Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

Page 13/239: « 9 10 11 12 13 14 15 16 17 »

タダで使える綺麗な日本語フォント、と要約すると語弊有り - Mar 31, 2006

M+エムプラスフォントとIPAフォントの合成フォント。アウトライン版には英数字やかな文字など一部の文字しかまだ無いM+フォントというオープンソースのフォント(ビットマップ版は漢字もちゃんと含んでるそうです)に、オープンソースなんだかそうでないんだか微妙なライセンスのIPAフォントから漢字の字形を抜き出してきて合成し、一つのフォントとしてまとめたアウトラインフォント……だそうです。

Mac OS Xでヒラギノ角ゴの漢字と組み合わされて表示された状態のスクリーンショットを見れますが、なかなか綺麗ですね。IPAフォントはアルファベット部分の字形がちょっと凝ってるので、もっとあっさりした物が欲しい場合にはイイ感じかも。

スミレ♥17歳!! - Mar 29, 2006

スミレ♥17歳!! 1Amazon.co.jp)買った。すげえ! これはメイドガイに次ぐ大ヒットだ!!

話の舞台も内容もごく普通の青春漫画。ただ一つ普通と違ったのは……主人公「四谷スミレ(17歳)」が人形で、背後で常に黒衣のオッサンが彼女を操作しているということ!

人形使いというと幻蔵(幻蔵人形鬼話)もなかなかのもんだと思うけど、何というか、情熱が桁違いだ。幻蔵はただ人形を上手く操るだけだけれど、こっちのオッサンは、女子高生・四谷スミレ(17歳)そのものを完璧に演じきっている。向こうは人間を演じている。こっちは人生を演じている

スケールのでかさに感服しました……

※いや、そんな大層な漫画じゃなくて、ギャグマンガなんだけど……

続きを表示する ...

世にも奇妙な物語 15周年特別編 - Mar 29, 2006

今回はいつもの構成の短編5編に加えて、小ネタの超短編が大量にくっついてた。「山田祭り」には、やられました。「痛覚」あと横断歩道のやつはまあまあだったかな……「サイコキネシス」は昔の世にも奇妙な物語特別編でオープニングの一発ネタに使われてたのと全く同じネタだったので、なんだかなあと思った。運命の赤い糸のやつはもうちょっとひねったら面白かったかもしれない……

「Replay」は非科学的なんだけどなんだか話に説明が付いちゃってるのがちょっとなあ。最後まで不条理だったら良かった気がするんだけど。

「命火」特にこれといったところはない。

「雨の訪問者」……えーと、「黄泉がえり」? 

「奥さん屋さん」数ヶ月でカタが付いてしまうのは、バランス的には良いのかもだけど、面白味には欠ける気がする……これで何十年と経過させてようやく、ということだったらもっと奇妙なんだが。

「イマキヨさん」ただの怪談のようでいて、その実は笑いも盛り込まれててなかなか良かったと思う。でも大勢で迫ってくるところであの動きをそのまま使うのってどうなんだろう。

携帯動画変換君 - Mar 22, 2006

携帯動画変換君、あるいは3GP_Converterを試してみた。手元にあったムービーを携帯で見れるようにしたかったというのが発端。

イイネこれ。プリセットの設定で間に合う内容なら、設定を一覧から選んだ後、ファイルのドラッグ&ドロップだけで作業が済んでしまう。僕の場合(V602T)はV601T用設定を選んだらそれでいけた。できたファイル(*.3g2)をminiSDの \SD_VIDEO\PRL001\MOL001.3g2 あたりに置いたら、「外部ビデオフォルダ」の内容としてアクセスすることができて、ちゃんと再生もできた。

オモロい動画を見せびらかしたいときなどに使うかもしれん。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱 - Mar 19, 2006

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱(Amazon.co.jp)。だいぶ前から「いつか見るかー」でHDDレコーダに録り溜めしてたもののこのままでは見るチャンスがなくなってしまうので消化その6。

清朝末期の中国を舞台に、清朝(役人)・西洋人・白蓮教・革命家の4つ巴?のいざこざに翻弄される伝説の英雄・黄飛鴻ウォン・フェイフォンの姿を描くアクション映画。

一対多の肉弾戦アクションは、中国に優る物はないなあと痛感する。これに比べたらハリウッド映画のアクションなんて……ねぇ。ジェット・リー演じるウォンとドニー・イェン演じる提督の壮絶な対決は一見の価値有りだと思う。

何回見てもイイネ。

MEET JOE BLACK - Mar 19, 2006

ジョー・ブラックをよろしく(Amazon.co.jp)。だいぶ前から「いつか見るかー」でHDDレコーダに録り溜めしてたもののこのままでは見るチャンスがなくなってしまうので消化その5。

醒めた恋愛観を持つ末娘に、情熱的な愛を説く大富豪の父。そんな娘がコーヒーショップで出会ったイイ男に口説かれてほのかな恋心が芽生える……が、彼女の姿を見送った直後彼はいきなり車に轢かれて死亡。一方大富豪の父のもとには死神がやって来て、人間の言う愛情とか情熱とかに興味がわいたから教えれ、ついでに人間社会を案内すれ、と半ば強引に迫る。死神が人間界での仮の姿に選んだのは、朝方に娘を口説いて車に轢かれて死んでしまった例の若い男。思わぬ再開に、事情を知らない娘は喜ぶが、再開した彼はまるで人が変わったようで(当たり前)……

夢のような3時間でした。ブラピ様ステキ。惚れた(ぉぃ)。おじさまもたまりません。夜の庭園を花火を背にスーツで二人歩く姿は、得も言われぬ美しさです。おいらのロマンチスト脳がメキメキと音を立てて変な脳汁を垂れ流すぜ。

長くて疲れるけど、何回か見てもいいかな。

アタック・ザ・ガス・ステーション - Mar 19, 2006

アタック・ザ・ガス・ステーション!Amazon.co.jp)。だいぶ前から「いつか見るかー」でHDDレコーダに録り溜めしてたもののこのままでは見るチャンスがなくなってしまうので消化その4。

「ヒマだから」でガソリンスタンドを襲撃した今時の若者4人組が、暇潰しに店員の真似事をしてみたり出前を取ったりチンピラをとっちめてみたり美女を捕まえて脱衣しりとり(何それ)させたり喧嘩したりの一晩の……というブラックなコメディ韓国映画。

舞台演劇みたいなノリだなと思った。ハチャメチャで脈絡がなくて、話があっちに行ったりこっちに行ったりする。シーンごとに切り取ってみればその部分で寸劇っぽい体をなしてるんだけど、全体を見るとごった煮状態。その絶妙なバランスが良い。気がする。

もう1回くらいは見てもいいかも。

ハリウッド・ミューズ - Mar 19, 2006

ハリウッド・ミューズAmazon.co.jp)。だいぶ前から「いつか見るかー」でHDDレコーダに録り溜めしてたもののこのままでは見るチャンスがなくなってしまうので消化その3。

落ち目の脚本家が、売れる脚本を書きたい一心で、創作の女神「ミューズ」を名乗るワガママ美女に泣きついて色々貢がされ、ついに家まで……というコメディ。といっても悲壮な話ではなく、ミューズのおかげで色々ほんとにうまくいきだすから面白い。

ハリウッドを舞台にしているだけあって、映画監督が実名で本人の役を演じてたりする。スピルバーグも登場(ちょっと嘘)。

最後の方までの展開は結構予想通り? という感じだったけど、一番最後は予想外だった。

1回見たら十分かな。

ダンジョン&ドラゴン - Mar 19, 2006

ダンジョン&ドラゴンAmazon.co.jp)だいぶ前から「いつか見るかー」でHDDレコーダに録り溜めしてたもののこのままでは見るチャンスがなくなってしまうので消化その2。

民衆の自由のために頑張る女王様とか悪い宰相とか竜とかエルフとか盗賊とか色々出てきて、城跡とか洞穴とかで喧嘩したりドンパチしたりする映画。

つまんない……CGは凄かったのかもしれんけど、見てたテレビ画面がそんな大きくないからよくわからんかったし。ストーリーも今となっては単純な割に展開早すぎて……FFの映画と同じか。

0.5回見たら十分かもしれない。

アンブレイカブル - Mar 19, 2006

アンブレイカブルAmazon.co.jp)。だいぶ前から「いつか見るかー」で録り溜めしてたもののこのままでは見るチャンスがなくなってしまうので消化その1。

方や、列車の大事故でも一人だけ奇跡的に無傷で生還。方や、「ミスター・ガラス」と呼ばれていじめられるほどに虚弱体質。二人の人生が交わる時何が起こるのか。

不思議な感じの映画。結局、真実はどいうことだったのか?ってのは……でも、実際にそういう者達がいたらそうなるのかなと思えて、切ない印象を受けた。

まあ2度は見ない映画かな……

Page 13/239: « 9 10 11 12 13 14 15 16 17 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード