Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 4/243: « 1 2 3 4 5 6 7 8 »

Firefox for Androidに仮想的なスクロールバーを導入するScrollbar Like Scrollerを更新した - Nov 13, 2013

Scrollbar Like Scrollerを更新した。

1.0/1.1での大きな変更点として、仮想的な「つまみ」を導入して、それ以外の場所では反応しないようにした。使い勝手が悪くなったと見る向きもあるかもしれないけど、前の挙動に戻すつもりはないです。

というのも、僕が自分で実際に使ってた感想として、何も無いところでスワイプやパンスクロールしようとして急に画面が飛んでしてしまう(スクロールバー風操作の開始と判断して、指があった位置から計算したスクロール位置まで強制的にスクロールしてしまう)という誤爆が何度かあってイラッときてしまったのです。

スクロール位置を示すインジケーター自体はFirefoxも提供してるんだけど、これは注意深く見ないと気がつかないようなさりげなさで表示されているので、UIとしてこれを目印にするのは辛い。と思ったというのもあって、ぶっとい「つまみ」に相当する物を自前で表示するようにした。これをなるべく正確な位置に表示したくてああだこうだと座標をいじくり回した結果、指のある位置からのスクロール位置の算出が前よりグッと正確になったので、そういう意味でも成果はあったと思う。

もう1つの変更として、画面の上端や左端もスクロールバーとして動作するようにした。右手でスマホを持って親指でスクロールしてる時は右にスクロールバーが出てていいんだけど、左手で持って親指でスクロールしてると、右端に出るつまみまで指が届かなかったので。最後にパンスクロールした時のタッチ位置が画面の1/3より左だったら左につまみが出るようになってるけど、つまみが出てない時でも、つまみがあるであろう位置を指で操作すればスクロール操作は開始できます。

Firefox for Android用のアドオンを作った - Nov 08, 2013

Nexus 7を買って以降、Firefox for Androidをエンドユーザとして使うようになってそれなりに経つんだけど、布団の中でWebブラウズする時間がだんだん長くなってきて(病気で……とかじゃなくて、単にPCの前に座って作業するのが億劫になってきたという事です)、触る時間・頻度が増えてくると、色々細かい所で「イラッ」と来るようになってきた。

アドオンを作れば解決できるんだろうなあと思ってはいたんだけど、既に何十とリポジトリを作っていてメンテナンスしきれてない僕がまた新しく抱え込むのは世界に不幸を増やす事になるのではないか……と思って、「他の誰かがやってくれないかなあ」と淡い期待を抱きながら待ってたんだけど、僕の不満が解消されるような物が出てくる気配が一向になかったので、カッとなった勢いで2つほど作ってAMOに登録してみた。ああ、またつまらぬ物を作ってしまった……

Scrollbar Like Scroller(スクロールバー風スクロール)は、いくつかのAndroidアプリ(具体的にはJota Text Editorとか)で実装されていた「基本的にはパンスクロールだけど、必要に応じてスクロールバーも使える」的な挙動を実現する物。はい、どこからどう見てもパクリです。

ビューポートの大きさの解像度とタッチイベントの座標の解像度が違うという点でドツボに填って難儀したけど、タッチイベントの座標を現在のズーム率とかけ算した値がどうやらビューポートのサイズと同じ解像度になるようだったので、どうにかそれらしい動きを実現できた。

縦にクソ長い2chまとめだとかTogetterまとめだとかを見た後で最初の方までスクロールするのにパンスクロールのためのスワイプ操作で画面をひたすらこするのにウンザリしていて、このままじゃ画面か指が削れて無くなっちまうよ!!!という悩みはこれで解消されると思う。

Open Local File(ローカルファイルを開く)は、名前の通りで、なぜかAndroid版Firefoxに標準で付いてない「ローカルファイルを選択して開く」機能を加えるだけの物。一旦ダウンロードして保存したXPIファイルをファイルブラウザからFirefoxを指定して開こうと思ったら、関連付けでJota Text Editor固定になってしまっててどう頑張っても開けず、関連付けを設定し直すのもイヤだったので、作った。

nsIFilePickerでやってるんだけど、modeGetFolderが未実装だったり最後に開いたディレクトリを記録・反映できなかったりと、PC版と同じように作るのはやはり難しいのだなあ。という事を改めて思い知らされた感じです。

あと選択範囲のリンクをまとめて保存する機能なんかも欲しかったんだけどゼロから作るのはさすがに辛かったので、これはSave Link Menusを改造して作った。

デスクトップ版FirefoxとAndroid版FirefoxではAPIが違う部分が多いので(低レベルのAPIは共通でもUIに近い部分は全然違う)、まだまだおぼつかない感じだし、ちょっと凝ったことをやろうとするとドキュメントが無いというかつてのMozilla Application Suite時代のアドオン開発を想起させられる手探りっぷりだけど、必要になったらさっと作れるくらいにはなれるといいなあ。

Why I don't provide "disabe animation of tab dragging operations" feature for Tree Style Tab? - Nov 06, 2013

This is the English translation of my another entry.

I decided to reject a pull request for TST, adding new secret preference to disable animation effects around drag and drop of tabs, because it contradicts the principle of the TST project. This entry describes why I rejected the pull request.

Why I introduced such an animation effect?

Because it is introduced by Firefox itself. After the animation effect is activated on Firefox, I updated TST to follow it. However, it was unwelcome update for some people and I got many requests like "it is hard to operate tabs with drag-and-drop", "I want an option to disable animation effects during tabs are dragged." Actually, I can see two issues on the issue tracker:

The patch of the pull request adds a secret preference to do it. It is enough small and clear. If I added the option, I wrote just same patch.

But I disagree to merge the pull request, because I think that the approach of the patch is similar to a story: "Firefox's Gecko engine is too buggy and less compatibility to WebKit, so why don't you delete all codes of Gecko and introduce WebKit with Firefox-like UI?" In other words, it is very easy to add new option which is requested by people, however, I'm extremely reluctant to do it beacuse it is opposed to my polify on Tree Style Tab project.

Basic premises and my policies.

Basically, this project depends on Mozilla Firefox project --which is very large and uncontrollable by me-- and it is unavoidable to be tossed up and down by the storm of changes in Firefox. Actually, on my another project, I had to rewrite the addon for new versions of Firefox again and again. I learned through the bitter experience that I should have some strict policies on my addon projects:

  • Don't re-implement a feature included in Firefox itself. For example, Tab Mix Plus has its own session management mechanism, because TMP project is started before the session management feature is introduced by Firefox itself. If the TMP project was started after that, they project team didn't implement such a custom session manager. There is no merit to implement a custom feature which conflicts to Firefox's.

    To reduce maintenance cost, and to keep better compatibility with other addons which are developed based on Firefox's APIs, I think I should update and re-construct my addons for new APIs introduced by Firefox. It is better than I struggle to keep old custom implementations against Firefox's changes.

    • However, sometimes I decide to keep my custom implementations, when it is hard to rewrite codes for Firefox's new API for me.

      For example, TST uses a library "JSDeferred" to process asynchronous operations easily. On the other side, lately Firefox uses Promise and Task for the same purpose. I know I should rewrite TST based on them instead of JSDeferred, but I still don't do it because: 1) TST is strongly designed based on JSDeferred. 2) Promise/Task are not available on the current ESR (Firefox 17). (In other words, I'll merge pull requests to do such a reconstruction, if there is no disadvantage about compatibility with other addons.)

    • When the API of Firefox's library is too untrustworthy for me, I decide to use my custom library based on very low stable APIs.

      For example, Firefox has a system named "preference" which can save/restore users' configurations. Because it is not developer-friendly (ex. there are three deferent types --boolean, integer, and string--, and hard to observe changed configurations dynamically), Firefox provides some libraries like FUEL. But, such libraries are untrustworthy and risky for me because Firefox team sometimes changes those APIs despite they promised those APIs are developer-friendly --obviously they should be stable and safe--. I don't want to spend time to update my codes for such unstable APIs, so I actually use my custom library modules/lib/prefs.js which is based only on very stable low APIs. It is one of reasons why I don't update my codes for Promise/Task yet.

      Anyway, I think that FUEL APIs are untrustworthy because Firefox team created FUEL just for third party add-on developers, not themselves. Because Promise/Task are used everywhere in Firefox, Firefox team will keep them stable for themselves.

  • Don't depend on deprecated features. For example, "E4X" became obsolete on lately Firefox. TST used E4X in some cases, so I had to decide that I keep E4X for TST or I give up. Some projects (not mine) decided to re-implement E4X by themselves, but I decided to give up and rewrite codes without E4X.
  • Don't include features not related to the main concept. The basic concept is: what I want to use, one feature per one addon, and, as minimum as possible.

    In my old blog entry (note: written in Japanese), I told that: features which I never use or unrelated to the main concept may satisfy users in the short term, but it will shorten life of the project in the long term. Basically I develop and publish my addons on GitHub because I need it and I want to keep it available for me. So I don't want to introduce changes which can disrupt the concept.

  • Provide higihly compatible, natural look-and-feel for Firefox's built-in features and other addons. For example, Firefox has a feature "auto hide toolbox" for the fullscreen mode started by F11 key. And, TST also provides "auto hide tab bar" feature. Yes, it is not related to "tree" feature. But if TST doesn't have the feature, you'll see unexpected vertical tab bar in the fullscreen mode. You press F11, you expect that the web page becomes fullscreened, then the vertical tab bar should not appear on the scene.

    This is the main reason why I took much time to update TST to support drag-and-drop animation effects. Before the animation effect is introduced to Firefox, I respected behaviors of drag-and-drop around layers and objects on Adobe Illustrator. This behavior is still available when you drag a link to the tab bar.

Reasons why the pull request is unacceptable for me.

Based on the above policies, I disagree to merge this pull request to TST's master, because:

  • Firefox has no option to disable animation effect of dragging tabs.
    • There are different and large codes for both cases: with and without animation.
    • However, animation-less operations in rare cases seem to be inhospitable (for me), contrastively basic operations with animation are developed actively.
    • So I forecast that codes for animation-less operations can be removed from future versions of Firefox. It is risky that I develop TST strongly based on such a disappearing implementation.
  • Because there is no option to enable/disable animation effects, I think that Firefox team basically designs Firefox to do drag-and-drop operations with animations. Then, I should keep TST along the design of Firefox itself.

    • I believe that animation effects in GUI often provide better user experiences. I'm affirmative about such a policy of Firefox project.
    • Actually disabling animation effects by userChrome.css or other ways sometimes break Firefox itself. For example, the internal operation to finalize closed tabs uses "TransitionEnd" DOM event to trigger itself, but it didn't workcorrectly because the event was never fired if the animation efect was disabled by userChrome.css. (I don't kwnow the bug is already fixed or not.)

      I don't think my addon should be specially hospitable for people who live without animation effects, because Firefox itself disfavors them.

  • I disagree to add new option to disable animation effects, for a request like "it is hard to operate tabs with animation effects." Instead, I think I should improve usability of tab operations with animation effects, to reduce frustrations around such operations.
    • If you don't have to operate tabs manually, you won't suffer from animations. If you have to operate tree of tabs manually to put them as you want, then TST should build tree of tabs automatically more intelligently to set you free from stressful manual operations.
    • If it is hard for you to drop the tab to the favorite position with animation effects, then TST should make it easy, instead of disabling animation effects.
  • Currently I have no plan to use Firefox without animation effects. I don't want to maintain codes for a feature I never use.
  • Of course, disabling animation effects is useful for some people who suffer from visual transitions, about accessibility. However, remember, Firefox itself is not providing ability to disable animations, for such people. And, this addon is "Tree Style Tab." I think TST should not include custom accessibility features which is missing on Firefox itself --it should be done by Firefox project--.
    • If you seriously suffer from the problem, you should file a bug for the issue, induce developers to implement ability to disable animation effects. Or, you should create a new addon which is based on a simple concept: disabling animation effects. (Note, I never develop such an addon because I never use it!) The user script zzzz-removeTabMoveAnimation.uc.js for userChrome.js seems to be written for the purpose.

The conclusion: fork this project freely.

This is just my personal, current opinion. Of course I don't think this is the final truth of the topic. If you have information which can solve my worrying, or if you explain compelling reasons that I should do it, then I possibly merge such a change.

Otherwise, I'm sorry but I never merge such pull requests to my master repository. Then please fork this project, extend, maintain, and release it for people who have same distress - it is my stance on this project. To keep my codes forkable -- this is one of reasons why I distribute all codes of TST under OSS licenses.

ツリー型タブにおける、タブのドラッグ時のアニメーション効果についてのポリシー - Sep 13, 2013

English version of this entry is available.

ツリー型タブに頂いたプルリクエストについて、ポリシー上の理由から取り込めないなあと思ったのだけれども、これまで、参照しやすい形でまとまった文章としてポリシーを表明していなかった気がするで、何故この変更を取り込まないか(タブをドラッグ&ドロップするときのアニメーション効果をOFFにできるようにしないのか)の判断理由を頑張って文章にしてみました。アーカイブとして、少し手直し&追記してこちらにも転記しておきます。

Firefox本体の挙動としてタブのドラッグ&ドロップ操作にアニメーション効果が適用されるようになって以後、ツリー型タブにも、その挙動に合わせるための変更を随時行ってきました。

しかしながら、この変更は万人にとって望ましい結果をもたらしたとは言えず、「タブをドラッグ&ドロップで操作しにくい」「タブのドラッグ&ドロップ操作時のアニメーション効果を無効にできるようにして欲しい」といった意見・要望が何度か寄せられています。今すぐにパッと挙げられるだけでも、Issue Tracker上には以下の2つのIssueがありました。

メールを通じて寄せられた意見も合わせると、無視できない数の人がこの件に関心を持っているようだ、という印象を僕は持っています。

冒頭に挙げたプルリクエストは、ドラッグ&ドロップ時のアニメーションを無効化する設定をツリー型タブに加える、という物でした。変更箇所は最小限で、内容もおかしなことをしている部分はなく、コードとしてはそのまま取り込んで全く違和感のないパッチです。

ですが、自分の認識としては、このパッチで示されている方向での対応というのは言わば、「FirefoxのGeckoエンジンはバグだらけだしWebkitと互換性が低いから、Geckoを全部消して、WebkitにFirefox風のUIを付けた物を次のバージョンのFirefoxにしますよ」というような物なのではないか、と考えています。……という例えは極端なのでもう少し普通の言葉で言い直すと、「確かに皆が望む通りに対処することは簡単なのだけれども、プロジェクトの運営ポリシー的に、この点で皆が望む通りの対処の仕方をする事には非常に慎重である」ということになります。

大前提として、このプロジェクト(ツリー型タブというアドオンの開発プロジェクト)は、Mozilla Firefoxという自分には制御のできない別のプロジェクトに依存している・振り回される事を避けられないプロジェクトである、という事をまず押さえておく必要があります。

ツリー型タブ以外も含めた自作のFirefoxアドオン全体で、Firefoxの仕様変更に追従するために大きな変更が必要だったことが過去に何度かあり、その時の苦い経験から、現在のところ、自分はこれらのアドオン開発のプロジェクトにおいて以下のような方針を立てるようにしています。

  • Firefox本体で実装している物と同じ目的の物は、できる限り、アドオン側で独自に実装し直さない。
    例えばTab Mix Plusはタブのセッション管理機能について、Firefox本体にそのような機能が入る前から開発されてきたという経緯から、Firefox本体のセッション管理機能とは全く別のセッション管理機能を持っています。が、今新たにTab Mix Plusを開発するとしたら、独自の仕組みを持つメリットは全くありません。 メンテナンスコストの削減と、「Firefox本体の機能と親和性が高くなるように開発されている」他のアドオンと併用したときの相互運用性を高く保つという、2つの観点から、独自の仕組みをメンテナンスし続けるよりは、Firefox本体で実装された仕組みにうまく載っかるように改修する道を選ぶべきであると、自分は考えています。
    • ただ、アドオン内の各部分が独自の仕組みに強く依存した設計になっており、Firefox本体で採用された新しい仕組みに基づく形に改修するのが非常に難しい(工数が大きい)場合には、独自の仕組みを保ち続ける選択を取る場合があります。
      例えば、TSTでは非同期な処理と非同期な処理の連携をうまく取るために、JSDeferredというライブラリを使用しています。一方で、最近のFirefoxではPromiseTaskといった仕組みが導入されており、本来であれば、JSDeferredではなくこれらに基づく形で全体を作りなおすべきところです。が、ESR版Firefoxではまだこれらが使えないという事情もあって、移行はできていません。
      (逆に言うと、そのような手のかかる変更に現在のところ自分は着手できていないが、問題視はしているということで、この点を解消するプルリクエストであれば、他のアドオンとの互換性などいくつかの懸念が払拭できていれば、是非とも取り込んでいきたいと思っていると言えます。)
    • Firefox本体で提供されているライブラリのAPIの安定性がいまいち信頼できないという場合、そのより低位の、より変更が少ないと予想されるAPIに基づいて、自分でライブラリを作成して使用しているという場合もあります。
      例えば、Firefoxではユーザ設定を保存する機能としてpreferenceという仕組みがありますが、真偽値・整数値・文字列値という型の違いがあったり、設定の変更を監視するのが面倒だったりということで、より簡単に使えるようにするためのライブラリをFirefox自身がいくつか提供しています。FUELもそのひとつです。しかしながら、それらの「シンタックスシュガー」的な用途で作られたライブラリは、ライブラリ自体のAPIが彼らの都合でコロコロ変えられてしまうリスクが結構あり、それで泣かされるのは非常にアホらしいという認識が自分にはあります。なので、僕は自作のアドオン群では、preferenceを扱う最も低いレイヤのAPIであるnsIPrefBranchを直に操作するライブラリ(modules/lib/prefs.js)を自分で作って使っています。
      PromiseやTaskへの移行に踏み切れていない理由の1つとしては、このような懸念もあります。が、FUELのようなライブラリがFirefox内部でほとんど使われていないために捨てられてしまうリスクがある(彼らは、自分が使う物は大事にメンテナンスしますが、「アドオン作者が使うように」といった感じでお仕着せの便利ライブラリとして用意した物については、彼ら自身が使っていないので冷遇しがちという印象が僕にはあります。)のに比べると、PromiseやTaskはFirefoxの中の深い部分で既に多用され始めているので、今更捨てられてしまうリスクはそれほどには高くないかな……という目算もあります。
  • Firefox本体で廃止が決まっている機能、廃止される見込みがある機能には、なるべく依存しない。
    例えば、記憶に新しいところではE4Xの廃止というトピックがありました。文字列のヒアドキュメント代わりにE4Xを使用している箇所が、E4Xの廃止で動かなくなるという事に対して、E4Xを諦めるか、E4Xを使い続けるのか、という2つの道があり得ました。プロジェクトによっては、E4Xを自前で実装し直すことでそれ以外の箇所の変更を最小限に留めるという道を選んだところもあったようですが、自分は、E4Xを捨てる道を選びました。このあたりの判断については過去に会社のブログで詳しく書いていますので、そちらも見てもらえると幸いです。
  • プロジェクトのコンセプトから外れる事は、なるべくしない。
    コンセプトは「自分が使いたいものを、1機能につき1アドオンとして、最小の形で開発する」ということ。
    過去のエントリで詳しく書いていますが、自分が使わない機能や、コンセプトから外れる機能を盛り込むことは、短期的にはユーザの満足度を高める結果に繋がる可能性がありますが、長期的には、プロジェクトの寿命を縮めるリスクを増やす事だと自分は考えています。GitHub上に置いてある僕のアドオンは、基本的にはどれも「自分が使いたいから・使い続けたいから」開発をしているので、自分が使い続けにくくなる可能性が高まる変更は、なるべく取り込みたくないと考えています。
  • 細かい挙動はFirefox本体の本来の挙動に可能な限り合わせる。違和感が無いように作り込む。
    例えばFirefox本体の機能として、F11キーでフルスクリーン表示に切り替えた時に、ツールバーが画面の外に隠れるというものがあります。ツリー型タブには「タブバーを自動的に隠す」機能がありますが、単機能だシンプル化だと言っておきながら一見するとツリーとは関係ないこのような機能を未だに含め続けているのには、このF11でのフルスクリーン表示時の挙動をFirefox本体の挙動に自然にマッチするようにしたいからというのが大きな動機としてあります。
    タブのドラッグ&ドロップ操作のアニメーションに、ツリー型タブでそれなりの労力を割いて対応している最大の理由も、これです。(Firefoxにタブのドラッグ&ドロップのアニメーションが実装されるまでは、UIが似ているAdobe Illustratorのオブジェクトとレイヤーの操作性を参考に作り込んでいました。これは今でも、タブ以外のオブジェクトをタブバー上にドラッグした時に見ることができます。)

以上を踏まえてこのプルリクエストで触れている問題を考えると、自分は以下の理由から、この変更を行わない方が良いという考えを持っています。

  • Firefox本体に、タブのドラッグ&ドロップ時のアニメーションをOFFにする機能が無い。
    • アニメーションするかしないかでFirefox内でのコードパスが大きく異なり、どちらもそれなりに大きな規模である。
    • が、アニメーションのための開発が活発に行われていたのに対して、アニメーション無しのドラッグ&ドロップについては冷遇されている(気が、自分はする)。
    • ということは、今後、アニメーション無しのドラッグ&ドロップは実装が削除される可能性もある(と、自分は見ている)。 削除される可能性がそれなりにある実装に強く依存してしまうのは、リスクが高い。
  • ON/OFFの設定がないという事は、Firefox的には、タブのドラッグ&ドロップは基本的にアニメーションするものであるというスタンスだと考えられる。であれば、Firefoxに依存するプロジェクトは、Firefoxの方針に従っておくのが得策であろう。
    • アニメーション効果を適用することは、見た目のキレイさだけでなく、使い勝手の向上にも関係するので、自分はそのようなスタンスを取ることには肯定的である。
    • アニメーション効果をユーザが無理矢理無効化すると、正しく動かなくなる、という部分がFirefoxの中にすらある。
      具体的には、タブを閉じる処理は内部でのデストラクタを走らせるトリガーとして「アニメーションが完了した」というイベントを使っており、アニメーションが無効化されているとデストラクタが走らないのでタブがきちんと閉じられないという問題があった(今その問題がどうなっているかは把握していない)。
      Firefox本体の側がアニメーションOFFでの利用をここまで冷遇している以上、そのような使い方をこのアドオンで手厚くサポートする必然性を、自分は感じない。
  • 「アニメーションがあるとタブをドラッグ&ドロップで操作しにくい」、という要望に真正面から「アニメーション効果をOFFにできるようにしました」と応えるよりも、そういう要望が出にくくなるような形での解決を図るべきだと考えている。
    • そもそもドラッグ&ドロップで操作する必然性が薄ければ、問題なくなるのではないか。手動でツリーを編集しなければ意図した通りにならない、という状況があるのなら、ユーザに手動でのツリー編集という手間を強いる方向よりは、ツリー編集しなくてもストレスを感じないように、ユーザの意図を汲んで自動的にいい感じにツリーを構築するようにした方が、より望ましいのではないか。
    • アニメーション有りの状態でドラッグ&ドロップすると狙った位置にドロップしにくい、という問題があるのであれば、それは、アニメーションをOFFにすることで対処するのではなく、アニメーション有りでも狙った位置にドロップできるようにするのが、正しい解決ではないのか。
  • 僕自身は、アニメーションをOFFにして使うつもりがない。自分が使わない機能に対するメンテナンスコストを抱え込みたくない。
  • 視覚的に連続した変化を認識しにくい、アニメーションされた方が却って認識しづらくなる、といった性質あるいは障害を持っている人がいる、という事を考慮すると、アニメーションをOFFにできるようにすることは、アクセシビリティ上意義のある事だと思う。
    が、Firefox本体がアニメーションをOFFにできるようになっていない以上、「タブをツリー表示できるようにする」というコンセプトのこのアドオンが、独自にアクセシビリティ上の配慮を盛り込むのはおかしいのではないか。
    • この点を真面目に考えるのであれば、「FirefoxのBugzillaで問題提起して、Firefox本体の側でアニメーション効果のON/OFFをできるようにする」あるいは、「Firefoxのアニメーション効果を無効にするという1つのコンセプトに則ったアドオンを開発する」という道を選ぶべきだと、自分は思う。(アドオンではないが、userChrome.js用のzzzz-removeTabMoveAnimation.uc.jsというスクリプトは、そのための物と言えそう。)

以上の事は、あくまで現時点での自分の考えがそうであるというだけで、絶対普遍の真理であるとは考えていません。ここに挙げた数々の懸念点を払拭できる材料があったり、あるいは、そのような懸念があってもなおこのようにするべきであるという強い動機があって、僕が同意できるのであれば、変更を取り込むことにはやぶさかでないです。

でも、そうでない限りは、この種の変更については「フォーク版を作ってそっちで自由に開発していって下さい。そして、その機能を必要とする人自身の手でメンテナンスしていって下さい。」というのがこのプロジェクトの方針ということになります。僕がこれらのアドオン群にオープンソースライセンスを適用しているのには、そのような自由を保障しておきたかったからという理由もあります。

冷たいようですが、どこで線を引くのか・何を基準に線を引くのかを熟慮した結果、このような線引きに落ち着いたということで、同様の不満を抱いている方々にはどうかご理解を頂ければ幸いです。

RubyのCGIスクリプトでService Hookを受けて実行した外部コマンドの標準出力を文字列として受け取る - Apr 02, 2013

1つ前のエントリで、Rubyでバッククォートで実行した外部コマンドの標準出力を何故か受け取れないと書いてたんだけど、追記した通り、これは「RubyスクリプトがCGIで実行されているせいで標準入出力がCGI用に使われており、バッククォートで起動した子プロセスはその標準入出力を引き継ぐから、子プロセスから標準出力に出した内容が文字列として呼び出し元のスクリプトに返される代わりに、CGI経由でクライアント(GitHubのService Hookのエージェント)に返されてしまっている」ということだった(すとうさんに教えていただいた)。

で、対策として spawn()Process.waitpid() を使うと良いというアドバイスを頂いて、以下のように直してみた。

#!/usr/bin/ruby1.9.1
require "cgi"
require "shellwords"
require "json"
require "logger"
require "stringio"

SYNC_SCRIPT = "/home/piro/shared/or/tools/upload_nightly_xpi.sh"
RELEASE_SCRIPT = "/home/piro/shared/or/tools/release_addon.sh"
SSH_KEY = "/path/to/secret_key"
BASE_DIR = "/home/piro/shared/xul"
USER = "piro"

logger = Logger.new("/home/piro/shared/post-receiver.log")
#logger = Logger.new("/dev/null")
logger.level = Logger::INFO

# 子プロセスの実行結果(標準出力)を常に文字列で受け取るユーティリティ
def run(command_line)
  pipe_in, pipe_out = IO.pipe
  Process.waitpid(spawn(command_line, [:out, :err] => pipe_out))
  pipe_out.close
  pipe_in.read
end

cgi = CGI::new
puts "Content-Type: text/plain\n\n"
begin
  payload, = cgi.params["payload"]
  payload = JSON.parse(payload)
  project = payload["repository"]["name"]

  project_dir = File.join(BASE_DIR, Shellwords.escape(project))
  makefile = File.join(project_dir, "Makefile")
  if File.exist?(project_dir) and File.exist?(makefile)
    logger.info "build #{project}"
    sudo = "sudo -u #{USER} -H"
    command_line = "#{sudo} #{SYNC_SCRIPT} -i #{SSH_KEY} -b #{BASE_DIR} -d #{project_dir}"
    logger.info command_line
    logger.info run(command_line)

    command_line = "cd #{project_dir}; git describe"
    logger.info command_line
    current_commit = run(command_line).strip
    logger.info current_commit
    # 現在のコミットがタグを打ったまさにそのコミットである場合、
    # git describeの結果はタグ名だけになる。
    # なので、それをトリガーにしてリリース処理を走らせる。
    if !current_commit.empty? && !current_commit.match(/\A.+-[0-9]+-g[0-9a-f]+\z/)
      logger.info "=> release commit"
      command_line = "#{sudo} #{RELEASE_SCRIPT} -i #{SSH_KEY} -b #{BASE_DIR} -n #{project}"
      logger.info run(command_line)
    else
      logger.info "=> regular commit"
    end
  end

  logger.info "ok"
  p "ok"
rescue Exception => error
  logger.error error
  logger.info "ng"
  p "ng"
end

run() というのを定義していて、ここでパイプを作って spawn() の子プロセスの標準入出力に設定して、実行が終わるまで待ってパイプから実行結果を文字列として読み出す、ということをしている。(パイプを使う方法もすとうさんに教えていただいた。)

あと、このスクリプトは ~/public_html 以下に置いてるんだけど、apacheユーザで実行されてしまってファイルのアクセス権が……という事にも地味に悩まされていて、それでsudoを使ってたんだけど、suexecというApacheモジュールを使うと良いと教えてもらって sudo a2enmod suexec; sudo service apache2 restart としてみた。でもこの状態で git pull とかさせるとどういうわけか「error: cannot open .git/FETCH_HEAD: Permission denied」と言われてしまって(whoの結果ではapacheユーザじゃなくpublic_htmlがあるユーザになってるのに、何故だ……)、それで結局相変わらずsudoしている。

アドオンの自動ビルドとかリリース手順の自動化とか - Mar 30, 2013

以前、update.rdf関係を半自動生成するために頑張ったことがあって、各アドオンの紹介ページのHTMLからupdate.rdf(未署名)を作るあたりまでは自動化できてたんだけど、そこ止まりになっててまだまだ手動でやらなきゃいけないことが多くて、億劫で余計にリリースが滞る……という状況になっている。

それで、これじゃいかん!と思ってもっと自動化を進めることにして、とりあえずリポジトリのmaster/HEADを元に自動でテスト用ビルドを作るようにはした

で、その知見を元にもう少し頑張って、開発版ではなくリリース版の方ももっと自動化するというチャレンジをしている。

続きを表示する ...

大量肉リリース - Dec 29, 2012

リリースしてない状態が長く続いてる今このタイミングで12月29日、今年最後の肉の日ならこれは肉リリースにかこつけて溜まりに溜まってた物を一斉放出するいい機会だ……と思って、リリースできていなかった物をまとめて更新した。

最後にリリースしてから1年くらい経ってる物もあった。自分で使ってるのは常にmasterのHEADだから、リリースしなくちゃっていう圧力が働きにくくて、つい放置してしまう。それにしてもこれだけの数をまとめてというのは初めてなんじゃないかと思う。

ついでに、だいぶ前に実験的に作ってそれっきり放置していたSuspend Tabも、体裁を整えて一緒に公開した。類似アドオンが既にいくつもある激戦区にわざわざ突っ込んで行かんでも……というのはすごく思うけど、ツリー型タブと併用できる物が他に無いのでは仕方が無い。

1月には早々にFirefox 18が公開される予定になってたと思うし、それより前には公開しておかないと、また「動かないんだけど」の報告の嵐になるだろうなあ……という思いもあって、今を逃す手は無いなと。そういうわけで今年最後の肉リリースに踏み切った次第です。

RestartlessのE4Xレス化 - Dec 26, 2012

再起動の要らないアドオンをAdd-on SDK無しで開発するときの簡易的なテンプレートのような物として作っているRestartlessは、ツールバーボタンの定義や設定ダイアログの定義にE4Xを使う前提で設計してた。静的なXULファイルを別に用意しなくても、JavaScriptで書かれたロジックの中にリテラルとしてXULの定義を埋め込める、ということで重宝してたんだけど、E4Xのデフォルト無効化で完全にハシゴを外された形になってしまった。

E4Xを多用してた方々各方面悲喜こもごもあるようで、自力でスクリプトをパースしてCDATAマーク区間だけでも認識できるようにするとか色々なアプローチが試みられているようなのだけれども、僕はというと、面倒なのでE4Xはスッパリ諦める事にした。元はといえば、従来のやり方に近いやり方で再起動の要らないアドオンをラクに開発したいというのがRestartless開発の動機だったのだから、何か代わりの手段があるのであれば、E4Xにこだわる理由はなかったし。

まずE4Xで定義されたXULのコード片を受け取る部分についてだけど、これらは内部的にはXMLのソースコードの文字列に変換した後、RangeのcreateContextualFragmentでDOMDocumentFragmentにしてたので、インプットはただの文字列でも構わなかった。なのでToolbarItem.jsconfig.jsは以下の点だけ修正して終わりとした。

  • E4X無効の環境でもシンタックスエラーにならないように、E4X固有の書き方をなくした(具体的には、識別子としていきなり「*」が出てこないようにした)。
  • インプットが文字列の時は、それをそのままDOMDocumentFragmentにした後、ホワイトスペースだけのテキストノードをその都度削除するようにした(XBLの定義が手抜きなせいで、こういう場合に初期化エラーになるので)。

ツールバーボタンの定義は、手間だけど文字列リテラルに書き直すことにした(簡単なスクリプトでインデントも含めてそれっぽく置換した)。ちょよんごさんのnode-hereを移植することも考えたんだけど、単に改行込みのコード片を文字列として取得できるだけだと、E4Xの時みたいな「属性値やテキストノードの値にJSの変数の値を入れる」ということが簡単にはできなくて、そこの面倒さの方が気になったので、今回は見送ることにした。

ただ、設定ダイアログくらいの規模となると、一々文字列リテラルにしてたら埒があかないのでそこだけはなんとかしたかった。これについては、Firefox 8くらいから後のバージョンではchrome.manifestでcontentやlocaleのChrome URLを動的に登録・解除できるようになってるので、昔ながらのやり方に戻って静的なXULファイルで書くようにした

ロケールもこの要領でpropertiesファイルからDTDに書き直せばいいんだけど、Fox Splitterみたいにロケールの数が多いとそんなのやってらんないし、Fox Splitterの場合は設定ダイアログとブラウザ上のUIとで同じラベルを使い回したりしていて、どれをpropertiesファイルに残してどれをDTDにするのかとかを考えるのももう無理っぽかったので、逆転の発想で、属性値やテキストノードの値に{{ JavaScriptの文 }}という書き方を許容するようにして、XULドキュメントが開かれたときに自動的に解決するユーティリティを加えて、propertiesファイルをDTD代わりに使うことにしてみた。DOMContentLoadedのタイミングだと遅すぎるようだったので、今の所は待ち無しで実行してるけど、XBLの初期化タイミングが狂うリスクがあるので、将来的には問題が起こるかもしれない。(……と、ここまで書いて気付いたけど、node-hereを移植した上でこれと同じ記法を許容するようにすればよかったかなぁ。もう後の祭りだけど。)

Restartlessベースで作ってた各アドオン(親のタブに戻るFox Splitter、あと開発中で放置してた「Suspend Tab」)も更新済みで、masterベースのXPIはこの間から提供してる自動ビルドが既に利用できる状態になってる。Nightlyで使ってた人がもしいたら、これで動くようになってると思う。

……node-here.jsの移植はやらないでおくって書いたけど、結局やっぱり必要になってしまったので移植した。スタックトレースから列番号を取れないというGecko(SpiderMonkey?)の制限のため、1行の中に2個以上のhere()は書けない。

アドオンのナイトリービルドのようなものを置くようにした - Nov 24, 2012

リリースにまつわる諸々の作業が面倒くさくて、about:newtabには機能ができてすぐ対応したのに、リリースしてなかったせいで今頃「about:newtabを空のタブとして認識してくれないんだが」系の「不具合報告」が届くようになってきていて、他にも障害報告に対して「それmasterのHEADではもう直ってます」な場合が時々あって、あと時々「ナイトリービルドを提供してくれ」っていう声も見かけてはいたので、ちょっと頑張って/xul/xpi/nightly/でそれっぽい物を提供するようにしてみた。

  • 毎日定期的にリポジトリの変更をpullして、変更があったらXPIを作りなおしてアップロードする、ということを自動的にやってみてます。
  • 中身はmasterブランチのHEADをそのままパッケージングしただけの物で、typoで動かなくなってるような場合でもそのままアップロードしてしまうから、常用はお勧めしないでおきます。(とはいえ、この状態は僕自身の環境に極めて近いので、僕が常用しているアドオンについては、僕が不具合に遭遇し次第すぐに直すとは思いますが……)
  • 自動アップデートについては、リリース版とは別にこのナイトリービルド専用のupdate.rdfを提供するようにしてます。

どうやってるかというと、自宅にあるUbuntuマシン(NASも兼ねていて24時間動きっぱなしの自宅サーバ)上でcronjobを動かしているだけ。1点だけ工夫が必要だったのは、update.rdfに署名するという部分。update.rdfのデジタル署名にはMcCoyを使うんだけど、これだとcronjobとして自動実行させるのには都合が悪いので、MDNのページで紹介されてたMX-Toolsというのを使うようにした。

前提はこんな感じ。

  • アドオンのリポジトリはgitで管理している。
    • gitリポジトリには、パスワード無しの秘密鍵でSSH接続できる。もしくは、手元にリポジトリをパスワード無しでcloneしている(GitHubなら、httpsのURLを使ってcloneした場合がこれにあたる)。
    • すべてのリポジトリを、1つのディレクトリ(ベースディレクトリ)の中に、プロジェクト名と同じ名前のサブディレクトリでcloneしてある。
  • WWWサーバにはパスワード無しの秘密鍵でSSH接続できる。
  • RDFファイルの署名用にOpenSSLの鍵ペアを作成してある。
    • openssl genrsa -out keyfile.pem 1024
    • openssl rsa -in keyfile.pem -pubout -out keyfile.pub
    • 作成された秘密鍵・公開鍵はどちらもベースディレクトリ直下に置いてある。

特定の1つのアドオンについて「masterのHEADをpullして、変更があったらXPIにして、update.rdfを作って、アップロードする」というスクリプトは、試行錯誤の結果、こんな感じになった。

upload_nightly_xpi.sh:

#!/bin/bash

# MX-Tools等を同じディレクトリに置いているという前提で、
# このファイルのパスを基準にして、他のツールの位置を
# 指定するため、ディレクトリのフルパスを最初に得ておく。
tools_dir=$(cd $(dirname $0) && pwd)

remote_user=piro
remote_host=piro.sakura.ne.jp
remote_dist_dir=~/www/xul/xpi/nightly
actual_dist_dir=http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/nightly

# ファイルの置き場所等はオプションで得る事にする。
while getopts ab:d:i: OPT
do
  case $OPT in
    # 変更が無くても強制的にアップロードする指定。テスト用。
    "a" ) always=1 ;;
    # keyfile.pem等を置いているディレクトリのパス。
    "b" ) base_dir="$OPTARG" ;;
    # リポジトリをcloneした先のディレクトリ。
    "d" ) project_dir="$OPTARG" ;;
    # SSH接続に使う秘密鍵のパス。
    "i" ) secret_key="$OPTARG" ;; 
  esac
done

if [ "$project_dir" = '' ]; then
  echo "no project directory specified"
  exit 1
fi

if [ "$base_dir" = '' ]; then
  echo "no base directory specified"
  exit 1
fi

if [ "$secret_key" = '' ]; then
  echo "no secret key specified"
  exit 1
fi

# sedのオプションの違いを吸収しておく。
case $(uname) in
  Darwin|*BSD|CYGWIN*) sed="sed -E" ;;
  *)                   sed="sed -r" ;;
esac

# pullした時のメッセージを見て、変更があったかどうかを調べる。
cd $project_dir
pull_result=$(git pull --rebase)
updated=$(if [ "$pull_result" != "Already up-to-date." -a \
               "$pull_result" != "Current branch master is up to date." ];\
          then echo "1"; fi)
if [ "$updated" = "1" -o "$always" = "1" ]; then
  package_name=$(cat $project_dir/Makefile | \
                 grep "PACKAGE_NAME" | \
                 head -n 1 | cut -d "=" -f 2 | \
                 $sed -e "s/\\s*//#")
  public_key=$(cat $base_dir/keyfile.pub | \
               grep -v -E "^--" \
               tr -d "\r" | tr -d "\n")

  # ナイトリービルド用として、install.rdfを書き換える。
  # バージョン番号の末尾に今日の日付を付ける。
  $sed -e "s/(em:version=\"[^\"]+)\\.[0-9]{10}/\\1/" \
       -i install.rdf
  $sed -e "s/(em:version=\"[^\"]+)/\\1.$(date +%Y%m%d)00.$(date +%H%M%S)/" \
       -i install.rdf
  update_rdf=${package_name}.update.rdf
  # 古いupdate.rdfが残っていたら消す。
  rm $update_rdf
  # update.rdfの参照先と、公開鍵を書き換える。
  $sed -e "s#/xul/update.rdf#/xul/xpi/nightly/updateinfo/${update_rdf}#" \
       -i install.rdf
  $sed -e "s#([^/]em:updateKey[=>\"]+)[^\"<]+#\\1${public_key}#" \
       -i install.rdf

  # 自動生成されたバージョン番号は、後で使うので控えておく。
  version=$(cat install.rdf | \
            grep "em:version" | head -n 1 | \
            $sed -e "s#[^\">]*[\">]([^\"<]+).*#\\1#")

  # ビルドした後、リポジトリの内容を元に戻しておく。
  # (次にpullする時に、未コミットの変更があるという
  # 警告が出ないようにする。)
  make
  git reset --hard

  file=$(ls *.xpi | grep -v "_noupdate" | head -n 1)
  # キャッシュが使われる事の無いように、
  # ユニークなダウンロード用URLにする。
  update_link=${actual_dist_dir}/${file}?version=${version}

  if [ "$file" != "" -a -f $file ]; then
    ssh_remote=${remote_user}@${remote_host}
    # 公開先のディレクトリを作っておく。
    ssh -i $secret_key ${ssh_remote} \
        mkdir -p ${remote_dist_dir}/updateinfo
    # XPIをアップロードする。
    scp -i $secret_key ./$file \
        ${ssh_remote}:${remote_dist_dir}/
    # XPIからupdate.rdfを自動生成し、それもアップロードする。
    $tools_dir/mxtools/uhura -o $update_rdf \
      -k $base_dir/keyfile.pem $file $update_link
    scp -i $secret_key ./$update_rdf \
        ${ssh_remote}:${remote_dist_dir}/updateinfo/
  fi
fi

exit 0

uhuraを使うには、依存パッケージを入れておく必要がある。

$ sudo apt-get install openssl unzip libexpat1-dev
$ cpan
(色々セットアップ。基本的には全部YesでOKだと思う。)
$ sudo cpan install  XML::Parser RDF::Core Digest::SHA1 Convert::ASN1

アドオン1つだけでテストしてみた。

$ ./upload_nightly_xpi.sh -b ~piro/xul \
                          -d ~piro/xul/autodisableime \
                          -i ~/.ssh/id_rsa.nopassword \
                          -a

これでうまく動くことを確認できたので、複数リポジトリを全部処理するスクリプトを作って、そちらをcronで走らせるようにした。

upload_nightly_xpis.sh

#!/bin/bash

tools_dir=$(cd $(dirname $0) && pwd)

# 鍵の指定などを丸ごと引き渡すようにしたいので、
# このスクリプト自身では使わないオプションについても
# 受け付けるようにしてる。
while getopts ab:d:i: OPT
do
  case $OPT in
    "b" ) base_dir="$OPTARG" ;;
  esac
done

if [ "$base_dir" = '' ]; then
  echo "no base directory specified"
  exit 1
fi

cd $base_dir
for dirname in *
do
  if [ -d $dirname ]; then
    ${tools_dir}/upload_nightly_xpi.sh -d $base_dir/$dirname "$@"
  fi
done

で、これを日に2回動かすよう、crontabに 0 7,19 * * * upload_nightly_xpis.sh -b ~piro/xul -i ~/.ssh/id_rsa.nopassword とかいう感じで書いてる。

仮想マシンでも何でもいいけど、Linuxな環境があると自動化がはかどるな……と思いました(手前味噌)。

2012年11月26日追記:スクリプトにミスがあってinstall.rdfに埋め込む公開鍵が置き換わっていなかったので修正した。

FirefoxとThunderbirdの導入案件で使ってるソフトウェアを公開し(て)た - Nov 09, 2012

2年前のブラウザー勉強会で、FirefoxやThunderbirdの一括導入と企業での導入事例についての話をやったけど、その時に「こういう物を使ってます」と話だけ出した「メタインストーラ(FirefoxやThunderbirdのインストーラをキックしてサイレントインストールした上で、アドオンも一緒にインストールする物。設定を作り込んだ状態のFirefoxやThunderbirdを一括導入するために使う)」だけど、実はちょっと前からGitHubでひっそりと公開してた。導入案件の相談があってもリソース配分の関係で受けられないという事が何度かあったので、ツール公開しとくから自分でできる人は自分でやってねという話です。

が、過去の案件で要望が上がる度に場当たり的に機能追加や修正を繰り返してきて、それなのに目の前の導入案件をこなす事に手一杯でドキュメントが整備できてなかったせいで、公開したはいいけど結局弊社(というか僕)でないと使えない状態だった。ドキュメントを書こうと思っても、設定の仕方とかが煩雑ですっきり解説できないものだから、ドキュメント整備もなかなか進んでなかった。

それがこのところ、Mozilla関係の作業が少し落ち着いてて時間を確保しやすかったので、じゃあやるか!と頑張って、ドキュメント整備と設定方法の改善をちまちま進めてた(解説しにくかったのは実装が宜しくなかったからで、実装がすっきりしていれば解説もしやすいわけで、ドキュメントを書く事が契機となって実装が改善されるというのはよくある話なのです)。その締めくくりとして、簡単なチュートリアル込みの使い方解説エントリを会社のブログで公開した。アドオンを同梱して導入するだけのインストーラなら多分そんなに迷わないで作れるんじゃないかなと思う。

このFx Meta Installerは、FirefoxのWindows版インストーラと同じくNSISスクリプトで開発してるんだけど、思い返してみれば、僕のNSISとの付き合いはPortable Firefox(Firefox for Androidではなく、USBメモリで実行ファイルとプロファイルを持ち運ぶアレ)からだった。NSISはインストーラを作るための物なんだけど、使いよう次第ではPortable Firefoxみたいなこと(プロファイルをテンポラリフォルダにコピーして、Firefoxを起動して、Firefoxが終了したらプロファイルをUSBメモリに書き戻す)もできる。ずーっと前にMozilla Japanが秋葉原と渋谷でFirefoxの入ったCD-ROMを配るというプロモーションをやった事があったけど、あの時配ってたCDの「ディスクを入れたらautorunでFirefoxがお試し用に起動する」っていうやつは、実は、Portable Firefoxを改造したか参考にしたかして僕が作ってたのですよね。それがなかったら今のFx Meta Installerはなかったかもしれないと思うと、ちょっと感慨深い。

あと、Fx Meta Installerの設定項目だったり機能だったりを見てると、ああこんな事もあったなあ……と過去の案件の事を色々思い出させられる。Linuxでもビルドできるようにしたのは、普段使ってるUbuntu入りのLet's noteだけ持ってお客さんの所で動作を試して直してビルドしてまた試して……というのをやるためだったし、解説エントリでは触れてないけど、メタインストーラのバイナリに電子署名するための設定を見てると、グローバルサインで証明書を買う手続きをしたなあという事を思い出すし。いまFx Meta Installerに実装されてる機能は、お客さんの要望だったり状況だったりの必要に迫られて追加したものがほとんどなので、ある意味でこいつは僕の仕事(の1つ)の履歴そのものとも言えるのかもしれない。

Page 4/243: « 1 2 3 4 5 6 7 8 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき