Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 223/241: « 219 220 221 222 223 224 225 226 227 »

期待して雇ったら実は無能な奴だったという話 - Oct 09, 2005

人は皆、bit列の前に平等である――耳が痛い話だ。

I君やU君のような出来ない君を私は何故採用してしまったのか。私は、彼らの実績を過大評価してしまっていた部分があるのだと思う。それでろくに採用試験もせずに採用してしまった。

過大評価されてるよ……採用試験も受けてないよ……会社の利益に貢献できてないよ……

第11回オープンソースソフトウェアセミナー in 名古屋工業大学、2005.10.8 - Oct 09, 2005

講師陣全員揃って遅刻とはどういうことですか!(答:鶴舞公園をさまよってました)

やっぱリアガって上手く発表できなかったなー。もっと参加者の人の顔色を窺いながらできればいいんだろうけど、用意してきた話自体がだいぶ穴だらけっていうか自分の知識レベルに合わせて突っ走っちゃってたみたいで、それどころじゃなかった……

なんか終了後に協賛各社からの?プレゼントがあったりして。オライリーからFirefox Hacks日本語版Amazon.co.jp)とブラウザ選択の時代を読み解く -Don't click on the blue e!-Amazon.co.jp)が3冊ずつ提供されてて、ここで大阪からヒーコラいいながら持ってきたOOo本5冊全部を「誰か買ってね」とこの状況でお願いするわけにもいかず、3冊はプレゼント用に回すことにした(ナイス勝手判断! 叱られても知らないよ!)。残りの2冊をお金出して買うてくださったお二方にはなんだか申し訳ないです……

Mozilla Japanでローカライズをやってらっしゃるdynamisさんから色々内部事情を聞けてよかったというか面白かった(他人事のように)。なんつうか、ネット越しだと、モニタの向こうにこういう人がいてこういうことをやってるんだなあということが分からなくて、お客様気分でやいのやいの言ってしまいがちだけど、だからこそ顔を見せていくことが大事なのかなあと思った。聞いた話によると、今まで障害になってた「Mozilla Foundationの地域化担当」について専任の担当者が新たについたから、今後はもうちょっとマシになるんじゃないかということだそうな。

あ。僕もじゃんけん大会にちゃっかり参加して、「ブラウザ選択の時代を読み解く」を1冊ゲットしてしまいました(ぉぃ)。あと風大君ペーパークラフトとか……

クロサギ 7 - Oct 08, 2005

クロサギ 7Amazon.co.jp)。リトグラフ詐欺に架空請求にフィッシング詐欺と、今までのものより(僕にとっては)ずっと身近なネタできたね。

Phishingだけで終わらせずにファーミングまで扱ってるあたり、よく勉強してるなあと思った。フォルダーが壊れてるのかも、って……よく知らない人はこういう風に考えるものなのか?

高橋メソッドなプレゼンツール in XUL リターンズの改良 - Oct 08, 2005

高橋メソッド in XUL リターンズに、画面上に線を引けるペン描画モードを追加した。最初はボタンを押してモード切り替えするような仕様にしてたけど、使い勝手を考えて、ドラッグし始めたら自動的にペン描画モードに入るようにしたりとか。

発表前日だというのにプレゼン内容よりもツールの方に注力してる自分……

中絶殺人者と残酷な真実 - Oct 07, 2005

友人が日記で紹介していた中絶動画を見た。リンクはしないので、見たい人は「hardtruth.wmv」でGoogle検索してください、と。

表面的な知識はあったと思うんだけれども、具体的にどんなことが行われるのか、どういう事が起こるのかについては、全く知らなかったため、非常に勉強になった。それなりに衝撃を受けるところはあったけれども、いわゆるグロ画像は初見というわけでもないし、相当冷めた目で見ていた僕がいる。

よくよく考えれば確かに胎児なんてのはまだ体が完全にできあがってないのだから、引っ張ればバラバラにちぎれるのも当たり前なんだろう。生まれる前の胎児なんて、かろうじて人の形を保っているんだろう。今自分が五体満足でいられるのは大事に育て生んでくれた親のおかげであるということを改めて感謝したくなった。

人の命とは神秘的なものだ、人の心は神秘的なものだ、人は思い出や文化を受け継いでいける、と考える情緒的な僕がいる。でもそれと同時に、人も所詮はタンパク質の塊だ、生命活動は継続する化学反応に過ぎない、僕も僕の好きな人達も死ねばただの生ゴミだ、そう考える冷めた僕もいる。後者の僕は、生まれるも死ぬも確率論でしかないと思っている。運良く生まれてきて今こうしているのではなく、たまたま生まれてきた自分が勝手に「自分は運がいい」と価値判断を加えているだけだ、と考えている。

中絶は、自分にとってはまだまだ、ともすれば死ぬまでずっと、縁のない事柄の先にあることだから、僕にとってはまるっきり他人事だ。実感を持って捉えることができない。甘やかされてここまで来ているから、「こういう親にはならないでおこう」という感覚もよく分からない。だからだろうか、先の映像を見ても情緒的な感慨が浮かばない。

先の映像を見て情緒的な反応を示せる人は大人だ、と思った。そんな大人に僕もなれるのだろうか? なれずに終わってしまうのだろうか?

ハルとナツ - Oct 07, 2005

ハルとナツ Haru e Natsu 届かなかった手紙、結局最後まで見てしまった。焼きたてホームメイドクッキーがヨダレずびっ!な感じでうまそうだなと思った(見所そこかよ)。

「勝ち組」「負け組」の元来の用法を初めて見たよ。僕ら戦後の人間から見ると「勝ち組ってバッカでぇ~」とか思ってしまうけど、当人達は真剣だったんだろうなあ。

ドラマの中身と全然関係無いんだけど、ハルナツ役の仲間由紀恵は見てるとどうしてもTRICKの山田奈緒子を思い出してしまうなあ……って、78歳ハルナツの野際陽子はTRICKで母・山田里見だったんじゃないのかよく考えたら。だからどうしたってわけじゃないけど……

女脳 - Oct 07, 2005

自分のこんなところがいわゆる女脳だなあと思う瞬間。解決策を考えて欲しいんじゃなくてただ愚痴を聞いてもらいたいだけだったりするところ。結論は既に自分の中で出ていて、それを確認するために他人をダシに使おうとして、逆に説教されて違う結論を出されて段々イラついてくるところ。

うん、まあ、単なるお子ちゃまと言うのが正解だな。

自分と他者との関係を非対称的に捉えずにはいられない - Oct 06, 2005

明治セックル維新 新政府御性文帖男のセックスはなぜつまらないのか?

リンク先の要約:男はセックスで自分が気持ちよくなろうとしないから男のセックスはつまらない。感情を抑圧することに慣れているから快感も抑圧する。その代償として女を感じさせることで満足する。

まあ童貞街道絶賛邁進中の僕だからこういうことを話題としてとりあげるのも分不相応の極みだと思うわけだけれども、エロ絵とかエロマンガとか視覚文化に親しんでいる自分には、全く他人事として見過ごすことも難しい話題だと思った。趣味的にも興味深い話だから。今描こうとしてるのはふぉくす子とだば子の百合エロだし、TSものも好きだし。

なんか、代償無しに自分(男)が嬉しくなったり気持ちよくなったりしちゃいけないのかなーみたいな感覚がないこともない。自分に価値を感じられないから、自分が喜んでたり自分が気持ちよがってたりする姿なんて想像してもキモいだけで、おめえそんなもん金貰っても見たくねえよっていうかむしろ金やるからそこをどけと。吉野家コピペじゃないけどさ。

何もしないでいることが怖くて怖くて仕方がない。自分が自分であることで喜んでくれるのなんて親だけだ、という思いがある。逆に言うと、親以外の人に気に入られるためには自分は素直な自分であってはいけないという思いがある。その人の気に入る自分を演じなくてはならないと思ってしまう。

「自分のする以上に相手にして貰う」ということが怖くて仕方がない。そこまでされる理由が分からない。自分が相手に10のことをしたら2~3帰ってくれば大感謝だと思っている。自分が10のことをされたら20にでも30にでもして返さないといけないような気がしている。10しか返さなかったら、不足分の10とか20とかの分だけ痛みになって帰ってくるような気がしている。

こう考えるのも、ある意味では自分を特別扱いしてるということだから、やっぱリ僕は自己愛ばかりが強い人間なんだなあと思った。

あずまんが大王 THE ANIMATION オープニング映像Flash - Oct 06, 2005

失言小町あずまんが大王OP再現Flash(たぶん最終版)

いやーようできとるわ。絵柄の関係もありそうだけど、ここまでパスで再現できてしまうのか……

高速回線の普及とDivXやなんかの高圧縮率な形式の普及、ストレージの大容量化もあって、動画のファイルサイズは「まあこのくらいで我慢できるかな」みたいなレベルに落ち着くのかなと思ってるんだけど、ここまで圧倒的に小さいものになると、匠の技というか何というか、別の評価軸で凄いな、と。

拡張機能のセキュリティ - Oct 06, 2005

さて、8日の発表に向けてもへもへとプレゼンを作ってるわけですが。

Firefoxと拡張機能のセキュリティって、ほんと語るの難しいなーと思う。Webページで誰もが簡単に書くことのできるJavaScriptがセキュリティホールの原因になり得ることから、JavaScriptのことは避けて通れないんだけど、問題の内容を「何故そういうことが起こるのか」というレベルでしっかり理解するには、スコープチェーンや実行コンテキストやクロージャといった、JavaScriptの比較的深層に近い部分を避けて通れない。

ということはつまり、そのあたりのことを分かっていないとセキュリティホールを作ってしまいやすいということも言えるわけで。

Page 223/241: « 219 220 221 222 223 224 225 226 227 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき