Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 75/241: « 71 72 73 74 75 76 77 78 79 »

ケンカとか仲直りとか - Aug 10, 2008

lovalottaさんと哀さんてある意味似てるなと思った。ある意味じゃなくていろんな意味でかもしれない。

人を嫌いに - Aug 09, 2008

Twitter / i / Hiro Kanai: 人を嫌いになれれば楽だな。人を幸せにしたいとか、人と幸...

人を嫌いになりたい、と思ったことは過去にあったかもしれないけれども、それは多分あったとしても「人を嫌ってる自分カコイイ!」みたいな中二病に過ぎなかったんだろうなと思う。

本気で人を嫌うってことは、本気で他人からも嫌われるってことじゃないかと思う。

いや、自分が嫌ってなくても相手に本気で嫌われてるってことは多分あるんだけど、そうじゃなくて、なんていうか、こう……痛みを肌で感じるようになるっていうか。自分が悪意を持って他人を傷付けて初めて、自分に対して攻撃してくる人がどれだけの悪意や憎しみを込めてそうしているのかが実感できるんじゃないだろうか、「ああ自分があの時ああいう風に思ったのと同じようなことを、この人は今自分に対して思っているんだ」と理解するようになるんじゃないだろうか、と。逆に、自分が悪意を持って他人を傷付けていなければ、他人が自分に向けている悪意に気付かず鈍感でいられて、「何であの人はああなんだろう。分からんなあ。」という風に意識の外に置いておくことができて、自分自身が傷付かずに済むんじゃないか、と。

上手く言い表せないな。うーん。なんていうのかなー。劣化ウラン弾で撃たれてそれが体内に残ったままになったとして(そういうことが起こり得るのかどうかは知らない)、それが劣化ウラン弾と知らなければ「ああ撃たれちゃったなあ、痛いなあ」と思うだけで済む(?)けど、劣化ウラン弾だと知ってしまったら途端に「やばいよ! 放射線で死ぬよ!」と焦りだしてしまう、みたいな。そういう心理が働くんじゃないかなと思った。

そう思うから僕は、他人のことを本気で嫌わないようにする、嫌わないようにしようと思う、のかもしれない。「敵を増やしたくないから」だけではなくて、「周囲にいる人達が敵だと気がつきたくないから」なのかもしれない。

携帯電話とマナーモード - Aug 09, 2008

「1日のほとんどがマナーモード」、若い世代ほど高い傾向に - ITmedia +D モバイル

こういうタイトルで記事が書かれたという事はそれなりにニュース性があると判断されたということなんだろう。

自分は、朝の目覚ましとして使う時以外は常時「着信音OFF」「バイブレーションON」だ(たまに着信音をOFFにし忘れてる事はあるけど)。大抵ポケットに入れてるか机に置いてるかしてるので、震動や音(着信音よりずっと控えめな)で気がつく。

しかし僕の場合はそもそも、最近では着信自体が無い。今まで全くと言っていいほど来なかったのが、この1~2ヶ月前から日に何通かspamが届くようになってしまった(どっかで個人情報が売られたんだろうね)、というのを除くと、全く着信も何もない日の方が多い。週に1~2回着信があるかどうかって感じだ。いやメールが来ても自宅にいると電波の入りが死ぬほど悪いから返信するのが大変なので、これはこれで助かってると言えば助かってるんだけど。

ちなみに着ボイスはいつかのエイプリルフールにライブドアのサイトで配られてたホリエモンボイス(「そのメールは想定の範囲内です」とかそういうの)なんだけど、着信音OFFの時の方が圧倒的に多い×着信自体が少ない=着信音が鳴る機会が極めて少ないという事で、飽きない(飽きるほど聞けない)のでそれっきりになっているという気がする。

Illustrator CS3ってWindows 2000じゃ動かないんですね…… - Aug 08, 2008

今まで会社のライセンスのを使わせてもらってた(Illustratorは同一人物が使う場合で且つ同時起動しなければ2台までインストール可能というライセンス)んだけど、私用で使う頻度の方が高いのってさすがに倫理的によくないよなあと思ったので自分でライセンスを買う事にした。

んでCS3を購入して発送通知が来た後で気付いたんだけど、CS3からはWindows XP以降でしか動かないんですねイラレ……使えるのはCS2まで。なんてこったい。幸い未開封なら返品できるようだったので返品して、CS2をどうにかして手に入れる方向で動いている。

ていうかWindows 2000をまず捨てろって感じですか。

追記。ヤフオクで見つけたCS2に入札したら、イタズラと見なされて入札を取り消された 仕方ないから別のに再入札。今度もイタズラ扱いされたらショックだ。

Mozilla Cross-ReferenceとMercurial - Aug 08, 2008

状況がよく分からなかったので改めて調べてみたことのまとめ。

Firefoxその他のMozilla製品のソースコードはこれまではCVSでバージョン管理されていて、MXR(Mozilla Cross-Reference)というサービスを使うと最新の内容をオンラインで検索できた。mozilla1.8(リンク先はMXR)を見ると、Firefox 2.0.0.xやThunderbird 2.0.0.xのコードを検索できる。

しかしCVSが使いにくいということで、Mercurialという別のバージョン管理システムに移行しようという話がずっと進んでいたそうで、Firefox 4を目指しているTrunkのリポジトリがmozilla-central(リンク先はMercurialのWebインターフェース)という名前でMercurial上に作成され、すでに自動ビルドも動いているという。

ちなみにMercurialがらみでよく「Hg」という単語が出てくるけれども、これは、水銀(mercury)の元素記号がHgだからだそうで、コマンドラインツールのコマンド名等も「hg」になってるんだそうな。知らんかった。

自分が把握できていなかったのは、以下の点。

  • CVSは完全に捨てて、全面的にMercurialに移行するのか? もう移行したのか? それとも、新しいプロジェクトやTrunkだけがMercurialに移行して、古いプロダクトは今後もCVSで管理されるのか?
  • MXRで検索できるのはCVSで管理されてた頃のコードだけなのか? だとしたらMXRに代わるツールはあるのか? それともMercurial移行後の物もMXRで検索できるのか?

結論としては、以下のことが分かった。

  • CVSは今も使われている。Firefox 2.0.0.xやThunderbird 2.0.0.xのコードはCVSのリポジトリにあり、今もコミットが続いている。
  • TrunkはCVSとMercurialの両方にリポジトリがあり、CVSの「trunk」がMercurialの「cvs-trunk-mirror」に自動的にミラーリングされているようだ。
  • mozilla-central(リンク先はMDCの解説)はFirefox 4(Mozilla 2)およびその先のバージョンのための新しいTrunkのリポジトリ。
  • MXRはCVS、Subversion、Mercurialのいずれにも対応している。Mercurial上にあるFirefox 4向けのコードはMXRのMozilla Centralのページから、将来のThunderbird向けのコードはMXRのComm. Centralのページから、CVSのFirefox 3系のコードはMXRのFirefox 3のページから検索できる。

以下、まだ分かってないこと。

  • Thunderbird 3のコードはどこを見るのが正解? Mercurialのcomm-central? それともCVSのmozilla? 将来的にはcomm-centralでいいんだろうけど、とりあえず今2008年8月8日現在ではどうなのか。
  • FirefoxのTrunkはCVSとMercurialのどっちを見るのが正解? CVSのmozilla? Mercurialのcvs-trunk-mirror? それともMercurialのmozilla-central? 将来的にはmozilla-centralでいいんだろうけど、とりあえず今2008年8月8日現在ではどうなのか。

ペンの正しい持ち方、絵の正しい描き方 - Aug 04, 2008

ペンタブレットの正しい握り方において、人差し指を浮かせる持ち方を推奨しているけれども、以前どこかで聞いた話では、手首で描こうとする事がそもそも駄目なのであり、手首を設置させて描くのではなく手首は浮かせて腕全体で描くのが正しい絵の描き方だ、ということだったような気がする。なぜ「手首で描くのが駄目」かというと、こぢんまりした絵になってしまうから、だったと思う。

でもねぇ。ペンタブレットなのであれば手首で描いても問題ないのかなあとも思うんですよ。腕全体で描かないと小さな絵しか描けないのはアナログ画材だけの問題で、デジタルでやるなら、ズームアウトした状態で描けば、手首の小さな動きだけでも大きな絵を描く事ができるから。

同じような話で「特定の向きの顔しか描けないのは駄目」という話もあった。右利きの人は手首が動きやすかったりペン先の動きが見やすかったりする左向きの顔ばかり描く傾向がある(左利きなら右向きの顔になる)、という話。それを聞いて以来なるべく、右向きも左向きも正面向きもまんべんなく描けるようになろうと思って、一時期意識して右向きの顔ばかり描いていた記憶がある。でもデジタル環境だったら、そんな無駄な努力をしなくても、自分の描きやすい方向で描いて後で左右反転すればいいわけで。

昔「基礎的な画力」と考えられていた技能も、こうしてだんだん必要なくなっていってしまうものなんすかねぇ。そのうち念写みたいに思い浮かべた物をそのままプリントアウトできるようになったら、そもそも絵を描く技能というものが不要になるんだろうなあ。

Ubuntu 8.04 on Let's note CF-W7でホットキー - Jul 31, 2008

Ubuntu 7.10から8.04にアップグレードして以降、音量とかはホットキー(Fnキーとファンクションキーの組み合わせでの操作)が効くものの、ホットキーではハイバネーション(Windowsでいう休止状態)やサスペンドができなくなってて困ってた。メニューから選べばできるんだけど、Fn+F10ですぐにハイバネーションできないというのは地味に不便だった。

今日思い立ってふと検索してみたらOSS EXPO - Let's Note + Ubuntu 8.04 pcc-acpiモジュールというエントリに手順が書かれてたので、やってみた。

  • pcc-acpi-0.9-4.src.rpm はOpenSUSEのサイトにある。今日見てみたらpcc-acpi-0.9-5.src.rpmというファイルしかなかったので代わりにこれでやった。
  • hotkey-handler-1.4.tar.gz、ac-power-handler-1.0.tar.gz 、pcc.defの3つのファイルはPanasonic Hotkey driver homepage | Momokuri's で文中からリンクされてる。

ダウンロードしたファイルの置き場所を読み替えてそのままやったら無事ホットキーでハイバネーションできるようになった。ただ、Fn+F7はキーの刻印ではサスペンドのはずなんだけどこっちもハイバネーションになってしまう。まあサスペンドは使わないから別にいいんだけど……

志望動機 - Jul 31, 2008

この辺見てて思った事。多分一連の話題の本筋からは外れる。

普通の就職活動で、求められてる「志望動機」ってどんなもんなんだろう。どこの企業かに関係なくとにかく特定分野でやりたい事があるんだ、という動機? だとしたら、希望の部署に配属されなかったらやる気無しの役立たずになりかねないですよね。どんな分野かに関わらずとにかく人の役に立ちたいんだ、という動機? だとしたら、ウチ(面接官から見ての自社)じゃなくても別にいいですよね。どんな仕事かに関わらずとにかくその企業で働きたいんだ、という動機? 企業にとって新卒採用で一番都合がいいのはこのタイプなんですかね、やっぱり。

僕自身は、普通の会社の足切り試験に通った段階でグッデイに就職決めちゃって、今いるクリアコードはグッデイ東京事務所の人間がそのまま設立した会社だからそもそも面接も何もなかったしで、普通の会社の普通の面接というものを一切経験した事がないんですよね。だからよく分かんない。

就活する側の正直な気持ちとしては、「御社の成長性に云々」とか「御社の経営理念に云々」とかそんな大層な事考えてないですよね実際。自分のしたい事の方向性とそう大きく外れていなさそうで、労働者を人とも思わず使い捨てにする酷い企業じゃなさそうだから志望しました という以上の理由を持てる人ってどんだけいるんだ?

っていうか、個々の就活先に対する志望動機以前に、就職ということ自体についての動機がそもそも違ったらどうするんだ。

なんかよく分からんけどとりあえず周囲に合わせて進学してここまで来ましたって場合、「何がしたいから就職する」んじゃなくて「みんなに後れたくないから就職する」とか「就職したいから就職する」ていうのがほんとのところの動機じゃないだろうか。急に金が入り用になったんで働かなくちゃいけないようになりましたっていう場合なら、「金が欲しいから就職する」というのが最大の動機じゃないだろうか。そういう動機で就職活動することってそんなに悪い事なの? そういう動機で就活しなきゃいけない状況になってしまったことって、そんなに悪い事なの? それ全部自己責任なの?

その一方で、「これがしたいから就活する」っていう人の中には、現実を知らないまま夢見てるドリーマーとかワナビーとかいう種類の人もいるんだろう。そういう人達が現実を知って夢破れた時も、前述のような動機で就活せざるを得なくなるんじゃないの?

そういう利己的な動機で就活する事が「よくない」「望ましくない」と「社会では言われている」んじゃないか、「建前だけでもご立派な志望動機を持つ事が求められてる」んじゃないか、と、なんとなく僕は思ってる(そしてそれが事実なら、よくない事だとも思ってる)んですけど、この認識って間違ってるんですかね。

女性との距離感 - Jul 29, 2008

女性と縁遠い男が過剰に女性を神聖視して、傷付けまい傷付けまいとして妙なポーズを取ってしまう、という風な様子を指して「童貞騎士」と一部の人の間では言う(僕がずっと前に書いた記事への刺身さんの反応に書かれた内容あたりでニュアンスを感じ取ってもらえるだろうか)。その童貞騎士道精神というものを久しぶりに意識した出来事。

周知の通りもえじら組は成人男性向け同人誌というメディアを主な活動の場としているわけですけれども、その売り子の手伝いをしてもらいたいと女性に声をかける事の是非を、いつも考えてしまうのです。本屋の店員さんだったらまあ、出版社が作った物を売りさばいてるだけだから別にいいんですよ。しかし、サークルのスペースで同人誌を売るという事は、関係者と見られてしまうわけで、そーいう内容の同人誌と知って手伝っているという事にもなるわけで、例えるなら、風俗店のチラシを撒くバイトをするような事なんじゃないのかと。しかも登場キャラと同じ衣装を着てもらうとなったら、下手をしたら妄想のネタにもされかねない。そんな事をさせてしまったら、その人の名誉に傷がつくんじゃないか。という問題。

もう一つ、売り子を手伝ってもらうなら男より女の方が良いように思うという判断を下す事について。小さなサークルスペースとはいえ物の置き方や人の配置には拘りたい、むさい男二人が陣取っているよりは見目麗しい女の人がいた方がいい、とある意味経営者的な観点からは思うわけですけれども、しかしその発想自体が性差別的なんじゃないか? という。「女性をただの物として扱っている。度し難い。」と言われても全く反論できないんじゃないか? という問題。

当人に聞いてみた限りでは「気にしてない。問題ない。」ということなので、(少なくともその人については)僕の意識しすぎであるらしいのですが。どこまでが「人として当然の配慮」で、どこからが「童貞騎士道精神的に意識しすぎ」なのか、その線引きが自分にはなかなか分かりません。人によっては上記のような事を聞いた時点でもう「キモい」と思われるでしょうし。そういうのを、わざわざストレートに聞かなくてもさりげなく把握できるのが、コミュニケーション力というやつなんでしょうか。

あー、「声をかけれてる時点ですでに……」と言われる人もいるかと思いますが、そして事実、全く駄目そうじゃない相手を選んで声をかけているという事くらいは自覚しているのですけれども、しかしその「ダメかそうじゃないか」のスクリーニングはごく大雑把に「オタク的文化を毛嫌いしているかどうか」という程度のレベルでしか行えておらず、そこから先の事(前述のような、名誉に傷がつくんじゃないかとかのこと)はスッポリと思考から抜け落ちているのもまた事実です。(そして結局最初のスクリーニングの時点でも結構見誤ってるという……)

ドキュメントは善か悪か - Jul 28, 2008

ある人は、ドキュメントは悪だと言う。毎日のように何かしら変更が加わっていくソースコードの、ある一時点に対してだけの説明を書き記した物であるドキュメントは、あっという間に陳腐化する。Google等で検索すると、すでに陳腐化したドキュメントが山のように引っかかって、正しい情報になかなか辿り着けない。書く者には多大な労力を強いて、利用する者にも無駄な労力を強いる、だからドキュメントは悪なのだという。

僕は、ドキュメントは善だと思っている。ソースコードの読み方が分からない、ハチワンダイバー(将棋のマンガ。一歩退いた所から眺めてるだけでは勝てない、9×9=81マスの将棋盤の中に潜り込むくらいに集中して臨め、ということでそういうタイトルになっている)のように「ソースコードの羅列の中に潜れない」人にとっては、ドキュメントは自分に分かる言葉で書かれた唯一の資料になるから。陳腐化したドキュメントであっても、とっかかりくらいにはなる。無いよりはあった方がいい、というのが僕の考え。

というか「分かる人」(上記の話で言えば、ソースコードの中に潜れる人)の場合はソースを見ればだいたい問題は解決するので、ドキュメントがあろうと無かろうと関係ないんじゃないだろうか? 「分からない人」のために書かれた「ドキュメント」に対して、「分かる人」が「自分には邪魔だ」と言うのはいいんだけど、「万人のために悪だ」と言うのは、言い過ぎだと僕には思える。

プログラミングに限らず、絵でもなんでも。

はてブについたコメントを見て追記。

コードでhowやwhatは書けてもwhyは表現できません! は、なるほどなと思った。だからそれをコメントとしてソースコードに埋め込む必要があるのだなとも。

とっかかりが明後日の方向に向かってるドキュメントに対応してるオレはどうすれば... というのは「悪いドキュメント」に当たってしまったという事であるけれども、「自分が当たったドキュメントが悪だった」「今まで当たってきたドキュメントが悪だった」からといって「全てのドキュメントは悪だ」と言うのは言い過ぎだ、と自分はやはり思う。

Page 75/241: « 71 72 73 74 75 76 77 78 79 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき