Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 3/243: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

Firefox for Android用のアドオンを作った - Nov 08, 2013

Nexus 7を買って以降、Firefox for Androidをエンドユーザとして使うようになってそれなりに経つんだけど、布団の中でWebブラウズする時間がだんだん長くなってきて(病気で……とかじゃなくて、単にPCの前に座って作業するのが億劫になってきたという事です)、触る時間・頻度が増えてくると、色々細かい所で「イラッ」と来るようになってきた。

アドオンを作れば解決できるんだろうなあと思ってはいたんだけど、既に何十とリポジトリを作っていてメンテナンスしきれてない僕がまた新しく抱え込むのは世界に不幸を増やす事になるのではないか……と思って、「他の誰かがやってくれないかなあ」と淡い期待を抱きながら待ってたんだけど、僕の不満が解消されるような物が出てくる気配が一向になかったので、カッとなった勢いで2つほど作ってAMOに登録してみた。ああ、またつまらぬ物を作ってしまった……

Scrollbar Like Scroller(スクロールバー風スクロール)は、いくつかのAndroidアプリ(具体的にはJota Text Editorとか)で実装されていた「基本的にはパンスクロールだけど、必要に応じてスクロールバーも使える」的な挙動を実現する物。はい、どこからどう見てもパクリです。

ビューポートの大きさの解像度とタッチイベントの座標の解像度が違うという点でドツボに填って難儀したけど、タッチイベントの座標を現在のズーム率とかけ算した値がどうやらビューポートのサイズと同じ解像度になるようだったので、どうにかそれらしい動きを実現できた。

縦にクソ長い2chまとめだとかTogetterまとめだとかを見た後で最初の方までスクロールするのにパンスクロールのためのスワイプ操作で画面をひたすらこするのにウンザリしていて、このままじゃ画面か指が削れて無くなっちまうよ!!!という悩みはこれで解消されると思う。

Open Local File(ローカルファイルを開く)は、名前の通りで、なぜかAndroid版Firefoxに標準で付いてない「ローカルファイルを選択して開く」機能を加えるだけの物。一旦ダウンロードして保存したXPIファイルをファイルブラウザからFirefoxを指定して開こうと思ったら、関連付けでJota Text Editor固定になってしまっててどう頑張っても開けず、関連付けを設定し直すのもイヤだったので、作った。

nsIFilePickerでやってるんだけど、modeGetFolderが未実装だったり最後に開いたディレクトリを記録・反映できなかったりと、PC版と同じように作るのはやはり難しいのだなあ。という事を改めて思い知らされた感じです。

あと選択範囲のリンクをまとめて保存する機能なんかも欲しかったんだけどゼロから作るのはさすがに辛かったので、これはSave Link Menusを改造して作った。

デスクトップ版FirefoxとAndroid版FirefoxではAPIが違う部分が多いので(低レベルのAPIは共通でもUIに近い部分は全然違う)、まだまだおぼつかない感じだし、ちょっと凝ったことをやろうとするとドキュメントが無いというかつてのMozilla Application Suite時代のアドオン開発を想起させられる手探りっぷりだけど、必要になったらさっと作れるくらいにはなれるといいなあ。

大量肉リリース - Dec 29, 2012

リリースしてない状態が長く続いてる今このタイミングで12月29日、今年最後の肉の日ならこれは肉リリースにかこつけて溜まりに溜まってた物を一斉放出するいい機会だ……と思って、リリースできていなかった物をまとめて更新した。

最後にリリースしてから1年くらい経ってる物もあった。自分で使ってるのは常にmasterのHEADだから、リリースしなくちゃっていう圧力が働きにくくて、つい放置してしまう。それにしてもこれだけの数をまとめてというのは初めてなんじゃないかと思う。

ついでに、だいぶ前に実験的に作ってそれっきり放置していたSuspend Tabも、体裁を整えて一緒に公開した。類似アドオンが既にいくつもある激戦区にわざわざ突っ込んで行かんでも……というのはすごく思うけど、ツリー型タブと併用できる物が他に無いのでは仕方が無い。

1月には早々にFirefox 18が公開される予定になってたと思うし、それより前には公開しておかないと、また「動かないんだけど」の報告の嵐になるだろうなあ……という思いもあって、今を逃す手は無いなと。そういうわけで今年最後の肉リリースに踏み切った次第です。

RestartlessのE4Xレス化 - Dec 26, 2012

再起動の要らないアドオンをAdd-on SDK無しで開発するときの簡易的なテンプレートのような物として作っているRestartlessは、ツールバーボタンの定義や設定ダイアログの定義にE4Xを使う前提で設計してた。静的なXULファイルを別に用意しなくても、JavaScriptで書かれたロジックの中にリテラルとしてXULの定義を埋め込める、ということで重宝してたんだけど、E4Xのデフォルト無効化で完全にハシゴを外された形になってしまった。

E4Xを多用してた方々各方面悲喜こもごもあるようで、自力でスクリプトをパースしてCDATAマーク区間だけでも認識できるようにするとか色々なアプローチが試みられているようなのだけれども、僕はというと、面倒なのでE4Xはスッパリ諦める事にした。元はといえば、従来のやり方に近いやり方で再起動の要らないアドオンをラクに開発したいというのがRestartless開発の動機だったのだから、何か代わりの手段があるのであれば、E4Xにこだわる理由はなかったし。

まずE4Xで定義されたXULのコード片を受け取る部分についてだけど、これらは内部的にはXMLのソースコードの文字列に変換した後、RangeのcreateContextualFragmentでDOMDocumentFragmentにしてたので、インプットはただの文字列でも構わなかった。なのでToolbarItem.jsconfig.jsは以下の点だけ修正して終わりとした。

  • E4X無効の環境でもシンタックスエラーにならないように、E4X固有の書き方をなくした(具体的には、識別子としていきなり「*」が出てこないようにした)。
  • インプットが文字列の時は、それをそのままDOMDocumentFragmentにした後、ホワイトスペースだけのテキストノードをその都度削除するようにした(XBLの定義が手抜きなせいで、こういう場合に初期化エラーになるので)。

ツールバーボタンの定義は、手間だけど文字列リテラルに書き直すことにした(簡単なスクリプトでインデントも含めてそれっぽく置換した)。ちょよんごさんのnode-hereを移植することも考えたんだけど、単に改行込みのコード片を文字列として取得できるだけだと、E4Xの時みたいな「属性値やテキストノードの値にJSの変数の値を入れる」ということが簡単にはできなくて、そこの面倒さの方が気になったので、今回は見送ることにした。

ただ、設定ダイアログくらいの規模となると、一々文字列リテラルにしてたら埒があかないのでそこだけはなんとかしたかった。これについては、Firefox 8くらいから後のバージョンではchrome.manifestでcontentやlocaleのChrome URLを動的に登録・解除できるようになってるので、昔ながらのやり方に戻って静的なXULファイルで書くようにした

ロケールもこの要領でpropertiesファイルからDTDに書き直せばいいんだけど、Fox Splitterみたいにロケールの数が多いとそんなのやってらんないし、Fox Splitterの場合は設定ダイアログとブラウザ上のUIとで同じラベルを使い回したりしていて、どれをpropertiesファイルに残してどれをDTDにするのかとかを考えるのももう無理っぽかったので、逆転の発想で、属性値やテキストノードの値に{{ JavaScriptの文 }}という書き方を許容するようにして、XULドキュメントが開かれたときに自動的に解決するユーティリティを加えて、propertiesファイルをDTD代わりに使うことにしてみた。DOMContentLoadedのタイミングだと遅すぎるようだったので、今の所は待ち無しで実行してるけど、XBLの初期化タイミングが狂うリスクがあるので、将来的には問題が起こるかもしれない。(……と、ここまで書いて気付いたけど、node-hereを移植した上でこれと同じ記法を許容するようにすればよかったかなぁ。もう後の祭りだけど。)

Restartlessベースで作ってた各アドオン(親のタブに戻るFox Splitter、あと開発中で放置してた「Suspend Tab」)も更新済みで、masterベースのXPIはこの間から提供してる自動ビルドが既に利用できる状態になってる。Nightlyで使ってた人がもしいたら、これで動くようになってると思う。

……node-here.jsの移植はやらないでおくって書いたけど、結局やっぱり必要になってしまったので移植した。スタックトレースから列番号を取れないというGecko(SpiderMonkey?)の制限のため、1行の中に2個以上のhere()は書けない。

アドオンのナイトリービルドのようなものを置くようにした - Nov 24, 2012

リリースにまつわる諸々の作業が面倒くさくて、about:newtabには機能ができてすぐ対応したのに、リリースしてなかったせいで今頃「about:newtabを空のタブとして認識してくれないんだが」系の「不具合報告」が届くようになってきていて、他にも障害報告に対して「それmasterのHEADではもう直ってます」な場合が時々あって、あと時々「ナイトリービルドを提供してくれ」っていう声も見かけてはいたので、ちょっと頑張って/xul/xpi/nightly/でそれっぽい物を提供するようにしてみた。

  • 毎日定期的にリポジトリの変更をpullして、変更があったらXPIを作りなおしてアップロードする、ということを自動的にやってみてます。
  • 中身はmasterブランチのHEADをそのままパッケージングしただけの物で、typoで動かなくなってるような場合でもそのままアップロードしてしまうから、常用はお勧めしないでおきます。(とはいえ、この状態は僕自身の環境に極めて近いので、僕が常用しているアドオンについては、僕が不具合に遭遇し次第すぐに直すとは思いますが……)
  • 自動アップデートについては、リリース版とは別にこのナイトリービルド専用のupdate.rdfを提供するようにしてます。

どうやってるかというと、自宅にあるUbuntuマシン(NASも兼ねていて24時間動きっぱなしの自宅サーバ)上でcronjobを動かしているだけ。1点だけ工夫が必要だったのは、update.rdfに署名するという部分。update.rdfのデジタル署名にはMcCoyを使うんだけど、これだとcronjobとして自動実行させるのには都合が悪いので、MDNのページで紹介されてたMX-Toolsというのを使うようにした。

前提はこんな感じ。

  • アドオンのリポジトリはgitで管理している。
    • gitリポジトリには、パスワード無しの秘密鍵でSSH接続できる。もしくは、手元にリポジトリをパスワード無しでcloneしている(GitHubなら、httpsのURLを使ってcloneした場合がこれにあたる)。
    • すべてのリポジトリを、1つのディレクトリ(ベースディレクトリ)の中に、プロジェクト名と同じ名前のサブディレクトリでcloneしてある。
  • WWWサーバにはパスワード無しの秘密鍵でSSH接続できる。
  • RDFファイルの署名用にOpenSSLの鍵ペアを作成してある。
    • openssl genrsa -out keyfile.pem 1024
    • openssl rsa -in keyfile.pem -pubout -out keyfile.pub
    • 作成された秘密鍵・公開鍵はどちらもベースディレクトリ直下に置いてある。

特定の1つのアドオンについて「masterのHEADをpullして、変更があったらXPIにして、update.rdfを作って、アップロードする」というスクリプトは、試行錯誤の結果、こんな感じになった。

upload_nightly_xpi.sh:

#!/bin/bash

# MX-Tools等を同じディレクトリに置いているという前提で、
# このファイルのパスを基準にして、他のツールの位置を
# 指定するため、ディレクトリのフルパスを最初に得ておく。
tools_dir=$(cd $(dirname $0) && pwd)

remote_user=piro
remote_host=piro.sakura.ne.jp
remote_dist_dir=~/www/xul/xpi/nightly
actual_dist_dir=http://piro.sakura.ne.jp/xul/xpi/nightly

# ファイルの置き場所等はオプションで得る事にする。
while getopts ab:d:i: OPT
do
  case $OPT in
    # 変更が無くても強制的にアップロードする指定。テスト用。
    "a" ) always=1 ;;
    # keyfile.pem等を置いているディレクトリのパス。
    "b" ) base_dir="$OPTARG" ;;
    # リポジトリをcloneした先のディレクトリ。
    "d" ) project_dir="$OPTARG" ;;
    # SSH接続に使う秘密鍵のパス。
    "i" ) secret_key="$OPTARG" ;; 
  esac
done

if [ "$project_dir" = '' ]; then
  echo "no project directory specified"
  exit 1
fi

if [ "$base_dir" = '' ]; then
  echo "no base directory specified"
  exit 1
fi

if [ "$secret_key" = '' ]; then
  echo "no secret key specified"
  exit 1
fi

# sedのオプションの違いを吸収しておく。
case $(uname) in
  Darwin|*BSD|CYGWIN*) sed="sed -E" ;;
  *)                   sed="sed -r" ;;
esac

# pullした時のメッセージを見て、変更があったかどうかを調べる。
cd $project_dir
pull_result=$(git pull --rebase)
updated=$(if [ "$pull_result" != "Already up-to-date." -a \
               "$pull_result" != "Current branch master is up to date." ];\
          then echo "1"; fi)
if [ "$updated" = "1" -o "$always" = "1" ]; then
  package_name=$(cat $project_dir/Makefile | \
                 grep "PACKAGE_NAME" | \
                 head -n 1 | cut -d "=" -f 2 | \
                 $sed -e "s/\\s*//#")
  public_key=$(cat $base_dir/keyfile.pub | \
               grep -v -E "^--" \
               tr -d "\r" | tr -d "\n")

  # ナイトリービルド用として、install.rdfを書き換える。
  # バージョン番号の末尾に今日の日付を付ける。
  $sed -e "s/(em:version=\"[^\"]+)\\.[0-9]{10}/\\1/" \
       -i install.rdf
  $sed -e "s/(em:version=\"[^\"]+)/\\1.$(date +%Y%m%d)00.$(date +%H%M%S)/" \
       -i install.rdf
  update_rdf=${package_name}.update.rdf
  # 古いupdate.rdfが残っていたら消す。
  rm $update_rdf
  # update.rdfの参照先と、公開鍵を書き換える。
  $sed -e "s#/xul/update.rdf#/xul/xpi/nightly/updateinfo/${update_rdf}#" \
       -i install.rdf
  $sed -e "s#([^/]em:updateKey[=>\"]+)[^\"<]+#\\1${public_key}#" \
       -i install.rdf

  # 自動生成されたバージョン番号は、後で使うので控えておく。
  version=$(cat install.rdf | \
            grep "em:version" | head -n 1 | \
            $sed -e "s#[^\">]*[\">]([^\"<]+).*#\\1#")

  # ビルドした後、リポジトリの内容を元に戻しておく。
  # (次にpullする時に、未コミットの変更があるという
  # 警告が出ないようにする。)
  make
  git reset --hard

  file=$(ls *.xpi | grep -v "_noupdate" | head -n 1)
  # キャッシュが使われる事の無いように、
  # ユニークなダウンロード用URLにする。
  update_link=${actual_dist_dir}/${file}?version=${version}

  if [ "$file" != "" -a -f $file ]; then
    ssh_remote=${remote_user}@${remote_host}
    # 公開先のディレクトリを作っておく。
    ssh -i $secret_key ${ssh_remote} \
        mkdir -p ${remote_dist_dir}/updateinfo
    # XPIをアップロードする。
    scp -i $secret_key ./$file \
        ${ssh_remote}:${remote_dist_dir}/
    # XPIからupdate.rdfを自動生成し、それもアップロードする。
    $tools_dir/mxtools/uhura -o $update_rdf \
      -k $base_dir/keyfile.pem $file $update_link
    scp -i $secret_key ./$update_rdf \
        ${ssh_remote}:${remote_dist_dir}/updateinfo/
  fi
fi

exit 0

uhuraを使うには、依存パッケージを入れておく必要がある。

$ sudo apt-get install openssl unzip libexpat1-dev
$ cpan
(色々セットアップ。基本的には全部YesでOKだと思う。)
$ sudo cpan install  XML::Parser RDF::Core Digest::SHA1 Convert::ASN1

アドオン1つだけでテストしてみた。

$ ./upload_nightly_xpi.sh -b ~piro/xul \
                          -d ~piro/xul/autodisableime \
                          -i ~/.ssh/id_rsa.nopassword \
                          -a

これでうまく動くことを確認できたので、複数リポジトリを全部処理するスクリプトを作って、そちらをcronで走らせるようにした。

upload_nightly_xpis.sh

#!/bin/bash

tools_dir=$(cd $(dirname $0) && pwd)

# 鍵の指定などを丸ごと引き渡すようにしたいので、
# このスクリプト自身では使わないオプションについても
# 受け付けるようにしてる。
while getopts ab:d:i: OPT
do
  case $OPT in
    "b" ) base_dir="$OPTARG" ;;
  esac
done

if [ "$base_dir" = '' ]; then
  echo "no base directory specified"
  exit 1
fi

cd $base_dir
for dirname in *
do
  if [ -d $dirname ]; then
    ${tools_dir}/upload_nightly_xpi.sh -d $base_dir/$dirname "$@"
  fi
done

で、これを日に2回動かすよう、crontabに 0 7,19 * * * upload_nightly_xpis.sh -b ~piro/xul -i ~/.ssh/id_rsa.nopassword とかいう感じで書いてる。

仮想マシンでも何でもいいけど、Linuxな環境があると自動化がはかどるな……と思いました(手前味噌)。

2012年11月26日追記:スクリプトにミスがあってinstall.rdfに埋め込む公開鍵が置き換わっていなかったので修正した。

Tabs Outlinerとツリー型タブ - Sep 21, 2012

Tabs OutlinerというGoogle Chrome/Chromium用拡張機能がある。説明をよく読むと、Firefoxでツリー型タブを使っていた人が、Google Chromeに乗り換えるにあたって作った物らしい。

以前試した時は、リンクからタブを開いてもツリーが構築されないというのが「えっ」という感じであんまりよく試さないでアンインストールしちゃったんだけど、今日なんとなくまたインストールしてオプションを開いてみたら「Tree Style Tabs」ってチェックボックスがあって、そこに書いてあった説明を見たら「これONにしたら自動でツリーになるようになる」的な感じっぽかったので試してみたら確かにリンクから開いたタブが勝手に子タブになってくれた。

ということで、ツリー型タブにロックインされてしまってるせいでFirefoxからGoogle Chromeに乗り換えられないという人(時々そういう話を目にするのです)にとってこれはマジに救世主になるかもしれないなと思ってもうちょっとだけ試してみてた。タブの切り替えがダブルクリックじゃないとだめだったり、他の拡張機能との連携はさすがにできないっぽかったり、Google Chrome本体のメニューから終了したらツリー構造が保存されなかったりで、僕自身が乗り換える先としては厳しいなあ……とは感じたけど、そういう所が気にならない人なら、普通に使えるんだと思う。

そんな「Tree Style Tabs」モードなんだけど、チェックボックスの下にすごく長い注意書きが付いてた。僕が読み取れた大意としては、「そういう要望がものっそ沢山寄せられるから機能を付けてるけど、自分(作者)はこのモードはお薦めしない。試してみてもいいけど、このモードだけで使うんじゃなくて、このモードをOFFにしたTabs Outliner本来の状態でも是非使ってみて欲しい。」ということが書いてあるようだった。同様のことがTabs Outlinerの配布ページにも書いてあって、作者の人によると、ツリー表示は情報の一覧性が悪くて、フラットなタブのリストの方が可読性が高いぞ、と。ツリー、ずいぶん嫌われたもんですね……

この見解の違いは、タブとタブのツリーという物をその人がどう捉えているのか? という所から生じているのだと思う。

僕にとって、タブのツリーは(生存期間は短いけれども)ある情報を起点にしてあちこちさまよい歩いた足跡そのものであって、どのページからどのタブへ辿り着いたのかが視覚化されているということが非常に重要だ。僕はその関係性を目で追って「分かれ道になったノードはどれだったっけ」と探している(ちなみに、この時見ているのは主にfaviconと情報化タブが提供するサムネイルで、タブのラベル文字列は注視していない)。1階層のグループ化しかできないPanoramaだけでは不十分なのは、「新しいタブを開いて分かれ道になったノードがどれだったか」という情報が欠落してしまうからだ。

そのくらい憶えておけよって言われるだろうけど、僕はほんとに頭が悪いというか物覚えが悪いというかバカなので、「そのくらい」がもう悲しいくらい絶望的なほどに覚えられない。覚えられないから、そのまま視覚化して置いておく。僕にとってタブのツリーは、脳に収まりきらない情報を置いておく外部記憶になっていると言える。メインメモリの中に情報が乗り切らなくて、画面の中にしか置いておけないのだから、多少アクセス速度が遅いとしても、そこに置いてある情報を毎回取りに行く。そういう使い方をしていると思う。

でも、「そのくらい」を覚えるのが苦にならない人にとっては、オーバーヘッドが大きすぎてまどろっこしいのかもしれない。タブ同士の関係はこぼれることなくメインメモリの上に載りきっているから、わざわざ画面の中にまで同じ情報を残しておく必要性が無い。そういうことなんじゃあないだろうか、と思う。

極端なことを言えば、ツリー型タブというのは脳味噌の性能が極めて低い障碍者がフツーの人に後れを取らないように、フツーの人に合わせて作られた社会の中で日常生活を送るために不足分を補うために使う、義肢とか車椅子とかそういう物に相当するのかもしれない。電動車椅子に乗れば確かに誰でもラクに移動できるけど、自分の足で立って歩ける人は、車椅子を降りて歩いた方が自由にもっといろんな所に行ける。また、電動車椅子に慣れきってしまうと、脚がひなびて自力で立てなくなってしまうかもしれない。使わなくても生きていけるなら、使わない方が健康でいられるのかもしれない。ツリー型タブという物については。

Mozilla勉強会@東京 7th 発表資料を公開しました - Aug 19, 2012

Mozilla勉強会@東京 7thでの発表資料やサンプル実装を公開しました

発表時は準備不足のため時間の配分に失敗し、満足な説明を行えませんでした。すみません。発表時に喋ろうと思っていた内容のメモも併せて公開していますので、そちらもご覧頂ければと思います。

続きを表示する ...

The priority policy of my addon projects - May 10, 2012

In recent days, I discussed on the issue about scrolling of the vertical tab bar. It made the priority policy about my addon projects clear, again. So, let's sum up them.

  • I assign the highest priority to issues I actually annoyed. Most projects were started because I wanted to use such addons. This is the main motivation to continue developing for me. In other words, when I suffer from a bug in my daily use, I'll fix it prior to other bugs, even if the mine is just trivial and the yours is very serious. After that, if I have time good enough, I'll research and fix your issues. If I've never used the feature (and I never use it in the future), then there is extremely low feasibility rating.
  • I'm negative about adding new features (especially digressive features) to existing addons. Because I currently have no plan to switch to other browsers (Google Chrome, etc.), I want to keep codes easy to follow up to future releases of Firefox. Even if the new feature looks simple, it can cost much time for maintenance in the future chronically. Long term sustainability is prior to short term convenience, for my projects. I'll reject requests which can lose maintainability or independency of the project, even if it is very useful feature, fixing serious bug, and so on.
  • I think that any addon shouldn't break features of Firefox itself without any apparent reason. For example, because the tab bar is automatically hidden in the full-screen mode (F11 key) by default, the vertical tab bar also should be done. If my addon breaks Firefox's default behavior unexpectedly, then I'll make effort on fixing it. However, if the issue is not introduced by my addon, then I often step back from it.

Because currently I have less time to develop addons, I have to apply these policies strictly. Actually, in recent days, I spend just a few days of my time per a month for my private development. Sadly I have to keep many requests pending.

However, codes of my addons are licensed under open source licenses. For example, Tree Style Tab is licensed under GPL/LGPL/MPL. You can fork, develop, or re-distribute any project based on my codes, by your hand. Your version can be better alternative for people who suffered from the issue ignored by me. (And, if it is enough reasonable, I possibly merge your changes to my repository.)

Fox Splitterを更新した - Apr 23, 2012

バージョン0.6系(旧版)2.x系(現行バージョン)の両方とも更新した。

バージョン0.6系の方は、前に書いた2.x系への自動アップデート機能の追加だけで、他は何もいじってない。AMOからインストールした人が2.x系に自動アップデートされないという問題への対処のためだけに作ったバージョンなので、AMOにしかアップロードしてない。基本的にこっちはもう終了したバージョンということでよろしく。

2.x系の方は、最近になってUbuntu上でヘビーに常用し始めるようになって色々気付いた問題を修正したのと、僕の使い方で「ああこういう機能欲しいやばい(ないとめんどい)」と思った機能を追加した。

修正の方で特に大きいのは、「グループ化されたウィンドウの1つを移動した後に他のウィンドウをそれに併せて移動する」という部分の改善だと思う。

GNOME2のワークスペース切り替えの時はそこまで酷いことになってなかったんだけど、Ubuntu 11.10にアップデートして3×3のワークスペースを使うようにし始めた(これ多分GNOME3の機能ですよね?)ところ、全く使い物にならないレベルでグループの配置が壊れるようになってしまった。GNOMEのワークスペース切り替えは、少なくともFirefoxの中から見た時には、各ウィンドウの座標を固定してビューポートの方だけを移動させるんじゃなくて、ビューポートの座標の方を固定して全部のウィンドウの座標をぐりぐり動かしているように検知されている。なので、ワークスペース切り替えの時に全部のウィンドウのscreenX/screenYの値が変わってしまう。それで、それぞれのウィンドウがてんでバラバラに「グループの中のウィンドウが1個動かされたから他のウィンドウも再配置しよう」という事を始めてしまってシッチャカメッチャカになっていた。

「グループ化されたウィンドウ全部が相対座標を保ったまま一度に移動されたので、再配置の必要なし」とかの判断をちゃんとするようにすればよかったんだけど、僕の頭で思いつくやり方だとどーにもうまくいかんかったので、諦めて安全確実だけどちょっと重い方法でウィンドウの移動→グループ全体の再配置を行うようにした。普通にウィンドウをドラッグで移動した時とかのレスポンスは悪くなったんじゃないかと思うけど、背に腹は代えられない。

新機能は、「グループ化されたウィンドウの1つでPanoramaを使った時に、グループ全体の大きさまでそのウィンドウを一時的に広げる」という機能が元々あったのを、Panoramaの時以外にも使えるようにした(ついでに、詰めが甘かった所を色々直した)という物。何でこういう物が欲しかったかというと、

  1. 僕は今Ubuntuのワークスペースの1つをFox Splitterで3分割したFirefoxのウィンドウ専用に割り当てている。
  2. 分割後のそれぞれのウィンドウには、別々のプロジェクトのRedmineのチケット一覧を表示している。
  3. それぞれのプロジェクトでチケットを追加する時は、その分割されたウィンドウの中でやっている。
  4. Redmineはある程度の大きさのウィンドウで表示される前提でレイアウトが組まれているので、狭いウィンドウの中では非常に使いにくい。
  5. なので、チケットを書いたり詳細を読んだりするときだけそのウィンドウを大きくして、終わったら元の大きさに戻す(そうしないと他のウィンドウのRedmineが見えないから)という事をよくやっていた。

という使い方をしていて、いいかげんいちいち自分でリサイズするのが面倒になったから。

今のFox Splitterは、全体を管理する大きなウィンドウのような実体が無い状態で各ウィンドウをあたかも1つのグループの下に属しているかのように協調して動作させる、ということをやっていて、作ってる側の自分としては、頭を抱える部分も多いけれども「元々Firefoxにある物だけを駆使してどこまでできるか?」ということを追及するある種の挑戦というかパズルに挑んでいるような感覚もあって、そういうことを効率よくやるためには結局2分木でやるのが安全確実なんだなあとか色々と気付かされた所があって、ノウハウ的にも自分のやってきたことの集大成になってるんだけど、エンドユーザとしての使い勝手は多分旧版のFox Splitterに比べると劣化してると受け取られることの方が多そうで、報われないことに一生懸命になってるなー感が自分である。

とはいっても、自分で使う分にはとりあえずこれだけ動いてくれれば十分だし、旧版の設計で今後もずっと自分でメンテナンスし続けるのは絶対に無理だし、もっといいやり方が見つかるまでは、この路線を変えることは多分無いと思う。

Ez Sidebarを数年ぶりに更新した - Apr 07, 2012

とかなんとか発言した舌の根も乾かないうちにEz Sidebar 4.0.2012040701を公開した。実験的にやってみたら案外あっさりできたので、その勢いで完成まで一気に。実質的にほぼ0からのスクラッチで、基本設計が全く別物になっていてコードの共有部分はほとんど無い。

旧版ではサイドバー用のウィンドウを物理的に(DOMツリー的に)別ウィンドウとして開いていて、パネル内のスクリプトに対してどうやってブラウザウィンドウの中にあるように見せるかという所が技術的な鍵だった。例えばwindow.parent.gBrowserにアクセスされたら、最も手前にあるブラウザウィンドウを探してきてそのgBrowserを返す、みたいな感じで。そういう強引なことをやってたから、つくづく、よくあんなんで動いてたなという感じだ。

今回の再実装では、根本的な考え方は至極単純で、ウィンドウの内容が初期化されるタイミングで<panel>の中にサイドバーのボックスを丸ごと移動して、以後はその<panel>を「別ウィンドウに切り離されたサイドバー」として表示している。これだとサイドバーは相変わらず元のウィンドウのDOMツリーの中に存在しているから、パネル内のスクリプトから見た時に普通に親のフレームとしてFirefoxのウィンドウにアクセスできるし、Firefoxのウィンドウの側からもパネルの内容を普通にサブフレームとして認識できる。Firefoxのウィンドウが複数ある時は最前面のウィンドウの<panel>だけを表示しておき、ウィンドウが切り替わったタイミングで同じ位置・同じ大きさに<panel>を表示する、という事をやってるので、見た目的には1つの<panel>が個々のFirefoxのウィンドウとは独立して存在しているように見えなくもない。他にも、ドラッグ操作での移動とかリサイズとか、ただの<panel>をウィンドウっぽく動かすために細かい所で違和感が出ないように色々やってる。

何故旧版では<panel>を使わなかったのかというと、やりたくてもやれなかったんですよ。サイドバーは一種のインラインフレームなんだけど、確か昔は<panel>の中にインラインフレームを置くとまともに動作しなかったと思う。そういう細かい技術的な障壁が当時は色々あって、Ez Sidebarのような事をどうしてもやりたいとなると、旧版のようにダーティなハックをたくさん仕込まないといけなかった。それが今では、「こう書いたらこう動いて欲しいよね」という書き方をすればだいたいフツーに動いてくれるわけですよ。隔世の感だ。

あと、バージョン3.2(1つ前のバージョン)にあった機能を全部引き継いでるわけではなくて、というかサイドバーをメインウィンドウから切り離して表示する機能以外は全部バッサリ切り捨てた。All-in-One Sidebarのような有名所のアドオンが既にそういう機能を持ってるみたいだから、わざわざ同じ機能を作らなくても、そっち使えばいいじゃんという話です。Ez Sidebarは、他のアドオンが提供してくれない機能だけに絞って提供した方が意義があるはず……と思って。

過去にこのアドオンの名前を「Sidebar Window」から「Ez Sidebar」に変えたのは、サイドバーの切り離し以外の機能も色々付けたからだったんだけど、今回のリリースで機能的には最初の物より低機能な所に逆戻りしてしまった。皮肉な結果だ。

Fox SplitterのせいでユーザのFirefox 3.6からの移行が進まないって言われた件 - Apr 02, 2012

Linuxでwmctrlを使うようにしたバージョンのFox Splitterを今日付で公開した。

なんだかんだで最近腰が重いんだけどその重い腰を上げてリリースのための作業をやろうと思った背景の1つには、Mozillaの中の人からメールで表題の件について連絡があったからだ。既知のバグがあってmasterでは直ってるのにリリースされていない、という状況ではそのメールに返信するのが憚られる……と思って、慌てて細かい所を直してリリースしたというわけ。これも罪悪感駆動開発な気がする。

Fox Splitterのユーザが古いバージョンを使い続けている最大の理由は、AMOでFox Splitter 0.xから2.0への自動アップデートが行われないからじゃないかと思ってる。諸々の事情でFox Splitter 2.0では旧版からアドオンのIDを変えないといけなかったので、AMOのサイト上ではFox Splitter 2.0と0.xが別々のアドオンとして登録されてて、Fox Splitter 0.xのユーザにはFox Splitter 2.0が自動アップデート経由で提供されない。2.0への移行は、完全にユーザの自由意志に任せざるを得ないという事になっている。使い勝手がどうとか以前に、勝手にアップデートが下りてくるかこないかがネックになってるっていう予想だ。

強権的手段として、「単にFox Splitter 2.0を自動的にインストールして、その後Fox Splitter 0.xを削除する」というだけの内容のアドオンをFox Splitter 0.x最新版としてアップロードすれば、Fox Splitter 0.xから2.0への移行を強制することはできるけど……2.0の方には否定的なレビューが多く付いていて評価も低い(旧版は星2つ以下は15%なのに対し、新版は星2つ以下が57%……まあ母数が圧倒的に少ないから統計的にはあんまり意味がないかもなんだけど)という現状を見ると、そこまでやっちゃっていいっていう自信をまだ持てずにいる。

4月4日追記。Mozillaの中の人から「ちょうどそういう(Fox Splitter 0.x系の新バージョンとして、Fox Splitter 2への自動アップデート機能を含んだ物をリリースするという)方法について提案しようと思ってた所だった」的なレスポンスがあったので、春の嵐で早退したのをいいことに頑張って書いてみたんだけど、死ぬほどめんどかった。

Page 3/243: « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき