Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 228/241: « 224 225 226 227 228 229 230 231 232 »

女子が女子とお出かけして「○○ちゃんとデート」と言うこと - Sep 26, 2005

女同士でお出かけしたのを「デート」と言うことがなんか取り沙汰されてるみたいなんですが。

僕もともさん(♂)と二人きりで出かけた時に「デート」と書いたわけだが……僕にとってはこれは自虐ネタ。「おまいは女とデートする機会もねーのかよプギャーッ」みたいな。

まあ、これがネタとして成立するのは、ともさんが素敵イケメン男子だからに他ならないワケなのですが。(……ってことは僕が女役か?!)

ちなみに、同じく素敵イケメンな哀さん(♂)とデェートした時にともさんに「今哀つんとデートちうv」とメールしたら、「デート中に他の男とメールするなんてサイテー!」と返されました。向こうの方が上手(うわて)だった……

「避モテ」の読み方とはてなキーワードとコンセンサス - Sep 26, 2005

「避モテ」の読みは「ひもて」が妥当じゃないのかおよび「避モテ」の読みを「さけもて」にした理由より。

単に、全く誰からも恋愛対象として見られない・愛されない状態を「非モテ」と言うのに対し、そこまで世の中が俺に冷たくするんだったら俺はむしろもう恋愛とかどうでもいい・モテたくなんかない、キモがるやつは上等だ、徹底的に戦ってやる、という立場を選択的に取ることを「避モテ」と呼ぶ、という流れが非モテの話題においてできつつあるようなのだけれども、この「避モテ」をどう読んだらいいのさという話。「はてなキーワード」で「避モテ」がキーワード化されるにあたって表面化した問題だ。

金子氏は「モテから発生した言葉で、ある種の洒落でもあるから、モテと読むのが正しい」という主張。対して 加野瀬氏は、「市立いちりつ私立わたくしりつのように、発音時に判別をしやすくするためにも、敢えてさけモテと読むべきである」という主張。

僕は言葉の意味とかそういったことには保守的(自然発生的に使われだした言葉・用法に対して、これが本当の意味だ! と積極的に定義していくことには否定的だけれども、コンセンサスを得られてきているのならば、それを追認するのが妥当であろう、という意味での)な人間なので、金子氏と同意見なのだけれども、実用性のことを考えた加野瀬氏の提案にも納得はできる。

ただ、本当の問題は、その新しい読み方はコンセンサスを得られているのか? 提案レベルのものをキーワード化するのが望ましいことなのか? ということだと僕は思う。

続きを表示する ...

TBEでリンクをクリックしたときの挙動を制御できなくなっている問題の解決の糸口 - Sep 25, 2005

テストケースを見る限り、HTMLの属性としてイベントハンドラを定義しているケースについては対処可能のようだが、JavaScriptでイベントハンドラを追加している場合については対処不可能だ。

やっぱリ手詰まり。

――マニフェストファイルをいじって、セキュリティの制限を緩くするようにした。僕が把握してる範囲では、攻撃可能な穴はなさげだけれども、穴ってのは大抵、予想もしてないところから見つかるからなあ……まあその時にはその時だ。

Google ToolbarとPopup ALT Attributesのコンフリクト - Sep 25, 2005

冗談じゃないっすよ。これを以て「Piroの作る物はやっぱ穴だらけだな」とか言われるだなんて。実装見たら明らかじゃないすか。今回の問題はどー見たってGoogle Toolbarの横暴が原因ですよ。

Google Toolbarの野郎、こともあろうにイベントハンドラそのものを上書きしくさりやがってる。こちとら可能な限り元のコードに影響を与えない方法を考えてあれこれ対策してるってえのに、そんな配慮のカケラもない。そんなの知ったこっちゃないね、俺様は天下のGoogle様なんだからFirefoxのコードを引っかき回したって許されるんだぜ、そんな驕りが窺い知れるってもんですよ。

ああムカツク。

――と、よく調べずにキレてたんだけど、どうも違う原因っぽい?

――ちゃんと調べてみたら、やっぱりGoogle Toolbarが悪者だということがはっきり分かった。

続きを表示する ...

経験主義 - Sep 25, 2005

明治セックル維新 新政府御性文帖番外編Ⅱ 経験主義の陥穽 - 過下郎日記モテてから云え - 赤子ピューレ

モテたこともないくせに「別にモテたくない」って云ってるひとを見ると
いや、まあいいからまずモテてみてから云おうな、っておもっちゃうのね。

世界中から嫌われたこともないくせに「まずモテてみろ」って云ってるひとを見ると
いや、まあいいからまず世界中から嫌われてみてから云おうな、っておもっちゃうのね。

ということで、同じ論法で批判可能な矛盾した物言いだけは避けるようにしたいものですね、と。きっと本人はその矛盾に気付いてないんでしょう。

要点は以下の通り。

  • 人間は、想像に基づいて話をすることができる。
  • 日本人は、実体験に基づいて話すことも、想像に基づいて話すことも、自由である。この自由は表現の自由として憲法21条でも保障されている。
  • 「経験したこと無い奴は語るな、黙ってろ」は不当に自由を奪う言論封殺である。
  • ただ、実体験に基づいて話すことと想像に基づいて話すこととでは、説得力が違って当たり前である。

「表現の自由」っていうと、それを以て「尊敬される」とか「説得する」とかそういったことまで保障されてるように考える人がもしかしたらいるのかも知れないけど、それは違うんだよね。エロゲーを題材にセックスのことを語ってみたりなんてことをするのは確かに「自由」だけれども、その結果キモがられるのは当然の「リスク」なんだ。ただ、憲法は、僕らがこういうキモい言動をすることの自由を保障しているだけであって、キモがられないことまでは保障していない。逆の視点から言えば、僕のことをキモいと思うこと自体は、これまた憲法19条「思想の自由」で保障されているのだ。キモいと言うことも「自由」だし、その結果僕にケンカをふっかけられたとしても、それも当然の「リスク」だ。

自分は批判するけど相手による批判は許さないという絶対安全圏を作ろうとするのは、自由というものを勘違いしている。という話。

TBEでタブグループの親になっているタブを閉じられないことがある問題 - Sep 25, 2005

調べていて気付いたけど、これは、子タブについての扱いが、コードを書いた時期によって変わってしまっていることが原因だった。ある時期には「タブの要素ノードの配列」、またある時期には「タブのID文字列の配列」、またあるときは「タブのID文字列の配列をパイプ("|")で連結したもの」と、もー、バラバラ。

JavaScriptは型チェックのない言語なので、こういうことがよく起こる。コーディング時に意識を高く保つ必要があるのが、JavaScriptの欠点といえば欠点ですな。

あの鐘を鳴らすのはあなた - Sep 25, 2005

ジョージアのCMでサンボマスターが歌ってる、和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」。サンボマスター公式サイトによると11月2日発売のマキシの2曲目に入るそうな。

買おうかな……

性行為はコミュニケーションたり得るかを、エロゲーを題材にして童貞が論じてみる - Sep 25, 2005

これが現実4 - 喪男道のコメント欄に

しかし、セックスが「コミュニケーションの一手段」っていうのがはなはだ怪訝です。セックスでどうやってコミュニケーションするんだろう?
仮にコミュニケーションの手段であるとしても、それならどうして「セックスだけが目的な関係」ってのが発生するのかしら…?
わざわざ文中で「セックスだけを目的とした関係は切る」って決断しておられますが。

コミュニケーションってのは何か疎通したいものがあるから行うもので、伝達事項のないコミュニケーションなんてそもそも成立しないのですが…。

とあったのを見て、思ったこと。

童貞ヲタの僕が妄想するぶんには、セックスはコミュニケーションたり得ると思っている。そして、それを通じて伝達するのは、自分自身・相手自身そのものだと思っている。否、そう願っている。

この考えは、僕のエロゲーやらエロマンガやらの好みの方向性を自己分析して辿り着いたものだ。

ということで今日はちょっとエロについてアツく語りクレちゃいますよ。18歳未満の方はさようならですよ。

続きを表示する ...

- Sep 24, 2005

酒っていいなあ。「食っても飲んでもヌイてもこのストレスは解消されない」と思ってたけど、いやあ、飲んだら一発でなんかもー何もかもがどうでも良くなってしまった。これさえあればもう何もいらないや。うん。

……アル中因子を持った男がここにいますよ!

後悔の日々 - Sep 24, 2005

何が悔しいって、自分ができることってこれだけしかないと思っていながら、しかしこんなもの金になるはずがないと思っていて、自分ができなかったこと、なんだかんだと理屈をこねまわして「やらない方がいいだろう」と自分で自分を説得したことを、成功したか失敗したかどうかは知らんけどとにかく形にしてしまった人がいること。

煮え湯を飲まされるって、こういう感じ。

Page 228/241: « 224 225 226 227 228 229 230 231 232 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき