケーションバー」を参照して下さい。

もし常に新しいタブを開くようにしたい(Enter→新しいタブ、Alt-Enter→新しいタブ)場合は、about:configを開いて extensions.treestyletab.urlbar.invertDefaultBehavior を false に設定して下さい。

Windows 7のAeroPeek(タスクバーのプレビュー)にアドオンから手を出してみる - May 13, 2010

Windows 7では、特定のアプリケーションのウィンドウが複数開かれている状態でタスクバー上のボタンをポイントすると、各ウィンドウのプレビューが一覧表示されるようになっている。これはAero Peekという機能だ。Firefox 3.6以降ではこのAero Peekのためのコードが入ってて、about:configでbrowser.taskbar.previews.enableをtrueに変更して機能を有効にすると、ウィンドウごとではなくタブごとのプレビューが表示されるようになる。Trunkではデフォルトで有効になってるので、次のメジャーリリースでもそうなるんだろう。

この機能について、ツリー型タブで対応してくれという要望が何件か来ていたので、0.10.2010043001以降では折り畳まれたツリーの中にあるタブのプレビューは表示しないようにしてみた。これを実現するにあたって調べたことを書き記しておく。

FirefoxでウィンドウごとではなくタブごとのプレビューをAero Peekに表示させるためのコードのうち、アドオンから簡単に触れるのはWindowsPreviewPerTab.jsmにあるコードだ。以下のようにするとプレビューのマネージャにアクセスすることができる。

Components.utils.import('resource://gre/modules/WindowsPreviewPerTab.jsm');
alert(AeroPeek); // "[object Object]"

ツリー型タブの新機能(?)の「折り畳まれたタブに対応するプレビューを隠す」は、ここからどうやれば実現できるのか。

まずAeroPeek.windowsの中から、処理対象のウィンドウに対応する項目を探す。このプロパティは各ウィンドウに対応するオブジェクトの配列になっていて、オブジェクトのwinプロパティにFirefoxのブラウザウィンドウのDOMWindowオブジェクトがそのまま入ってる。なので、以下のようにすれば今のウィンドウに対応するオブジェクトを見つけられる。

AeroPeek.windows.some(function(aTabWindow) {
  if (aTabWindow.win == window) {
    // 現在のウィンドウに対する操作
    return true;
  }
  return false;
});

また、このオブジェクトはpreviewsというプロパティの中に各タブのプレビューに対応するオブジェクトを持っている。以下のようにすれば、プレビューからタブのDOMElementを辿ることができる。

aTabWindow.previews.forEach(function(aPreview) {
  var tab = aPreview.controller.wrappedJSObject.tab;
  // タブに応じた操作
});

プレビューのオブジェクトはvisibleという真偽値のプロパティを持っていて、これの値がtrueだとAero Peekのプレビューが表示され、falseだと非表示になる。ツリー型タブの場合、タブが折り畳まれているかどうかによってこの値を上書きするようにしている。

var tab = aPreview.controller.wrappedJSObject.tab;
aPreview.visible = !TreeStyleTabService.isCollapsed(tab);

初期状態では、visibleの値はbrowser.taskbar.previews.enableの値と同じになっている。アドオンでvisibletrueにするとユーザがAero Peekを設定で無効化してても問答無用でプレビューが表示されてしまうので、誤ってtrueにしてしまわないように気をつけないといけない。僕はうっかりこれをやってしまった。

で、プレビューの表示・非表示を切り替えた後は、表示されるプレビューの総数が変わったことをマネージャに通知してやる。

AeroPeek.checkPreviewCount();

Firefoxは、プレビューの数が多すぎる時は強制的にプレビューを非表示にするようになってる。その切り替えの判断は、このメソッドが呼ばれた時に行われている。

以上をまとめると、こうなる。

AeroPeek.windows.some(function(aTabWindow) {
  if (aTabWindow.win == window) {
    aTabWindow.previews.forEach(function(aPreview) {
      var tab = aPreview.controller.wrappedJSObject.tab;
      aPreview.visible = !TreeStyleTabService.isCollapsed(tab);
    });
    AeroPeek.checkPreviewCount();
    return true;
  }
  return false;
});

ツリー型タブでは、これをツリーの開閉が行われる度に実行している。開閉の捕捉はカスタムイベントで行ってる。

プレビューの並び順とかも変えれそうな気がなんとなくしてるので、やる気が出てきたらまたいじってみようと思ってる。ただ、他のアドオンもここに手を出すと衝突しまくりそうではある。

タブバーの縦置き・横置きをタブの数に応じて自動で切り替えたい(A new option to switch the position of the tab bar by the number of tabs.) - May 06, 2010

Q

I have a feature request for Tree Style Tab.

I'd like to use horizontal tabs when I have 5 or less tabs open and then have Firefox automatically switch to vertical tabs when I have 6 or more tabs open. These numbers could obviously be variables in the settings, and the feature could just be toggled from the settings as well.

ツリー型タブへの機能追加の要望です。

タブの数が5つかそれより少ない時はタブを横置きにして、タブの数が6個以上になったらFirefoxが自動的にタブを縦置きに切り替える、という機能が欲しいです。また、タブの位置を切り替える基準のタブの数は簡単に設定できるようになっていて欲しいです。

A

I have no plan to implement the feature to Tree Style Tab itself, however, you can do it by a tiny script using TST's APIs like:

(function() {
  var MAX_HORIZONTAL_TABS = 5;
  var onTabModified = function() {
    var newPosition;
    if (gBrowser.tabContainer.childNodes.length > MAX_HORIZONTAL_TABS)
      newPosition = 'left';
    else
      newPosition = 'top';
    if (TreeStyleTabService.currentTabbarPosition != newPosition)
      TreeStyleTabService.currentTabbarPosition = newPosition;
  };
  gBrowser.tabContainer
    .addEventListener('TabOpen', onTabModified, false);
  gBrowser.tabContainer
    .addEventListener('TabClose', onTabModified, false);
  onTabModified();
  window.addEventListener('unload', function() {
    window.removeEventListener('unload', arguments.callee, false);
    gBrowser.tabContainer
      .removeEventListener('TabOpen', onTabModified, false);
    gBrowser.tabContainer
      .removeEventListener('TabClose', onTabModified, false);
  }, false);
})();

For example, you can use this script for the userChrome.js. Steps to do it:

  1. Install userChrome.js from the official website.
  2. After installation, copy the codes above and paste to the file "userChrome.js" in your profile folder. (ex. C:\Users\username\AppData\Roaming\Mozila\Firefox\Profiles\***.default\chrome\userChrome.js )

そういう機能をツリー型タブ自体に付ける予定はないですが、ツリー型タブのAPIを使うと、上記のような小さいスクリプトでその機能を実現する事ができます。

例えば、このスクリプトはuserChrome.jsでそのまま利用できます。手順は以下の通りです:

  1. userChrome.jsをオフィシャルサイトからインストールする。
  2. インストールが完了したら、前述のコードをコピーして、プロファイルフォルダ内にある「userChrome.js」というファイルに貼り付ける。(例: C:\Users\username\AppData\Roaming\Mozila\Firefox\Profiles\***.default\chrome\userChrome.js )

Why I'm using eval() instead of others? - Apr 06, 2010

参考:AMOエディタ権限剥奪きますた

Hello,

Surely I wrongly believed that the policy is flexible for cases, because Tree Style Tab was in the "recommended" list actually. When the policy was changed (to be applied completely for any addons), it had to be removed from the list quickly. This is not a cynicism, I'm really worrying that double standard will make developers confused.

In fact I had not reviewed addons as an editor yet, so this is nonsensically thing, but if I still can talk about this, I didn't mean to accept any addons include eval()s without reviewing. When there are alternative safer way, I thought that recommend him to rewrite his codes. I just told about cases which are not alternated by other ways.

Anyway, I agree to the decision that you've removed me from the group. I had no actual achievement as an editor (there is zero review! I'm very sorry.), instead, I'm all mouth. That's that. I'll still use AMO as an addon author, to put old XPI files, and I possibly move existing versions in the AMO to the beta channel. I think that AMO is really really great work. Editors also.

regards,

P.S.

Can I explain again the reason why I'm using eval() to override existing functions instead of other ways? Of course I use custom DOM events or other safe way when they are available. Following topic is about cases which don't fire custom events. In other words, I explain why I don't like replacing of existing functions by "originalFunction.apply(this, arguments)".

In old days I developed an all-in-one style addon named "Tabbrowser Extensions (TBE)" for Firefox 1.5 and older versions. It was one of major addons about tabbed browsing enhancements, until Tab Mix Plus appeared. In the addon, I aggressively replaced many internal functions of Firefox itself, like:

var origFunc = gBrowser.moveTabTo;
gBrowser.moveTabTo = function() {
  var result = origFunc.apply(this, arguments);
  // some post-process for the moved tab
  return result;
};

Yes, it is one of ways recommended in the entry http://adblockplus.org/blog/five-wrong-reasons-to-use-eval-in-an-extension for injecting some operations before/after the original function.

However, then I frequently suffered from compatibility problems with other addons around tabs, because they used eval() to inject their tiny codes to existing (Fireflx's original) functions, like:

eval("gBrowser.moveTabTo = "+gBrowser.moveTabTo.replace(
  "tab = ",
  "doSomething(); $&"
));

As you know, replacing of functions break addons which inject codes by eval() like above. So I had to choose how to solve this problem, from two ways: 1) import and merge the function of the addon conflict with TBE, 2) use eval() instead of replacing of functions. There was no other choice. To make another addon compatible to mine, it had to be re-written without eval(), but it can't be done in some cases, because the feature surely required injected codes to existing functions. I couldn't make mine compatible to the addon without eval(). I disliked eval(), then I chose "1". In the result, TBE became very very fat addon and I couldn't continue to develop it by me alone anymore. I abandoned it.

I can't force users to forbid using addons which depend on eval(). On the other side, I cannot merge too many features to my own addon because fat and huge project will annoy me. From both reasons "make my addon compatible with the addon" and "keep my addon simple (without extra features)", now I'm using eval()s to inject just minimal codes.

Safety margin about compatibility to other tab-related addons is one of core values of Tree Style Tab and other my addons developed after TBE. When I get reports of compatibility problems with other addons, I try to make mine compatible to others if at all possible (and, of course, for compatibility some my addons provide APIs for others.) If there were only "clean" ways (DOM events, Object.prototype.watch(), etc.) TST were far from satisfactory for tab addicts. Because I'm also using many other tab-related addons (not developed by me), if it doesn't work others, I also won't use TST. Just for making my addons compatible to existing and future addons, I chose eval().

If there were many other custom events for bookmark commands, new tab commands, etc., I won't use eval()s. XBL, CSS hacks also. However, margins for extending UIs (unused boxes etc.) are getting removed from Firefox, because "they eat the RAM, they make the startup process slowly". Only to adding extra elements to tabs, I had to use custom XBL at risk of compatibility problems with third party's themes.

Firefox is getting hard to be extended for me (and my addons). My addon was listed to "recommended", and people say "update it for latest Firefox". There is no way to provide features of my addon without dangerous way. That is my situation.

今evalを理由に審査を蹴られるのであっても、その代替となるより安全な手段が提供されるのであれば、迷わずそっちに乗り換えたいとは思ってる。問題は、独自のXBLを提供するなどの「危ない」事をしなければやりたい事を実現できないような、拡張機能から触れる伸び代の部分がどんどんなくなってるという事だ。それどころか、起動速度が落ちるからという理由でFUELがばっさり切られたように、今ある必要な物すらどんどん切られていっている。W3Cですら、テーブルレイアウトを必要とする人達のニーズにある程度答えられるような、position: absoluteのような仕組みを仕様に取り入れていたというのに。そういう現実を抜きにして、この話は語れないと思う。

あと先方から補足があったけど、曰く、AMO Editorsグループから外した直接の理由は確かに「ポリシーに同意していないから」だけれども、活動してないエディタを外す事自体はよくあることだそうで、ポリシー云々のことが無くてもレビュー実績0の自分はいずれ外されてただろうとのことです。

Why I don't roll Tree Style Tab back to the version which have the option "hide new tab button"? - Mar 31, 2010

I got some requests to add an option "hide new tab button" again.

Excuse me, but I say "no". There are two reasons.

First, by adding too many options, users consider Tree Style Tab as an all-in-one/versatile addon, and novice users who don't understand what is the purpose of TST will also install it. I don't hope that future. Actually, I received some requests like "please add an option to disable tree features, I want only a vertical tab bar." -- I just ignored it.

Yes, currently TST has some features not related to tree, but they are anguished decisions. When I find out other addons which provide those futures, I'll readily remove them from TST itself, and make TST work with those addons together. (Actually I removed "open selected links in tabs" and some features.) I hope that only users who want to use "tree of tabs" install TST.

By the way, in old days I developed an all-in-one style addon "Tabbrowser Extensions" which was well-known before the Tab Mix Plus became major. It had very various options about tabs, it had huge codes, I received too many requests, and I gave up to continue to develop it. I don't want to repeat stupid thing like that.

Second, hiding the "new tab" button is a choice of an user who use another addon to do it. TST is designed to work with visible"new tab" button, and not designed to work without the button. If you decide to hide the button at your own risk, you also have to care the result, especially when you hide the button by customizing of userChrome.css.

Nonetheless, If you hide the button by an option of an existing addon, then I should add some hack to TST for compatibility with the addon, because I said "and make TST work with those addons together." Which addon do you use, Tab Mix Plus? TMP Lite CE? Tab Utilities? If you tell me which is installed, then I can write hack for the addon promptly.

regards,

ツリー型タブにツリーと関係ない機能を加えてくれという要求は尽きない。何度でも言うけど、ツリー型タブを多機能アドオンにするつもりは全く無いし、現状でツリーと関係ない機能が含まれているのは実装上の都合とかそういう理由による苦渋の選択だし、そういう機能を取り除けるものならどんどん取り除いていくつもりだし実際そうしてきたし、とにかくそこを譲るつもりは全くこれっぽっちもありません。特に、アドオンを自分で作ってないエンドユーザの立場から物を言っている人に対しては。自分で作ってる人にはもちろんこう返しますよ、「じゃあそのためのアドオンをあなたが作って下さい。なるべく連携できるようにこっちも頑張るから。」と。

Minefield 3.7a4preのタブバーの仕様変更に対してツリー型タブで取った対応方法 - Mar 29, 2010

タブバーがtabbrowser要素の中から取り出されて1つのツールバーになったということで、タブ関係の挙動を変える系のアドオンが死屍累々なんじゃないかと不謹慎にもwktkしてるわけですけれども。特に影響が大きくて話としても「あーそりゃそうなるわな」ってのが分かりやすいのは、やはりタブバーの表示位置の変更機能ですよね。

今まで

今までは、Firefoxのメインウィンドウの中身は簡単に言えばこんな要素構造になってた。

<toolbox>
  <toolbar/>
</toolbox>
<tabbrowser>
  <tabbox orient="vertical">
    <tabs orient="horizontal">
      <tab/>
      <tab/>
    </tabs>
    <tabpanels>
      <browser/>
      <browser/>
    </tabpanels>
  </tabbox>
</tabbrowser>

XULのレイアウトは主にMozillaの関係者からCSS3に提案中のflexible box layoutに基づいてるんだけど、

  • -moz-box-orient: horizontal(XUL要素の属性指定だとorient="horizontal")だとボックスの中身が横に並ぶ。
  • -moz-box-orient: vertical(XUL要素の属性指定だとorient="vertical")だとボックスの中身が縦に並ぶ。
  • -moz-box-ordinal-groupの値(XUL要素の属性指定だとordinalの値)の順にボックスが並べ替えられて表示される。

これだけの事を組み合わせれば、タブバーの位置を上下左右好きな位置に移動できた。

  • 初期状態では、tabboxのorientがverticalで、tabsにもtabpanelsにもordinalは指定されていないので、タブバーは上に来る。
  • tabboxのorientをhorizontalにしてtabsのorientをverticalにすれば、タブバーが左に来る。
  • tabsのordinalを2、tabpanelsのordinalを1にすれば、タブバーが下に来る。
  • 両方を同時に指定すれば、タブバーが右に来る。

という具合。

これから

ところが、bug 347930のパッチで要素構造が以下のようにガラッと変わった。

<toolbox>
  <toolbar/>
  <toolbar id="TabsToolbar">
    <tabs orient="horizontal">
      <tab/>
      <tab/>
    </tabs>
  </toolbar>
</toolbox>
<tabbrowser>
  <tabbox orient="vertical">
    <tabpanels>
      <browser/>
      <browser/>
    </tabpanels>
  </tabbox>
</tabbrowser>

こうなると、単純にボックスの並び順やら並べる方向やらを変えただけではタブバーの位置を動かせない。

  • toolboxの中にtabsがあるので、ordinalではtabbrowserより下にtabsを持って来れない。無理に持ってこようとするとtoolbox全体がtabbrowserの下に来てしまう。
  • toolboxの中にtabsがあるので、orientではtabbrowserの横にtabsを持って来れない。無理に持ってこようとするとtoolbox全体がtabbrowserの左に来てしまう。

ドン詰まりですね。

他のタブ関係のアドオンが採用した方法

alice0775さんの調べによると、タブバーの位置を変える機能を持ってる他のアドオンでは、tabsを一旦DOMツリーから取り外して別の位置に挿入し直すという方法で、タブバーの表示位置変更を実現しているらしい。

しかしこのやり方だと、tabsがDOMツリーから取り外されるより前に他のアドオンが行った初期化処理の効果がリセットされてしまう場合がある。リンク先のエントリでいくつか挙げられてる懸念がそれ。

本当だったらFirefox本体の方でなんとか面倒を見て欲しい(タブバーの位置変更を行う機能を持たせて、位置が変わる前と後でイベントを発行するようにするとか)所なんだけど、責任者の人達をIRCで英語で説得する自信は全く無いチキンでTOEICスコアめためたで英語音痴な僕は、アドオン側でなんとかする方法を考えないといけない。しかし、最も単純なやり方(DOMツリーの改変)だと他のアドオンとの競合という点で弊害が大きすぎる。

そういうわけで、ちょっと考えてみました。DOMツリーをいじらずにタブバーの位置を変える方法を。

ツリー型タブが採用した方法

ヒントになったのは、XUL/Migemoの「タブバーの下に検索バーを移動する」機能や、Unified Sidebarの「サイドバーを縦型タブバーの下半分に表示する」機能の実装方法。

これらのアドオンでは「検索バーやサイドバーを表示したい位置にmarginやpaddingでスペースを設けて、検索バーやサイドバーをCSS2のポジショニングでその位置に重ねる」という方法で、DOMツリーを改変することなく要素の表示位置だけを変更している。また、ウィンドウの大きさなどが変わった時には、resizeイベントを捕捉して表示位置や要素の表示サイズを自動調整するようにしている。

ツリー型タブのMinefield 3.7a4pre対応でも、基本的にはそれと同じ方法を使う事にした。ただ、タブバーの幅をリサイズできるようにするsplitterを、ポジショニングで表示位置を変えられた状態向けにゼロから作りなおすのは面倒だったので、tabboxの中にダミーのhbox要素を挿入して、splitterは普通にXULのsplitterを使い続ける事にした。

<toolbox>
  <toolbar/>
  <toolbar id="TabsToolbar">
    <tabs orient="horizontal">
      <tab/>
      <tab/>
    </tabs>
  </toolbar>
</toolbox>
<tabbrowser>
  <tabbox orient="vertical">
    <hbox/>
    <splitter/>
    <tabpanels>
      <browser/>
      <browser/>
    </tabpanels>
  </tabbox>
</tabbrowser>

このようにした上で、

  • hboxを含むtabboxの内容を、Firefox 3.6までの手法でレイアウトして、tabsの表示用のスペースを確保する。
  • hboxの上に同じ大きさでtabsを重ねる。
  • splitterによってhboxがリサイズされた時は、tabsの位置や大きさを自動的に更新する。

とする事で、ぱっと見は今までと同じような挙動を実現しつつ、タブ周りのDOMツリーは一切破壊しないという実装になった。

どっちのやり方の方がいいのか

ツリー型タブのやり方とTab Mix Plus等のやり方のどっちがいいかは、一概には言えない。どちらにもメリットとデメリットがある。

ただ僕は、ツリー型タブで採用したやり方の方が「他のアドオンが全く動かなくなってしまうような衝突の仕方はしなくて、仮に衝突しても最小限の労力でなんとか回避できる可能性が高い」と信じている。

現在Firefox本体の側には、3.6以前のバージョンのFirefox向けに書かれたアドオンについて、Minefield 3.7a4pre以降でもそのまま動くようにするためのパッチも取り込まれている。ちょっとアドオンの作り方に気をつけさえすれば、タブをダブルクリックした時の挙動を変えるとか、リンクから開いたタブの位置を制御するとかいった単機能のアドオンは、ほとんど何も手を加えずにMinefield 3.7a4pre以降に対応できるようになってる。

しかしながら、Tab Mix Plusが現在採用している(らしい)DOMノードを切り貼りするやり方では、「ほっといても他のアドオンがちゃんと動いてくれる」ようにはなりにくい。「DOMノードの切り貼りでタブバーの位置が変更された事」を検知して何らかの特別な初期化処理を行うようなコード、を他のアドオンの側に加えてもらわないと互換性を保てない。僕は、僕のアドオンと競合しないで使えるようにするために、他のアドオンの作者がわざわざ気を使ってくれるとは思えない。僕が作ってる物が、そこまで他のアドオン作者から特別視してもらえる存在だとは、思えない。

なので、僕がアドオンを作る時はなるべく、他のアドオンの側に変更が必要になるような作りにはしないでおこうと思ってる。どうしてもそうなる時は、APIを提供してAPI経由でスッキリと連携できるようにしようと思ってる。そういう謙虚というか悲観的な姿勢が、「ユーザがどんなアドオンと組み合わせて使うかは全く分からない」アドオンを作る上では必要なんじゃないかと思ってる。

nsIVariantを使ってるアドオンが終了していた、と思ったら僕の知識の方が終了していた件 - Mar 23, 2010

SCRAPBLOG : JavaScript 製 XPCOM で配列構造・列挙構造のデータをメソッドの戻り値にする

独自に開発したXPCOMコンポーネントに対して配列を渡したり、あるいは戻り値を配列で受け取ったり、ということをやる方法はいくつかある。上記エントリではコメント欄も含めると4つの方法が紹介されていて、そのうちコメント欄にある2つはJavaScriptの配列をそのまま受け渡せるという点で有用だ。特にnsIVariantインターフェースを使うやり方は、戻り値に使う時に余計な引数を定義しなくていいので、実際にそのXPCOMコンポーネントをJavaScriptから使う時にとても使い勝手がいい。

ということでXUL/Migemoでは積極的にnsIVariantを使ってたんだけど、これがMinefield(検証したバージョンは3.7a4pre)で動かなくなってた。

結論から言うと、これはnsIVariantインターフェースのIIDが6c9eb060-8c6a-11d5-90f3-0010a4e73d9aから81e4c2de-acac-4ad6-901a-b5fb1b851a0dに変更されたせいで起こっている問題で、nsIDOMRangeのIIDが変更された時に起こった問題と同様の物だ。

変更が入ったのは昨年9月で、HTML5の新しい仕様に対応するための作業の一環として、何らかの必要があってインターフェースに機能を加えると同時にIIDも変わったらしい。nsIVariantはFROZENなインターフェースじゃないから、nsIDOMRangeの時のようにIIDが元に戻されることは多分あり得ない。よって、考えられる対策は以下のいずれかということになる 。

  • APIをXPCOM経由で提供する事を諦める。Firefox 2以前、Thunderbird 2以前を切り捨てて、JavaScriptコードモジュールとして書き直す。
  • Firefox 3.6以前用とFirefox 3.7以降用とでXPIDLのコンパイル後のバイナリを分けて、Firefoxのバージョン別に2つのXPIファイルを提供するようにする。

JavaScriptコードモジュールにするデメリットは、Thunderbird 2で利用できなくなってしまう点と、APIが変わってしまう点。バイナリを分けるデメリットは、リリースの時の作業がめんどくさくなる(XPIファイルが2つになるので)という点。どっちを選んでも大変なのは変わらない……

APIが変わってしまうことは避けたかったので、結局、後者の方で対処することにした。

前から使ってるXPI生成用シェルスクリプトに起動オプションでサフィックスを指定できるようにして、

こんなショボいスクリプトを作って、前出のスクリプトと一緒に

call xpidl.bat xulrunner-sdk-1.9.2
bash makexpi.sh -n xulmigemo -v 0 -s "1.9.2"

call xpidl.bat xulrunner-sdk-central
bash makexpi.sh -n xulmigemo -v 0 -s "central"

てな感じで実行するようにして(make.bat / make.sh)、MozillaのFTPサイトからXULRunner SDKのファイル一式を入手して

  • xulmigemo
    • make.bat (make.sh)
    • xpidl.bat (xpidl.sh)
    • makexpi.sh
    • install.rdfなど
  • xulrunner-sdk-1.9.2
    • bin
      • xpidl.exe (xpidl)
    • idl
  • xulrunner-sdk-central
    • bin
      • xpidl.exe (xpidl)
    • idl

という感じにファイルを配置するようにした。

XPIを作りたい時にはXULRunner SDKが必要になってしまうけど、スクリプトいっこ走らせれば xulmigemo-mozilla-1.9.2.xpi と xulmigemo-mozilla-central.xpi という風に複数のXPIを出力できるようになったので、リリースにかかる手間は少しは軽減された……のかな……

追記。Gomitaさんのコメントを見て、IDLファイルからincludeの行を消して試してみたら、それでちゃんとコンパイルできた。なんでだ……!!!

えーと。ずっと勘違いしてたんだけど、#include "nsISupports.idl" みたいな行は、interface xmIXMigemoFileAccess : nsISupports てな感じでインターフェース定義の継承元に別のインターフェースを使う場合にだけ必要で、戻り値や引数に使う分には単に interface nsIVariant; とだけ書いておけばいいみたいですね……そうすると、コンパイル時には余計なIIDが含まれなくなって、Firefox 3.6まででも3.7以降でも問題なく使えるXPTファイルが作られるみたい。

まとめ。

  • IDLファイルの書き方を間違えておらず、最小限の記述だけにしてあれば、コンパイルしたXPTファイルはFirefox 3.6まででもFirefox 3.7以降でも使える。
    • 継承元に使うインターフェースはその内容が定義されたIDLファイルをincludeした上で interface インターフェース名; と書く。
    • そうでない物(引数や戻り値でしか使わないインターフェース)は interface インターフェース名; だけ書く。
  • Minefield 3.7におけるnsIVariantのIIDの変更の影響を受けるのは、nsIVariantを継承元としてさらに拡張したインターフェースを定義する場合だけ。

そんなわけで、xmIXMigemo.idlの頭の所はずいぶんスッキリしました。

#include "nsISupports.idl"
#include "nsIObserver.idl"

interface nsIObserver;
interface nsIFile;
interface nsIVariant;
interface nsIDOMWindow;
interface nsIDOMDocument;
interface nsIDOMRange;
interface nsIDOMElement;
interface nsIDOMNode;


/* Utilities: You can use them for your language without additional implementation. */

[scriptable, uuid(4aca3120-ae38-11de-8a39-0800200c9a66)]
interface xmIXMigemoFileAccess : nsISupports
{
(以下略)

Split Browser(分割ブラウザ)をFox Splitterに改名した - Mar 19, 2010

「Split Browser」という名前で公開してたアドオンについて、「名前かぶってるから変えてんか(大意)」というメールが来た。2004年からある「SplitBrowser」という名前のWebKitベースのブラウザの作者の人だった。

こっちの奴は2007年が最初のリリースなので、どう考えてもこっちが悪いですよね……ということで名前を変える事にした。edvakfさんが呟いた「SplitFox」という名前がナイスだと思ったんだけど、検索してみたところそういうハンドルで活動してる人がいたので、これも駄目かーと思ってちょっとひねって「Fox Splitter」にした。

リポジトリ上のファイルは全部修正したけど、リリースはしてないので、今インストールすると表示は「Split Browser」のままです。名前が変わるのは次のバージョンからという事で、今はまだWebページだけの変更。

ツリー型タブのサイドバーをAll-in-One Sidebarと連携させられないの?(I want the tree of tabs to be shown in the sidebar.) - Mar 19, 2010

Q

I was wondering if there is any way to have it open inside All-in-One Sidebar. If so could you please tell me how to do it?

ツリー型タブの縦型タブバーをAll-in-One Sidebarの中で表示する方法があるなら、教えてもらえませんか?

A

Unfortunately, there is no way. Tree Style Tab's vertical tab bar is not a "sidebar panel", so, it cannot be showin in the AIOS sidebar.

There is another addon "Tab Tree" which provide a sidebar panel of tree of tabs.

It is abandoned by the author, however, it is very similar to your requirement. He published it as a public domain software, so, if you can, you'll take over the project without any warranty.

By the way, I think that Unified Sidebar possibly help you.

残念ながら、方法はありません。ツリー型タブが提供する縦長のタブバーはサイドバー用のパネルではないので、All-in-One Sidebarの中に表示する事はできません。

他のアドオンで、タブのツリーのサイドバーパネルを提供する「Tab Tree」という物があります。

作者はこのアドオンをもう更新しないという事を公言していますが、これはあなたの求めているものによく似ています。彼はこのアドオンを、著作権を主張しないパブリックドメインソフトウェアとしているようなので、もしやる気があるなら、あなたはこのアドオンの開発を(許可を求めずとも)引き継ぐ事ができます。

あと、ひょっとしたらUnified Sidebarもあなたの役に立つかもしれません。

Page 12/239: « 8 9 10 11 12 13 14 15 16 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード