Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 1/243: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

Information disclosure vulnerability of Tree Style Tab and Multiple Tab Handler - May 29, 2019

日本語版

As already announced at changelogs, an information disclosure vulnerability was found in Tree Style Tab 2.0-3.0.13 and Multiple Tab Handler 2.0-3.0.6.

  • The vulnerability was already fixed at TST 3.0.14 and MTH 3.0.7.
  • Please be careful if you deactivated auto-update of addons, or using old TST or MTH on old Firefox. I strongly recommend you to update or uninstall them for safety.

Technically detailed description is already published at a GitHub issue. It was a spec bug around APIs for communication with other addons. In short: the API design was not matched to the security model of WebExtensions API itself.

  • A WebExtensions based Firefox addon can read privacy data of tabs, only when such a risk was notified on its installation and you intentionally granted that. Title, URL, and "FavIcon" of tabs are such sensitive data.
  • TST and MTH are addons providing list-like UI for tabs, so they must require permissions to access such sensitive tab data. You might saw such notification on your initial installation.
  • TST and MTH provide API for other addons to notify information of specified tree or multiselected tabs. The data notified via those API were constructed from tabs.Tab objects got via WebExtensions API with their own permissions, and they contained full tab data from both regular and private windows, including title, URL, and FavIcon, without any confirmation. To be honest, I forgot that those properties are not accessible without tabs which is a non-default permission.
  • Their API is callable via a general WebExtensions API browser.runtime.sendMessage(), and any addon can call browser.runtime.sendMessage() with no special permission.
  • As the result, sensitive tab data were accessible from any other addon with no permission and no warning when TST or MTH was installed.

Currently there is no report about actual such an "attacker" addon. This vulnerability was found by a self-check.

However, it existed for a long time (from initial releases of their versions 2.0 at 2017), and might be known axiomatically with public API documents - attackers might find it out when he read the API spec carefully. If you found any actual attacker example, please tell them me.

I already contacted to community managers of Mozilla, so I will update this announcement if any progress.


Why I did such a terrible mistake? I think there are mainly two reasons.

First, TST and MTH were originally developed as XUL addons.

In old days, all XUL addons had same permissions: they were allowed to access any data on Firefox. Old API of these addons were also designed on the policy same to XUL addons themselves - there was no concept like permissions for each client addon.

On the other hand, there are some known concepts of WebExtensions: isolated namespaces and secure permission model based on declarations. So users just need to be careful about safety for each addon simply. And, there is one more self-evident (but I missed that) fact: my addons TST and MTH may be allowed to read sensitive data, but other API client addon may not.

This means that it was required that updating the concept of my APIs following to the security model of WebExtensions API itself. But regrettably I forgot to do that - I concentrated to migration of their features and missed this point. As the result, TST and MTH were became like a bigmouth: they got sensitive information out of Firefox and blabbed to others carelessly.

Second, I misunderstood the power of the tabs permission.

The permission name tabs looks like required to do anything around tabs, for example getting a list of tabs. So, because APIs of TST and MTH require id of tabs as their parameter, I thought that "client" addons must have the tabs permission and there was no problem to return full tab information.

But that was misunderstanding. Actually, many WebExtensions API around tabs are callable regardless the addon has no tabs permission, and the permission just appends extra sensitive properties to tab objects. I added tabs to required permissions on very early days of my WebExtensions addon development experience and it was left there for a long time, thus I had no chance to correct such a misunderstanding. Possibly I might specify tabs permission for other addons even if it is unnecessary.

Please remind my mistake as a lesson, if you plan to design callable API for other addons. You need to be careful to treat any data got via WebExtensions API as sensitive, as:

  • You should understand the exact effect of the permission you specified at permissions in manifest.json. Don't put needless permissions, and keep it mind that you should make effort to minimize the list of permissions anytime.
  • You should build response/notification messages for other addons from scratch, especially without recycling of objects got via WebExtensions API with your own permissions.

ツリー型タブとマルチプルタブハンドラに脆弱性がありました - May 29, 2019

English Version

既にTwitter等でお知らせしていますが、ツリー型タブのバージョン2.0~3.0.13とマルチプルタブハンドラのバージョン2.0~3.0.6に脆弱性がありました。

  • 問題自体はツリー型タブ 3.0.14以降およびマルチプルタブハンドラ 3.0.7以降で修正済みです。
  • 自動更新を停止していたり、古いバージョンのFirefox用に古いTST・MTHを使用していたりすると、脆弱性を突かれる恐れがあります。更新またはアンインストールを強くお勧めします。

詳細な説明はGitHubのissueに日本語でも記載していますが、端的に言うと「他のアドオンと連携するために独自に提供していたAPIの仕様がガバガバだった」という事になります。

  • 通常、WebExtensionsベースのアドオンでは明示的に宣言されインストール時に許可された範囲の情報しか取得できない。タブの現在のタイトル、URL、アイコンもそのような情報の一種。
  • TSTやMTHは動作上どうしてもタブのタイトルやアイコンを知らなくてはいけないので、それらの権限を要求する旨宣言している。インストール時にもそのあたりの事が警告される。
  • TSTやMTHは、他のアドオンの求めに応じてツリーの情報や選択されたタブの情報を返したりプッシュ式に通知したりするためのAPIを提供している。このAPIを介して返される情報は、TSTやMTHが自身の権限に基づいてWebExtensions APIから得たtabs.Tabのオブジェクトに基づいて、それとの互換性を保つようにしていたため、その中に無条件でタブのタイトル、URL、アイコン、およびプライベートウィンドウのタブの情報が含まれていた。これらの情報が、本来は取得するために特別な権限が必要な物であるという事を失念していた
  • このAPIはbrowser.runtime.sendMessage()というWebExtensions APIを使って呼び出す物だが、browser.runtime.sendMessage()の呼び出しには特別な権限は要らない
  • よって、TSTやMTHがインストールされている環境では、どんな権限でインストールされたアドオンからでも、全く無警告に、そういった情報を参照できてしまうという状態だった。

一応、この「脆弱性」を使って悪さをするアドオンとしてこういう物が実際にある、というような報告はまだ受けていません。あくまで、作者が自主的に行った仕様の再チェックで脆弱性が見つかったという事になります。

が、「誰も気付かないような所、仕様の穴を突いたイリーガルな使い方をすると情報を盗み出せる」というような物ではなく、技術情報としてドキュメントも公開しているAPIを堂々と使って、WebExtensionsのアドオンごとの制限を突破して情報を取得できる、しかもその情報自体は実は2017年のバージョン2.0リリースの時から1年半以上もの間ずっと公知だったという、我ながら書いていて情けなくなるお粗末な状況なので、この脆弱性を利用した悪意あるアドオンが既に存在していても、全くおかしくはないと思っています。

ということで、もしそのようなアドオンを見つけた方がいらっしゃいましたら、お手数ですがどうかタレコミをお願いします。

折良く(?)、Mozillaのアドオンコミュニティの担当者の方からおすすめアドオンの件について連絡を頂いたので、ついでにこの件についても相談してみました。何か進展があったらまた告知すると思います。


それにしても、何故こんなにお粗末な事をやらかしてしまったのか。理由はいくつか考えられます。

まず1つは、XULアドオン時代の設計思想を引きずってしまっていたこと。

元々、XULアドオン時代にはFirefoxのアドオンはすべての情報にフルアクセスというのが当たり前でした。なので、TSTやMTHのAPIには、呼び出し元ごとに返す情報に差を付けないといけないという考えが全くありませんでした。聞かれた事はなんでも返していい、何故ならどうせ呼び出し元のアドオンだって、それらにアクセスしようと思えばいくらでもできるんだから。これがXULアドオン時代の考え方でした。

他方、WebExtensionsでは、各アドオンは事前に許可された範囲の情報しかアクセスできないので、ユーザーは各アドオンの権限だけを気にすれば良いという事になっています。この事ばかりが強く印象に残っていたことと、とにかくXUL版から機能を移植するという事にばかり気を取られていたために、アドオン同士の間ですらもアクセスできる情報の範囲に差があるという事が、頭の中からすっかり抜け落ちていたのだと思います。

「アドオン同士の権限に差がある」というWebExtensionsの世界に合わせるには、TSTやMTHのAPIにもその考え方を反映しないといけなかったんですね。自分のアドオンが正当な手順でWebExtensions APIから入手した情報は、相手のアドオンにとっても同様に正当な手順で入手できる情報だ、とは限らないのです。それを忘れて呼び出し元の求めに応じてなんでも返してしまっていたというのは、「内緒にするから教えて」と言って教えてもらった情報を、他人にホイホイ言いふらすようなものです。実に嘆かわしいです。

2つ目の理由は、permissionsで宣言する権限の影響範囲を正しく把握しきっていなかったこと。

tabsという権限の名前からはいかにも、タブに関する事なら何をするのにも、例えばタブの一覧を取得するのにすらも必須であるような印象を受けます。TSTやMTHのAPIを呼ぶには呼び出し側のアドオンがタブのIDを知っている必要があり、タブのIDを知っているなら当然tabsの権限も持っているはず、ならタブのプロパティ全部渡しても問題無いはず(どうせ呼び出し側のアドオンが自分でも同じ情報を取得できるんだから)。というのが、これらのAPIを作った時点での自分の認識だったのだと思います。

しかし実際には、tabs.query()などのWebExtensions APIはtabsの権限無しでも呼ぶ事ができます。tabs/activeTabの権限の有無は、タブの一覧を取得できるかどうかではなく、返されるタブの情報にタイトルやURLなどのセンシティブな情報が含まれるかどうかという点にだけ影響します。TSTやMTHをWebExtensionsで実装するにあたって、まだWebExtensionsの仕様への理解が浅かったかなり初期の時点でtabsの権限を設定したきりだったために、この勘違いがずっと正されないまま今に至ってしまっていたのでしょう。他のアドオンを作る時にも、自分はひょっとしたらtabsの権限が不要なのに要求してしまっているという例があるかもしれません。

今回のことから得られた教訓は、以下のようにまとめることができると思います。

  • それぞれの権限が何を可能にするのか、その権限が無いと何ができなくなるのかを、ちゃんと理解しておく。不要な権限は要求しないようにして、常に必要最小限の権限だけをpermissionsには列挙する
  • WebExtensions APIから自分の権限で取得したオブジェクトをそのまま使い回して、他のアドオン向けのメッセージに含めてはいけない。必ず、センシティブでない事が分かっている情報だけをホワイトリスト形式で抽出して、スクラッチでメッセージを組み立てること。

僕のように「他のアドオン向けのAPI」を提供するアドオンを作ろうと思っている方は、どうか僕と同じ過ちを犯さないように、他山の石として下さい……

「お疲れ様」が失礼とかそういう話 - May 12, 2019

自分は「ご苦労様」というフレーズが「目上の人に使うのは失礼な言葉だ」「代わりに『お疲れ様』なら言ってもいい」と言われるようになった過程を見てきた世代の人間なので、「お疲れ様」が今「目上の人に使うのは失礼な言葉だ」と言われるようになっているという話を見かけて、まあ驚きましたね最初は。

「ご苦労様」が咎められていた頃にも「そもそも、目上の人に『ご苦労様』と言う例は昔からあった」とか色々反論は目にしましたが、結局みんな馬鹿馬鹿しいとは思いつつも、それで失礼だと言われたら怖いとビビって「ご苦労様」を目上の人には使わなくなったと思うので、「お疲れ様」もそのうちみんなビビって使わなくなるのかもしれません。

 

捏造マナーを広めてマッチポンプで仕事を作り出す失礼クリエイター(自称「ビジネスマナー講師」)に踊らされるのは癪だなあと思いつつ、しかし、お疲れ様もご苦労様も目上の人に言うのは失礼だというのは案外当を得ているのではないか?という気がする部分もあります。

というのも、「お疲れ様」が目の敵にされるようになった時にも「それは目上の者が目下の者の労をねぎらう時の言葉だからだ」と説明されていて、今回の「お疲れ様」でも同様の言われ方をしているようなので、そもそも「労をねぎらう」というのが「上から目線」の行為という事なのではないだろうか、だとしたら、目下の側からねぎらいの言葉が発される事自体が失礼扱いされるのは致し方ないのでは、と思ったのですね。

現代で「お疲れ様です」が発されるのってどういう場面なんでしょうか。「労をねぎらう」と一言で言ってしまっているケースでも、分析してみると実は色々なコンテキストがあるんじゃないでしょうか。

  • その人が自分のために労を割いてくれたので。
  • その人が自分のしたミスの尻拭いをしてくれたので。
  • 自分が関わる事ではないが、その人が何か仕事をこなしたので。
  • 見るからに疲れている様子なので。
  • すれ違いざまの挨拶として。メールの書き出しとして。

相手が労を割いてくれたという事だと、「ありがとうございます」という表現がより適切な気がします。

相手が尻拭いをしてくれたという事だと、「ご迷惑をおかけして済みません」の方が適切に思えます。

自分の関係ない所でその人がした事に対して、何も言わないのは失礼だから何か言いたいという時は、「素晴らしいお仕事です」とか「敬服致します」とか言える気がします。

見るからに疲れている様子なら、「お疲れのご様子なので今日はどうぞお帰り下さい」とかなんとか。

すれ違いざまの挨拶だと、その日の初回の遭遇だったら「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」が適切な気がします。2回目以降の遭遇では、どうなんでしょう。自分は「会釈」「黙礼」でいいと思いますが。ちなみに、最近読んでる「総務部総務課 山口六平太」では、典型的な日本型大企業の中で平社員が社長に遭遇したという場面では平社員が黙礼するだけという描写が多い印象があります。

 

こうして改めて「お疲れ様」「ご苦労様」の言い換えを考えてみると、他の言葉がより適切な場合もあるし、そもそも適切な・しっくりくる他の表現が無い場面もある、という気がしてきました。

「ご苦労様」って、かなり広い場面で使えるユニバーサルな言葉という気が僕はするのですよね。「それさえ言っておけばまあ大丈夫」というカテゴリの言葉というか。語彙力が無いと、それだけで全部済ませたくなっちゃうというか。だとすると、個別のコンテキストに応じた適切な言葉の使い分けを面倒臭がって、万能のフレーズ1つであらゆる場面を済ませてしまう怠惰さは、言われた相手の側にするといい気がしない、というのは一理ある気がします。少なくとも自分は、「自分のためにわざわざありがとうございます」「自分の不始末でご迷惑をおかけしてすみませんでした」等が適切な場面で「お疲れ様です」と言われたら、「なに他人事みたいに言うてんねん」とイラってなりそうです。「お疲れ様」が失礼となるケースがもし現実にあるとしたら、そういうケースが該当していそうな気がします。

そうでなく、しっくりくる表現が他に無いから「お疲れ様」が使われているというケース、挨拶やメールの書き出しのような場面が問題だとするなら、そもそも「ねぎらいのフレーズ」を無関係の場面に流用したのが間違いだった、ということはないでしょうか。言った側は「流用したフレーズを以て挨拶しただけ」のつもりが、相手はそれを流用ではなく本来の意味の使われ方すなわち「目上の者が目下の者に対して言う言葉」と捉えたために、失礼と感じられた、という事だったりしないでしょうか。

だとしたら、もういっそのこと、既存の言葉を流用しないでその場面に適した言葉を新しく作った方が建設的ではないでしょうか。例えばこんな感じで。

  • 平社員が社長とエレベーターで乗り合わせた。黙っているのも変なので、挨拶する。「社長、きゆゎぶです!」
  • 部下が上司にメールを書こうとしている。相手がいつ読むか分からないので「おはようございます」と言うのも変だ。なので、こう書き出す。「めでぺづです、結城です」。

「ランダム 文字列」で検索したら任意の文字数のひらがなの文字列を自動生成できるページが見つかったので、これで作った文字列を造語として流行らせてみると面白いのではないかという気がしています。社内で流行らせた結果、うっかり社外の人にまで使ってしまうとどうなるか分かりませんが……もしかしたら案外世間で流行るかもしれないですよね。「拝承」みたいに。

責任を果たさなかった仕事について懺悔します - May 09, 2019

僕がとある人にあまり良い印象を持っていない事の理由の1つに、商業媒体で連載の無告知中断を2回もしていて、2つ目は中断から数年経過しているのに自己紹介ではそれを現在進行形の連載としてアピールしており、自分のような第三者視点では「最初のは苦労して連載しても紙媒体でバズらなくて旨味が少ないと思って切ったのかな、次のもマンガ家という肩書きが手に入った後は放置ということなのかな」と見えているから(いや、その人にはその人の事情があって、自分は知らないだけでちゃんと双方で話の付いてる事なんだろうとは思うのですけれど)……というのがあるんですが、そういう風に他人の事をどうこう咎められる資格が自分にあるのかというと、自分の方こそ酷い不義理をやらかしているのですよね。

 

そういう仕事関係の不義理の中でも自分の中で最大の物は、フォクすけブログで1回か2回やったきりでぶん投げっぱなしにしてしまったブラウザの歴史に関する「連載」だと思ってます。

今から12~13年前。Mozilla Japanに半常駐でマーケティング関係のお手伝いをしていた頃、フォクすけというファンシーなキャラクターを掲げて「見た目ゆるく、でも中身は実用性高く」という意気込みでコンテンツを充実させていこうと思っていた僕は、フォクすけのブラウザ歴史年表を作るために色々調べて知識が増えた事に驕って、「Firefoxの他に無い価値の1つはその歴史にあると言えるはず。Webブラウザとインターネットの歴史をMozillaを軸に語ると面白いのでは?」みたいに考え、そのネタでドキュメンタリー風に連載をやってみますよ!と大言壮語をぶちかましたのでした。単発の技術解説記事や日経LinuxでのOpenOffice.orgの連載などで文字書きの経験はしていたので、まあできるでしょ、と思いまして。

で、いざ書き始めてみたのですが、ところがこれが全然書けないんですよ。当然です、取材もせずに数冊本を読んだ程度のカウチポテトで、生の体験をしていない僕ごときが、自分以外の視点で歴史を魅力的な読み物として書ける訳が無いんですよね。「誰々がこの時、こう言った」みたいなヒキの強いフレーズ、出てくる訳が無いんです。だってその場に居合わせてない、知らないんだもの。ロクな取材もしてないんだもの。

はっきりと〆切を設定した訳でもなく、また、依頼された訳でなく自分で言いだした事で、自分の気が向いたら書ける時に書きますくらいの表明の仕方だけに留めるという卑怯な逃げを打っていた事もあって、「なかなか筆が乗らないンすよね……」とグズグズしているうちに一月ひとつき二月ふたつきと日は過ぎていって、気が付けばもう何の宣言もなくずうっと放ったらかしという訳です。

趣味の同人活動ならまだいいですよ、ぶん投げた所で自分の信用が損なわれるだけだから。でも仮にも仕事として始めた物でそれをやっちゃう訳ですよ。読者に対する裏切りであるだけでなく、「半常駐でマーケティングのお手伝いをする」という仕事の直接のお客さんであるところのMozilla Japanさんに対する裏切りでもあった訳ですよ。酷い、全く酷い。

 

仕事のやらかしでは他にも、シス管系女子の連載で原稿を落とした事が、この8年間で1回だけありました。設定された〆切をぶっちぎるのが常態化、校了ギリギリまでかけてやっと納品、という綱渡りを繰り返しているうちに、どうしても間に合わせられなかった事が1回。初期から連載を追ってこられた方がどれだけいるか分かりませんが、「あれ、今月載ってないの?」と思われた時があったと思います。それです、その時です。

実を言うと、この綱渡りは今も続いてるんですよね。ギリギリの納品は常態化したままで、だから毎回編集さんにはご迷惑をおかけしてます。申し訳ない事をしています。

 

やると言って引き受けた仕事で、約束を守らないって最悪じゃないですか。「原稿落としちゃいました、ヘラヘラ。これで自分も並み居る先輩作家大先生達に並んじゃいましたね、ヘラヘラ」なんて自慢してる場合じゃないです。酷い事ですよ。信用されるもクソもない、尊敬になんてまるで値しない。それで「なんで自分は人望が無いんだろう、人に誘われないんだろう、声かけてもらえないんだろう」と嘆くなんて、どういう神経してるんですかって話です。

最近こんな話を見かけました。

そう、まさしく「公的にはしないことになってるけど、みんなやってるのが当たり前」という認識でいるから、不義理をしてしまえるのですよね。「自分は特別だから許される」なんて思ってはさすがにいなかったと思っていますが、だからこそ「みんなやってるんだから、自分もやっていいでしょ」と思っていたわけです。「当たり前じゃない」と人から叱られるまで、それが自分には分かっていませんでした。

 

これを読んだ人は、約束は守るから約束なんだ、という事だけとりあえず覚えて帰って下さい。今年37歳になるおじさんから後進へできるアドバイスは、以上です。

ツリー型タブ以外のタブ縦置き・ツリー表示アドオン - May 05, 2019

現時点で把握してる、Tree Style Tab(ツリー型タブ)以外の物をまとめた。ボタンでポップアップが表示されるタイプの物を除外した、サイドバー常時表示型の物だけです。

ツリー表示できる物

グループ化できる物

縦置きだけ

じっくり使い込んだわけではないけど、これらの中ではSideberyがぱっと見の出来がいいように見えた。

TSTをWebExtensionsに移行したときは、その時点でも既に結構な数の縦型タブバーアドオンがあったので、「縦型タブバーとしては後発だ」と認識してたんだけど、その後もまだまだ新しい物が作られてるというのは興味深いです。というのも、これらのアドオンが依存するサイドバーAPIはGoogle Chromeには存在せずFirefoxやOperaなどでしか使えないため、ブラウザのシェア的にはそこで頑張っても社会的にはあまり報われませんので。以前、アドオンの勉強会でFirefoxのWebExtensionsに固有のAPIを紹介した時に「Chromeで使えないなら使わない」という反応をもらった事を考えると、まだまだ自分の他にもへそ曲がりがいるものなんだなあ、とちょっと嬉しくなってしまいます。

 

それにしても、これらの中で最もユーザー数が多いTab Center Reduxでも1万2千人で、TSTの約13万人とは10倍の開きがあって、なんでこんなにTSTのユーザー数が多いのか?と我ながら不思議に思ってしまう。単純に歴史が古いから(XUL時代を含めると12年)だけでしょうか。先行者利益というか残存者利益というか。

古くからあるから出来が良いのかっていうと別にそんな事ないんですけどね。実際、1000とかメチャクチャ大量のタブがある状態で試してみると、ここに挙げたアドオンはどれもTSTに比べると圧倒的に起動が速かったし。というかTSTが桁外れにクソ遅かった(これは僕が動作速度や処理効率に比較的無頓着なせいだと思ってる)。TST 3.0でだいぶ高速化はしたつもりだけど。

Windows 10の環境構築 - Apr 05, 2019

会社で新しくWindows 10 PCをメイン環境として使い始めようとしていて、セットアップするのになんやかや詰まったので記録を残しておきます。

任意のホームディレクトリ名でアカウントを作る

何も考えずにMicrosoftアカウントで使い始めると、例えば shimoda.hiroshiみたいなMicrosoftアカウントだったら C:\Users\shimo みたいな適当にぶった切られた名前でホームディレクトリができてしまう。C:\Users\piro みたいに任意の名前のホームディレクトリにするためには、以下の手順を踏まないといけない。

  1. 使いたいホームディレクトリの名前でローカルアカウントを作成する
  2. そのローカルアカウントを管理者にする。
  3. そのローカルアカウントでログオンする。
  4. そのローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える。
  5. 再起動後、古いホームディレクトリ(C:\Users\shimo とか)を管理者権限で削除する。

コンピューター名を変える

コンピューター名はWindowsの通常使用だと意識する事はあまりなくて、LAN内で参照する時に使う程度だけど、WSLでホスト名として常時目にする事になる。これがランダムっぽい名前だと結構いらつくので、最初に変えておく。(以後はWSLでも勝手にこの情報を参照してくれる)

WSLの初期設定

WSLを有効化してストアからUbuntuをインストールした後にやること。

  1. Windowsのファイルシステム上でWSLのファイルのパーミッションを保存できるようにするために、 sudo vim /etc/wsl.conf で設定ファイルを開いて以下の内容を保存する。

    [automount]
    options = "metadata,umask=22,fmask=111"
    

    マウントした既存のファイルや新たに作成したファイルが全部実行権限付きで認識されるとGitを使うのに不便なので、maskを指定して実行権限がつかないようにしておく。

  2. WSLのシェルを一旦閉じて、サービス一覧から LxssManager を探し、再起動する。これで、上記の設定が反映される。
  3. ln -s /mnt/c/Users/username/Destop ~/Desktopln -s /mnt/c/Users/username/Documents ~/Documentsln -s /mnt/c/Users/username/Downloads ~/Downloadsln -s /mnt/c/Users/Public ~/Public などとして、WSLでよく使うWindowsのフォルダにシンボリックリンクを作っておく。
  4. シェルでよく使う基本の設定をする。

    1. ~/.bashrc に以下の内容を加えて、コマンド履歴の逆方向検索に Ctrl-S を使えるようにする。

      stty stop undef
      stty start undef
      
    2. ~/.bashrc に以下の内容を加えて、複数のシェルでコマンド履歴を共有するようにする。

      function share_history {
        history -a
        tac ~/.bash_history | awk '!a[$0]++' | tac > ~/.bash_history.tmp
        [ -f ~/.bash_history.tmp ] && mv ~/.bash_history{.tmp,} && history -c && history -r
      }
      PROMPT_COMMAND='share_history'
      shopt -u histappend
      export HISTSIZE=99999
      
    3. ~/.bashrc に以下の内容を加えて、よく使うエイリアスを使えるようにする。

      export LESS='--no-init --RAW-CONTROL-CHARS --LONG-PROMPT --shift 4'
      alias grep!='grep --color=always'
      alias jq!='jq --color-output'
      alias cd='pushd > /dev/null'
      
  5. SSHの秘密鍵を設置して、他のホストにSSHで接続できるようにする。 基本方針として、WSLのsshクライアントから直接秘密鍵を触らずに、PuTTYのPageantに鍵を読み込ませて、必ずweasel-pageant経由で利用することにする。

    1. C:\Users\username\.ssh/mnt/c/Users/username/.ssh)を作成し、旧環境からファイルをコピーする。
    2. PuTTYをインストールする。
    3. puttygen.exeで秘密鍵のid_rsaをインポートして、PuTTY形式の秘密鍵 id_rsa.ppk として保存する。
    4. Win-Rで shell:startup を実行してスタートアップフォルダを開き、pageant.exe のショートカットを作成する。
    5. pageant.exe を起動して、先の id_rsa.ppk を読み込ませる。
    6. weasel-pageantの最新リリース版バイナリをダウンロードし、展開したファイルを C:\Program Files (x86)\wsl-pageant に置く。
    7. マウントオプションで実行権限がつかないようにしているので、chmod +x /mnt/c/Program\ Files\ \(x86\)/weasel-pageant/weasel-pageant /mnt/c/Program\ Files\ \(x86\)/weasel-pageant/helper.exe で明示的に実行権限を設定する。
    8. echo 'eval $(/mnt/c/Program\ Files\ \(x86\)/weasel-pageant/weasel-pageant -r)' >> ~/.bashrc で、weasel-pageantを自動起動するようにする。(weasel-pageantにどのようなオプションを設定するべきかについては、必ず最新の解説を参照すること。)
    9. mkdir ~/.ssh; chmod 700 ~/.ssh で、設定ファイル等の置き場所を用意する。 ln -s /mnt/c/Users/username/.ssh ~/.ssh でシンボリックリンクとして作成してしまうと、次項の設定をしてもSSH接続を受け付けられなくなってしまう(~/.ssh のパーミッションを適切に設定できなくなる)ので、必ずここは普通のディレクトリとして作成しておく
    10. ほかのホストにログインできることを確認する。
  6. 他のホストからSSHで接続できるようにする。 常時使うわけではないが、必要な時はできるようにしておく。WSLのUbuntuにはopenssh-serverが最初から入っているので、後は必要な設定をするだけで使える。
    1. 前項で /mnt/c/Users/username/.ssh/ 以下に公開鍵等もコピーできているはずなので、/mnt/c/Users/username/.ssh/authorized_keys があるのであれば ~/.ssh/authorized_keys にコピーする。なければ、/mnt/c/Users/username/.ssh/id_rsa.pub~/.ssh/authorized_keys にコピーする。
    2. chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys として、パーミッションを適切に設定する。
    3. sudo service ssh start してsshdを起動する。
    4. ssh localhost でログインできることを確認する。
    5. Windows Defenderのファイアウォールの詳細設定で、「受信の規則」で以下の内容の規則を作成する。
      • 種類:ポート
      • プロトコル:TCP
      • ポート:22
      • プロファイル:「ドメイン」と「プライベート」だけ残して、「パブリック」はチェックを外す(怖いので)。
      • 名前:ssh
    6. 他のホストからログインできることを確認する。
    7. sudo service ssh stop してsshdを停止する。(以後は、必要な時にだけ起動する)
  7. pecoを使えるようにする。
    1. mkdir -p ~/local/bin で、ユーザー固有のバイナリ置き場を用意する。
    2. echo 'export PATH="~/local/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc してパスを通しておく。
    3. pecoの最新リリース版から適切なバイナリをダウンロードする(今回は peco_linux_amd64.tar.gz を使った)。
    4. unar peco_linux_amd64.tar.gz でファイルを展開する。
    5. 取り出されたファイル群に含まれる peco~/local/bin/ に移動し、chmod +x ~/local/bin/peck で実行権限を設定する。
    6. 私的によく使う設定のまとめをraw形式でダウンロードし、echo 'source ~/peco-commands.sh' >> ~/.bashrc で自動的に読み込むように設定する。
  8. bash-git-promptを使うようにする。

    1. cd ~/ して git clone https://github.com/magicmonty/bash-git-prompt.git ~/.bash-git-prompt --depth=1 で必要なファイルをローカルに用意する。
    2. 以下の内容を ~/.bashrc に追加して、機能を有効化する。

      GIT_PROMPT_ONLY_IN_REPO=1
      source ~/.bash-git-prompt/gitprompt.sh
      GIT_PROMPT_THEME=Single_line_Ubuntu
      
    3. 時刻表示の部分が余計なので、以下のように編集する。

      diff --git a/themes/Single_line_Ubuntu.bgptheme b/themes/Single_line_Ubuntu.bgptheme
      index 7dd3a4f..542b259 100644
      --- a/themes/Single_line_Ubuntu.bgptheme
      +++ b/themes/Single_line_Ubuntu.bgptheme
      @@ -15,7 +15,7 @@ override_git_prompt_colors() {
         GIT_PROMPT_COMMAND_OK="${Green}✔ "
         GIT_PROMPT_COMMAND_FAIL="${Red}✘ "
      
      
      -  GIT_PROMPT_START_USER="_LAST_COMMAND_INDICATOR_ ${White}${Time12a}${ResetColor} ${Cyan}${PathShort}${ResetColor}"
      -  GIT_PROMPT_END_USER="${ResetColor} $ "
      -  GIT_PROMPT_END_ROOT="${BoldRed} # "
      +  GIT_PROMPT_START_USER="${Cyan}${PathShort}${ResetColor}"
      +  GIT_PROMPT_END_USER="${ResetColor}\$ "
      +  GIT_PROMPT_END_ROOT="${BoldRed}# "
      
  9. sudo update-alternatives --config editor でデフォルトのエディタをvim.basicに切り替えておく。

ファイルの移行

ここまででWSL上のrsyncが使えるようになっているので、旧環境から rsync -a xxx.xxx.xxx.xxx:~/path/to/directory/ ~/Public/ みたいにしてパーミッションの情報込みでファイルを持ってこれる。 (シンボリックリンクまで勝手に辿らせると大変なことになりかねないので、シンボリックリンクの先は個別に辿るのがよい気がする。)

今回は移行元がハードウェア上にインストールされたUbuntuだったけれども、移行元がWindows 10マシンの場合も上記の要領であらかじめsshdを起動しておけば、同様にrsyncでファイルを持ってこれる。

Firefoxのビルド環境を整える

最近のMozillaBuildとmozilla-centralはよくできてて、だいたい一発で環境ができあがる。以下、前半は会社のブログに書いた手順の通り。

  1. MozillaBuildの最新版リリースをダウンロードし、インストールする。一般的にはc:\mozilla-buildにインストールする。
  2. C:\mozilla-sourceの位置にフォルダを作る。Firefoxのソースコード一式はこの配下に置く事になる。
  3. c:\mozilla-build\start-shell.batを実行して、MozillaBuildのシェル(Bash)を起動する。
  4. echo 'export PATH=$PATH:~/.cargo/bin' >> ~/.bash_profile を実行して、MozillaBuildのシェルを一旦終了し、c:\mozilla-build\start-shell.batで起動し直す。
  5. cd /c/mozilla-source して、 hg clone https://hg.mozilla.org/mozilla-central でmozilla-centralをcloneする。
  6. cd mozilla-central してリポジトリに入り、./mach bootstrap を実行する。これにより、Visual StudioやRustなどのビルドに必要なソフトウェア群が自動インストールされる。
  7. ./mach build して、ビルドできる事を確認する。
  8. ./mach run して、ビルドしたFirefoxを起動できる事を確認する。
  9. WSLとホームを共用してない関係でBashの設定が素のままなので、~/.bash_profileに以下を追記する。

    # Ctrl-Sで履歴を逆検索できるようにする
    stty stop undef
    stty start undef
    
    
    # MozillaBuildの環境にはtacが無いので、関数で代用する
    function tac {
      exec sed '1!G;h;$!d' ${@+"$@"}
    }
    
    
    # 複数のシェルで履歴を共有する
    function share_history {
      history -a
      tac ~/.bash_history | awk '!a[$0]++' | tac > ~/.bash_history.tmp
      [ -f ~/.bash_history.tmp ] && mv ~/.bash_history{.tmp,} && history -c && history -r
    }
    PROMPT_COMMAND='share_history'
    shopt -u histappend
    export HISTSIZE=99999
    
  10. Mozillaのサーバーに認証を求める時のユーザー名指定を省略できるようにするために、~/.ssh/configに以下を追記する。

    Host hg.mozilla.org
      User yuki@clear-code.com
    
  11. ssh hg.mozilla.org してみて、認証できるかを確認する。(シェルには入れないでそのまま接続が切れるが、それでOK。)

  12. tryserverを使うために、~/.hgrcに以下を追記する。

    [paths]
    try = ssh://hg.mozilla.org/try
    
  13. ./mach try empty で空のリクエストを送れるかどうか確認する。

  14. Phabricatorを使うための準備をする
  15. hg grepfileでワーキングコピーのファイルを対象に検索できるようにするために、hg-grepfileをインストールする。ただし2019年4月16日現在のバージョンは最新のMercurialで動かないため、修正のプルリクエストがマージされるまでの間は独自の修正版を使う必要がある。

タスクビューをすぐに出せるようにする(仮想デスクトップをすぐに切り替えられるようにする)

最近までWindows 10標準で仮想デスクトップ機能があるということを把握してませんでした。今回調べて初めて知りました。

Ubuntuではメインの作業画面とThunderbirdを使う(メールを読み書きする)画面とを分けていて、画面の端にカーソルでちょいっと触れると仮想デスクトップ切り替えの画面が出てくるようになってたんだけど、そういう事をできるようにするにはユーティリティが必要。タスクビューの切り替え画面を出すこと自体は、Windowsキー+Tabでできるので、任意のジェスチャでこのキー操作を代替すればよい。

マウスジェスチャーソフトの「MouseGestureL.ahk」でマウスホイールにWindows10の「タスクビュー」を割り当てる | PC ウェブログという記事を参考に、以下のようにした。

  1. MouseGestureL.ahkをダウンロードする。
  2. zipを展開してC:\Program Files配下あたりに適当に置く。
  3. Setup.vbsを実行する。
  4. インストールされて設定画面が開かれる。
  5. 「ジェスチャー」タブに切り替えて、以下のジェスチャーを追加する。
    • 名称:screen-edge
    • ジェスチャ-1:CRB_(画面右下角に接触)
    • ジェスチャー2:CLB_(画面左下角に接触)
  6. 「メイン」タブに切り替えて、「デフォルト」の割り当て済みジェスチャーをscreen-edge以外すべて削除する。
  7. screen-edgeのアクションスクリプトを以下の通りに書く。

    ;キー操作を発生させる
    Send, #{TAB down}{TAB up}
    
  8. 「その他」タブに切り替えて、「スタートアップに登録」で自動起動するようにする。

これで、画面の端に触れるだけで仮想デスクトップを切り替えられるようになる。

Selection Clipboard的なこと(文字列を選択するだけでコピー)を実現する……のは諦めた

Ubuntuではテキストを選択すると通常のクリップボードとは別の専用のバッファにテキストが格納されてミドルクリックで貼り付けるという動作になってた(これ自体はXの機能とのこと)んだけど、GNOME Terminal(端末)でコピー&ペーストのキーバインドが他のGUIアプリと違っていたこともあって自分でも驚くくらいに意外と多用していて、Windows環境でWSLを使っているとそのときの感覚が抜けなくてつい戸惑ってしまう。

代わりになりそうなものを探してみたらいくつか情報が見つかったんだけど、どれも今使うにはちょっと厳しい感じだった。

  • copipex:32bitアプリだからなのか、64bit版Firefoxや秀丸エディタでは反応してくれなかった。作者の方によると、64bit版作成の予定は無いとのこと。
  • True X-Mouse Gizmo:Xのマウス関連操作を再現することを意識しているらしく、Selection Clipboard以外の余計な機能が多くて辛い。特に、mouseoverでフォーカスを切り替える機能のせいでタスクバーがまともに使えなくなるのが致命的。
  • AutoCopyX:なんかWindows Defenderでマルウェア判定されるので怖い。

もうちょっと悪あがきしてみようと思って「Windows selection auto copy」という感じのキーワードで検索してみたら、AutoHotKey用のスクリプトの例が出てきた。自分は結局AutoHotKeyは入れずにMouseGestureL.ahkだけで使ってるんだけど、これの実態がほぼ同じ物のようで、MouseGestureL.ahkのインストール先にあるMG_User.ahkのユーザー定義サブルーチンの所に以下のスクリプトを追加してMouseGestureL.ahkを再起動したら普通に使えた。

ただ、Ubuntuの時と違って専用のバッファが使われる訳ではないから、選択→Ctrl-Cでコピー→貼り付けたい箇所にある邪魔なテキストを選択→Ctrl-V という事をしようとすると、貼り付け先の邪魔なテキストの方がクリップボードに入ってしまうという難点があった。なので解説を見ながら試行錯誤して、クリップボードとは別のバッファを持つようなスクリプトを作ってみた。MouseGestureL.ahk単体版ではなくAutoHotKeyの方を使う場合は、上記の内容をSelectionClipboard.ahkという名前で保存し、ファイル名を指定して実行→shell:startupで開かれるスタートアップフォルダの中に置けばいいみたい。

で、しばらく試してみてたんだけど、以下の問題をどうしても解決できなかった。

  • テキストが選択されてない状態でも左ボタンのドラッグやダブルクリックで常にCtrl-Cが送信されるので、Windowsのエラー音がその度に鳴ってうざい
  • WSLのウィンドウをタイトルバーのドラッグで移動したりリサイズしたりすると、Ctrl-Cが送信されてSIGINTになって実行中のプロセスが終了してしまう(致命的)

Ctrl-Cでクリップボードへのコピーを試行するのが元凶なので、それ無しで選択範囲のテキストを取得できる方法があればいいんだけど、それはエディットコントロールに対してのみ動作する関数しか用意されてなくて、オフィシャルのサンプルの時点で「標準のエディットコントロール以外でも使えるのはCtrl-Cを使う方法だ」と紹介されてるレベルだったので、AutoHotKeyの制限事項としてどうにもならないというのが結論のようです。残念。

Aero Shake(ウィンドウのタイトルバーを付かんで揺すると他のウィンドウが最小化される)を無効化する

これ機能として欲しくなることが無くてまず誤爆で困るばかりなんですけど?

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\AdvancedDisallowShakingというDWORDの値を作ってデータを1にすると、この機能が無効化されるそうです。

なんで自動化してないの

そんなに頻繁にやるわけじゃなくて、数年に1回やる程度なので、

  • そのためだけにPowerShell覚える気になれない。一生懸命覚えてもLinuxとかBSDとかmacOSとかで使えないし。→と思ってたら他のプラットフォームでも動かせるという指摘を頂きました
  • 数年に1回の実行ペースでは、下手に自動化してると、前回実行時から色々前提が変わっていて途中でこけてドツボにはまりそうで怖い(実際今回もweasel-pageantの推奨設定が以前調べた時と変わっていた)。

という風に思ってます。

毎月やるとか、まとめて10台くらいやるとか、そういう前提が出てきたら重い腰を上げてPowerShell覚えるかもしれないですね。

 

まだ後から書き足しそう。

ツリー型タブ バージョン3.0への道 - Mar 30, 2019

これはただの苦労話です。

2月末から3月末までをかけて、長らく懸案事項となっていたツリー型タブ(Tree Style Tab、TST)の大規模改修をやりました。具体的な変更の量としては、改修に取りかかる前の2.7.22からの差分 git diff 2.7.22 で約1MBありました。見た目は変えなかったのであまり代わり映えしませんし、挙動を決定づけるロジックもほぼそのままなのですが、それらが乗っかる基盤にあたる部分が入れ替わった感じです。

何を改修したのか、どういう成果があったのか、という事を説明するために、TSTのこれまでの歴史を振り返ってみます。WebExtensionsに移行した時の話ではあまり触れなかった、細かい実装の話が多めですが、誰の役に立つかは分かりません。

続きを表示する ...

SSDの残り寿命の計算 - Feb 12, 2019

今やHDDより頑丈な「SSDの寿命」と耐久性の凄さ | ちもろぐを読んで「TBW」という指標の存在を初めて知り、自分が今使っている機材の寿命を知りたくなったので計算してみた。

現行機材にはSSDが2つマウントされてる。1つはシステムとデータが両方入ってるSamsung SSD 930 EVO 500GBで、公称値は200TBW。もう1つは仮想マシン置き場にしているSamsung SSD 680 EVO 250GBで、公称値は150TBW。CrystalDiskInfoで総書き込み量と使用時間を調べて計算したら、前者はだいたい残り2年9ヵ月の命、後者は使用頻度が低いせいで残り654年の命と出た。後者はともかく前者は機材更新に備えておかないといけない……

メーカー公称値のTBWとCrystalDiskInfoで表示される数字からの計算が面倒だったので、フォームを埋めるだけで計算してくれるような物を用意してみました。

    Chrome Extensions Manifest V3とFirefoxアドオンの死(の可能性) - Feb 04, 2019

    1523784 - Set up analytics for https://extensionworkshop.com というbug(※bugzilla.mozilla.orgではシステム上でトラックされているタスクを一般的に「bug」と呼ぶ)でどうやら何かアドオン(拡張機能)作ってみましょう的なイベント?の準備が進められているらしいという事を、人から教えて頂いた。キャンペーンサイトの準備中バージョンらしき物を見てみると、絵が豊富で見た目とっつきやすそうな感じに仕上がってる印象で「ほほう」って思ったんだけど、アドオンの構造を図解してる部分でbackground script等の話が出てきてるのを見て、ちょっとキナ臭いというか不安というかそういう思いが頭をよぎった。

    というのも、FirefoxのWebExtensionsというのはGoogle Chromeの拡張機能の現行の仕様(Manifest V2)をベースに作られてるわけだけど、他ならぬGoogleがManifest V3でbackground scriptの廃止などのかなり大きな変更をしようとしている状況で、この内容で大々的にリリース打って大丈夫なのか? と。

    だって、このキャンペーンサイト(多分)の内容を素直に受け取ると「WebExtensionsのAPIを使ってアドオンを作ろう。他のブラウザにも移植しやすいよ。」というような話になってると思うんだけど、いやちょっと待ってくださいよ。Firefox向けにWebExtensionsでアドオン作っても、Google ChromeがManifest V3に移行しちゃったら、それ動かないじゃんすか。っていうかChromeがManifest V3に移行するってことは当たり前だけどChromiumもManifest V3になるってことで、ということは、Chromiumベースのブラウザも(各ベンダがどう思ってるかに関係なく、強制的に)全部Manifest V3に移行するってことじゃんすか。次期EdgeもOperaもVivaldiもKinzaもみんなManifest V3に行っちゃって、そしたらChromiumベースでないFirefoxだけ置いてけぼりじゃんすか。

    つまり、ChromeのManifest V3移行は、ちょっと前に騒がれてた「Chromeの拡張機能の大量死」という影響だけでなく、Firefoxにとっては「大多数の開発者にとっての、(Manifest V2互換の)WebExtensionsでFirefox用アドオンを作る意義の消失」という影響を及ぼすのではあるまいか? という事に、遅まきながら気付いたわけです。

    昨年のTokyo WebExtensions Meetupに参加されていた方が実装上困っておられた事について「Firefoxでは(Chromiumに無い独自拡張の)APIがあるから、Firefox向けにだけちょっと便利にするみたいなことはできるよ」的な話をしたら、「いやあ……Chromeで使えないんじゃ、その機能は使えないですね……」と敬遠された時に、改めて思い知ったのですよね。ああ、WebアプリやWebページを作る人達だけじゃなくて、ブラウザを拡張するという拡張機能を作る人達にとっても、いまや「ふつうはChrome」であって「Firefox対応はオマケに過ぎない」んだな、って事を……

    FirefoxのWebExtensionsはいまのところManifest V3に追従する予定はないみたいな話をどっかで又聞きした気がしてますが、いやいやそんな悠長なこと言うとれんやないですか。ツリー型タブを実装できなくなるからManifest V3に完全移行はしないで欲しいけど、Firefox一人だけ置いてけぼりを食らわないためには、オプションとしてでもManifest V3に対応は絶対しなきゃいけないじゃないですか。

    ほんとどうなるんだこれ。

     

    難しい事は脇に置いて、「アドオンを作る人」「ベンダが提供しているUIに気に入らないところがあってイラッてなったときに自分で手を動かして解決したい人」という立場から「こうだったらいいのに」という事を書き留めておきますと、

    • ブラウザ本体が提供するUIが気に食わない時に努力次第でゴッソリ置き換えられる余地は欲しい。(Tree Style TabやVimiumのような)
      • こういう物を実現するにあたっては、筋の良い設計にしようとするとどうしたって「永続的なバックグラウンドプロセスが全体を統括する」という設計になるので、それができる余地は欲しい。
      • 常時見える状態で画面上の領域を占有できる余地は欲しい。現状で言えばSidebar APIはその代表例。
      • この点で、「サイドバーみたいなものは不要」「拡張機能は原則として一時的に呼び出されすぐ終了する物であるべき」「UIの領域においそれと踏み込ませたくない」みたいな設計者達の思想が強く表れているGoogle Chrome、そしてそのChromeの設計に強く引きずられたあまり永続的なバックグラウンドプロセスまで廃止してしまう(と自分には読めた)Manifest V3は、自分が欲している物とはかけ離れている
    • サイトごとの権限と機能の権限は、確かに別々に記述できるべきだと思う。Manifest V2/現行WebExtensionsのpermissionsの書き方はあまりにダサイ
    • フィルタリングを宣言的に簡単に設定できることは、単純に良い事に思える。
    • 現行のwebRequestのような「クライアントサイドでリクエストやレスポンスの書き換えを任意に行える機能」は、新しい事をやる余地を残すために必要だと思う。
      • ただし、現状のようにシレッと他の権限と一緒に一言だけの注意書きで確認を求められる程度ではなく、「黄色と黒の縞々」みたいな禍々しい外観で激しく警告するような事は必要だと思うし、もっと細かく権限の段階を分けた方が良いと思う。
      • このページは拡張機能の何々によって内容が改変されています、みたいな警告をロケーションバーあたりに表示しておくというのもありかもしれない。
    • 総じて、自己責任で愚行権を行使できる余地は認められていて欲しい。警告も何も読まず、危険な物をホイホイインストールして、重くなったとか不安定になったとか言う、自分がやっている事の意味を自分で分からない・分かろうとしないような人のことまで手厚くケアする必要は無いんじゃないの? そういうのが欲しい人はApple製品を使うのが筋だと思う。技術屋が高級ブランド家電屋になろうというのが無理がある。

    という風な事を自分は思っています。

    Chrome Extensionsのマニフェストのバージョン3とアメリカの銃規制 - Jan 29, 2019

    ちょっと前に話題になったChromeの拡張機能のAPIの新バージョンの案の概要を把握するために、変更点のまとめの部分だけを読んでみた。全訳するのも大変なので、適宜つまみながら。


    動機

    APIや権限の仕組みに対して大規模な変更を行う物なので、マニフェストバージョンを3に上げる。拡張機能が実際に使用しているAPIや権限の中には、パフォーマンス、セキュリティ、プライバシー、および人間工学的な観点から、ユーザー体験を低下させている物が多数ある。新しいマニフェストバージョンではそういった負の影響を与える要素を一掃し、新しいAPIや機能だけを使えるようにする予定である。拡張機能の作者達に向け、移行を容易にするための明確な手順と、新基準に拡張機能を移行するに足る追加のインセンティブを用意するつもりである。

    • 目標: マニフェストV3では、安全・高速・プライバシーに配慮された拡張機能を容易に開発できるようにし、一方で、危険・低速・プライバシー情報の漏洩に繋がる拡張機能を開発しにくいようにする。拡張機能の品質を高め、ユーザーに積極的に勧めやすいような物にする。
    • セキュリティ: マニフェストV3に基づいて開発される拡張機能は、外部からの攻撃(その拡張機能を狙ってXSSを仕掛けてくるような悪意あるWebサイトなどからの攻撃)と、内部からの攻撃(悪意ある拡張機能)の両方に対して、より強力なセキュリティ機構を保証するのが望ましい。ユーザーは安心して拡張機能をインストールできることが望ましく、そのためには、その拡張機能が重大な損害をもたらし得ない事を保証する必要がある。その結果、自動および手動でのレビューをより容易にする。
    • プライバシー: ユーザーは拡張機能に対してより広範な制御権を持つことが望ましい。ユーザーは各拡張機能に対して、どの個人情報の使用を許可するかを制御できることが望ましい。
    • 性能: マニフェストV3に基づいて開発された拡張機能は、より高速になる事が望ましい。長時間動作するバックグラウンドプロセスは禁止されるべきである。APIは高速・効率的である事が保証されている必要があり、性能を劣化させるような誤った使い方がしにくいようなAPI設計となっていることが望ましい。

    変更の概要

    優先度1(最高)

    • バックグラウンドプロセスについては、イベントベースの永続的なバックグラウンドページから、Service Workersへ移行する
    • コンテンツのデータへのアクセスの制限については、activeTabスタイルの、実行時にのみアクセスが許可されるモデルへ移行する
    • リモートに置かれたコードについては、直接の実行を禁止する
    • クロスオリジンの通信は、コンテントスクリプトはWebページのスクリプトと同じルールに基づくこととして、拡張機能のページは過去にアクセスしたことがあるサイトに対してはクロスオリジンの通信を可能とする。
    • ホスト単位での権限の指定は、API自体の権限を列挙する permissions 配下でまとめて指定していたのを host_permissions に分離する。
    • PromiseベースのAPIとする

    優先度2(高い)

    • Webからアクセスできるリソースについては、拡張機能の実行コンテキストから切り離された安全な領域に登録されたリソースを、動的に生成されるURLで読み込む形とする。
    • 動的なコンテントスクリプトについては、それに特化した権限の仕組みを設ける。

    APIの変更

    • webRequest は、リソースの読み込みをブロックする使い方を制限する
    • 代わりに、読み込みブロックのための宣言型の新しい仕組みとして declarativeNetRequest を設ける。
    • ツールバーの動作とページでの動作は、browserActionpageAction を単一の action APIに統合する。
    • chrome://favicon に関する権限をchrome.favicon APIに移す。
    • tabs, pageCapture, tabCaptureおよび desktopCaptureを単一のcapture APIに集約する。
    • オープンなWeb標準で定義された機能はAPIからは削除する。
    • ServiceWorkerベースのAPIへの更新。特に、いわゆるメインスレッドとして走る処理のための物。
    • 公に非推奨・廃止予定とされていたAPIの廃止・削除
    • その他、性能や利便性、人間工学的な観点での細かい修正。

    以上、翻訳とメモの中間みたいな物でした。

    この中で特に webRequestdeclarativeNetRequest に関わる部分は、chromeの機能拡張の変更について | 280blockerで詳しく解説されている。

    コンテンツのデータへのアクセスについて、<all_urls>を廃止して、コンテンツに触れたければ必ずactiveTabの権限の範囲でできる事だけに制限するというのは、かなり息苦しくなるなあという感じがある。例えば複数選択されたタブのそれぞれについてコンテンツの内容を収集してきてクリップボードにコピーする、みたいな事はできなくなるという事だろうか?

    Promiseベースにするというのは、FirefoxのWebExtensionsが既にそうなっているし、ChromeのAPIをそのスタイルに合わせるためのPolyfillも既に広く使われているようなので、妥当だと思う。

     

    総じて、Chrome開発チームが思う所の「こうあるべき」という思想を前面に押し出した案だなと感じた。元々、Firefoxの拡張機能がXULとXPCOMでなんでもできたのに対して、無害そう・使用頻度が高そうなニーズに応える機能だけ取捨選択してChromeの拡張機能APIとしてまとめたのが、今からほぼ10年前。10年を経てさらに取捨選択を進めると同時に、新たに明らかになってきたリスクを改めて潰し直すというのが、マニフェストV3でやりたい事なんだろう。Googleのやり方を強硬的で独善的だと非難する向きもあるようだけど、それは今に始まった事じゃない「Googleの社風」なんだと思う。

    Googleが認めるやり方での広告ブロック以外は認められないという形に結果的になっているのは事実のようだけれど、巷で騒がれている「広告ブロックを禁止するための陰謀だ」みたいな見方は深読みしすぎだと思う。多分Googleの人達はそこまで考えてなくて、彼らはきっと、性能劣化がとにかく嫌で、それに繋がりうる物をなくしたら結果的にこうなった、という事なんだと僕は思ってる。やっかみ混じりで悪意に取ったとしても、せいぜい「は? 俺らが熟慮して『これで充分じゃん』って考えた物なんだから、これで完璧でしょ? 文句の付け所があるわけ?(キョトンとした顔で)」くらいの事なんじゃないかな。

    サイドバーAPIを頑なに付けないのも、要はそういう「は? そんなもんいらんやろ? ブラウザは最低限の機能だけでええやん、常時表示するカスタムUIなんて無駄なだけやん(キョトンとした顔で)」みたいな感じなんじゃないのかなと僕は認識してる。僕はツリー型タブを「脳内ワーキングメモリが極めて貧弱な自分でも、Webのブラウズ履歴を視覚的にその場に残して常に全体をざっと眺められるようにできれば、ワーキングメモリの小ささを補って人並みの仕事ができる」という使い方をしてるけれども、優秀なGoogleの人達は(※やっかみ)ワーキングメモリが広大で、そんな風にツールで補う必要がきっと無いから、それで必要性を認めないんだろう、と僕は思ってる。

     

    速度以外のセキュリティについても、セキュリティが担保されるなら利便性はどうでもいいというのが彼らの本音であるように思う。いや、セキュリティ第一であるべきというのは一般的にもちろん正しいし、一般ユーザー向けに「セキュリティより自由度を」なんて言ってる人がもしいたら、アホだとは思う。「よく分かってる人・開発者向けにだけ裏道を残しておけばいい」とは言っても、大抵の人は自分が何をしてるか分からないまま自分の足を撃ち抜きがちで、しかもその事に気付いてすらいないものだから、そういう「パワーユーザー向けにだけ解放」が絵空事でしかないというのも分かる。

    これって何かに似てるなと思ったら、あれだ、アメリカの銃規制に似てるんだ。アメリカは銃を所持する事が自分の自由を守る事とセットだという建国の精神だから、いくら安全のためとはいっても銃を完全に社会からなくそうとすると強い反発が起こる、っていう。

    銃乱射事件が起こる度に出てくる「全米ライフル協会『(被害者が)銃を持っていればこんな事件は防げた』」というジョークを見る度に「アホやなあ」と僕は思っていたけれど、それを笑っていた僕自身もまた、リスクに目を瞑って、危険な武器を自分が手にできる自由を声高に叫んでいた人の1人だったのだな、と。自分自身が「ただのユーザー」から「自分の使う道具を自分で作り替えられる開発者」にステップアップできる余地があったから(他にも理由はあったけど)、僕はMozillaを使っていたし、「Chromeと同じになってしまった」「Mozillaはアドオンを殺した」なんて言われた後の今でもSuccessor Tabs APIコンテキストメニューのコンテキストのオーバーライドのように「安全」とのバランスを取りながら自由度を増す事に寛容な姿勢が垣間見えていて、方向性としてはまだそういう自由度を尊重してくれているように思えるので、それで僕はFirefoxを使い続けてるんだな。自分が独り立ちできた事の根底にあった「建国の精神」とガッチリ結びついてるから、僕は自由度をなるべく捨てたくないんだな。ということを、Chromeの拡張機能マニフェストV3のいざこざを見ていて改めて意識させられた。

     

    そういう感じでなんかこうセンスというか目指すところが合わないので、僕は今後も当面Chromeに移ることは無いかなと思っているのでした。

    「じゃあサイドバーAPI付きのChromiumベースのブラウザならどうなんよ、Operaとか」っていう疑問も当然浮かぶわけだけれど、ベースになってる物の設計思想が決定的に自分とマッチしてない(と僕は思ってる)以上、その上に組み上げられた物も自分にはマッチしないんじゃないかなあという見方をしてしまうし、それにChromeチームの意向で梯子を外されてOperaも他のChromiumベースの製品もみんなおじゃんになっちゃいましたみたいな未来もあるんじゃないかくらいに悲観的に考えてるので、やっぱりその路線も無しというのが今の自分の考えです。

    Page 1/243: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

    Powered by blosxom 2.0 + starter kit
    Home

    カテゴリ一覧

    過去の記事

    1999.2~2005.8

    最近のつぶやき