Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝1。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

宣伝2。Firefox Hacks Rebooted発売中。本書の1/3を使って、再起動不要なアドオンの作り方のテクニックや非同期処理の効率のいい書き方などを解説しています。既刊のFirefox 3 Hacks拡張機能開発チュートリアルと併せてどうぞ。

Firefox Hacks Rebooted ―Mozillaテクノロジ徹底活用テクニック
浅井 智也 池田 譲治 小山田 昌史 五味渕 大賀 下田 洋志 寺田 真 松澤 太郎
オライリージャパン

Page 233/239: « 229 230 231 232 233 234 235 236 237 »

強殖装甲ガイバー 6話 - Sep 12, 2005

リスカーは確かにいきなり殺すのはもったいないキャラだと思うけど、原作では、「コントロールメタルが失われたら死ぬ」というガイバーの意外な脆弱性を、彼の死をもって露見させるという重要な役を負っていたわけで、リスカーがその役をきちんと果たしてないのにエンザイム戦に突入しちゃったもんだから、なんだか訳が分からんくなってるな。

下手にいじると辻褄が合わなくなるといういい例。

総選挙の結果 - Sep 12, 2005

小泉自民が結構勝つんだろうなーとは思ってたけど、公明と併せて2/3いくとまでは思わんかったなー。やっぱプレゼンがうまいっていうのと、他の党のプレゼンがふがいなさ過ぎなところが結構あったなと。

主張の内容なんてどうせ誰も聞いてないし言ってる方も口から出任せだし、敢えて言及はしない、っていうか僕の頭じゃできません。

あと、小選挙区制だからっていうのも大きかったんすかねやっぱ。1位(当選)と2位(落選)が僅差で、もうちょい選挙区が広くて上位2名まで当選とかになってれば民主党もまだ勝てたでしょうに。自民党に有利に働くように自民党が作った小選挙区制度は当り前ながら自民党に有利に働いた、と。

まあいずれにしてもどうせ共産党は蚊帳の外(中選挙区や大選挙区になってたとしても上位には入れない)なわけですが。

憲法改正とかもいよいよ現実味を帯びてきたなあっていうかこりゃ確実に動くな。

自分の経験と非モテタイプ - Sep 12, 2005

明治セックル維新 新政府御性文帖明日は選挙 - 恵司のはてなダイアリー

僕自身はこの人の「喪なのは自覚しているけれども、女性から直接的にキモイ等の侮蔑の言葉を投げつけられたことはない」という立場にかなり近い。小中学校の時には「キモッ」みたいに言われたことは結構あるんだけど、高校から上すなわち男と女というものを具体的に意識しだしてからについてはわりかし平穏だったので。これも、自分はモテ非モテ論争から距離を置くべきなんだろうか、自分に語る資格はないのではないかと思う理由。

実体験に基づく強烈なルサンチマンではなく、他人の体験談を自分のもののように感じてしまうという異様に感化されやすい性格と未知のものに対する恐怖とが結合した結果としての「自分は喪だし今後も一生喪」という認識なのだと思う。今でも、そしておそらく今後も、夏の葬列のログを見ると自分のことに思えて暗澹たる気持ちになる。ただ、誰の目から見てもモテ系な人の話には同感できないから、性根の部分では非モテもしくはそれに通じる何かが息づいているんだろうなと思う。

続きを表示する ...

ノロケ - Sep 12, 2005

男のノロケはキモイ。女のノロケはかわいいので良い。

……と思うのだが、これはただの同族(同性)嫌悪なのだろうか。即ち、女の人から見ると女のノロケはキモくて男のノロケはかわいいのだろうか。

そういう要素もあるんだろうけど、僕の場合、「愛玩対象の性」として女性を捉えている部分があるからという理由もあるのではないだろうか。あるいは、女性というものに幻想を抱いているからだろうか。僕がここ何年も女子絵ばかり描いているのはそういう理由だ。男は描いてて楽しくないが、おにゃのこは描いてて楽しいし、描き上がっても萌える。

幸福と恋愛 - Sep 12, 2005

狭義の自分の幸福を望む話からの派生。

狭義の自分の幸福を望むと、往々にして、広義の自分(≒他人)の幸福を否定することにつながる。恋愛というものは、狭義の自分に極めて近い場所にいる、しかし広義の自分(≒他人)に含まれる存在を相手に、幸福を考えるという、ジレンマを抱えた行為なのではないだろうか。

そしてそのジレンマから、何か別の幸福論が飛び出してくるのではないだろうかと期待するのが――「恋愛」と聞くと、なにか今までと全く異なった素晴らしい答えが出てくる事を期待してしまうのが、「恋愛教」なのだろうか。

悪臭 - Sep 12, 2005

なんてことだ……おれ達はとんでもない勘違いをしていた! 悪臭の原因は、別の所にあったんだよ!!

このところ、なんか自分の体臭が気になっていたんだ……夏コミから帰ってきてこの方、どうも自分の体から「夏コミ3日目のニオイ」が取れてないような気がして。でも、服を洗っても全然改善の余地無しだったんだ。1日ともたずにまたあのニオイが漂ってくるんだ。

……で、昨日やっと気がついた。原因は服じゃない。鞄だったんだよ!! 毎日使ってる鞄の、肩にかけてた取っ手にニオイが染みついてたんだよ!! な、なんだってー(AA略

結論。夏コミに参加したときに身につけていた物は全て残さず洗うこと。

幸せに生きたい - Sep 12, 2005

明治セックル維新 新政府御性文帖モテ・非モテ話から離れて - おれはおまえのパパじゃない私のことをお話しします - Rivers and Bridges

不謹慎だけれども、人の不幸を見て初めて、自分がいかに恵まれているかということが分かる。また、これを見てまだ自分の方が不幸だと言えるほどには面の皮は厚くない。

僕はもう、負い目に感じたくない。幸せであることは幸せなのだと正直に感じたい。僕は僕の人生を幸せに生きたい。今までは、誰かを不幸にしてはいけないから(狭義の)自分が幸せになってはいけないような気がしていた、いつも負い目に感じなくては許されないような気がしていた。今になってやっと、正直にこれを言えるようになった気がする。「僕は、他人を不幸にしても、(狭義の)自分が幸せになりたい。」

幸せを願うことが、これほど残酷なことだとは。

続きを表示する ...

高校の学祭に行ってきた2 - Sep 11, 2005

二日目。

まあ昼頃からのそのそと出向きまして漫研の展示の片隅でエロマンガのネームの続きをもへもへと描いておったわけですけれども。

そういえば部の新人で「えーと、次のインテはいつでるんですか? ジャンルは何?」級の普通にうまい子がいて、ああ僕はこの人の6年先を生きているのにこの人は僕の手の届かないレベルにいるのだ、と思えて鬱になった。

学祭終了後、卒業生の一団は時間つぶしのためにカラオケへ。ここで2時間使って、その後、飲み屋へ。目的はK先生(予定)の漫画家プロデビュー(未定)祝い。

みんなの近況を話したりとか。海外旅行をしてる人が何人もいて、また、飛び出すことに抵抗がないようだったりして、狭い島国でジッとしてる自分がなんだか恥ずかしく思えたりとか。K君はネタ帳を肌身離さず持っていて、いついかなる時でもメモを取ることを忘れていないだとか。みんなすげえなあ、と思わされることばかりだ。

高校の学祭に行ってきた - Sep 11, 2005

昨日は高校の学祭に行ってきた。今日も行くけど。

漫研の展示が音楽室から一般教室に移ってて、今まで何年も出入りしてなかった一般教室棟似久しぶりに足を踏み入れたんだけど、もう、どこに何があるのか全然分からんくなってた。4年前のことをこれほど綺麗に忘れてるとは、自分が恐ろしいです。

あちこち見て回る気力無かったし、部屋の隅っこの方でエロマンガのネーム描いてた。

あと、一年後輩のイケメン男子のK君が小学館のマンガ大賞かなんかで努力賞を取ったそうで(努力賞は増刊号等への作品掲載はないけど担当者がついてアドバイスしてくれるそうだ)、今日はその祝賀会です。……自分を省みてますます鬱になった。

ソースをタブで開けない問題 - Sep 11, 2005

TBEの「ページのソースをタブで開けるようにする機能」がうまく働かない問題について。原因は、本来新規ウィンドウとして開くはずであったchrome://global/content/viewSource.xul(viewPartialSource.xul)をタブの中に読み込んだ際に、そのウィンドウへ引数を渡す手段がなくなってしまったせいだ。

XULWindow.openDialog()は、第4引数以降の引数を開かれたウィンドウのwindow.argumentsオブジェクトに格納する。viewSource.xulやviewPartialSource.xulでは、ここからどのページのソースを開けばよいのかという情報を取得する。しかし、タブの中に読み込まれたドキュメントのウィンドウには、window.argumentsが無い。そのためこれまでは、タブの読み込みが完了した時点で、ブラウザウィンドウのコンテキストにおいて、内容ウィンドウのwindowオブジェクトにargumentsという名前のプロパティを手動で追加していた。

ところが、昨今のセキュリティの向上によって、ブラウザウィンドウのコンテキストにおいてアクセスした内容ウィンドウのwindowオブジェクトおよびそこに属しているあらゆるオブジェクトにセットしたプロパティは、内容ウィンドウのコンテキストからはアクセスできなくなってしまった。これにより、TBEは「ソースを開く」処理を行うXULドキュメントに対して「どこのソースを開けばよいのか」という情報を受け渡す手段を失ってしまった。

今、何かうまい対策はないものかと思案しているけれども、これはもうどうにもならないような気がする。特に、選択範囲の情報を受け渡さなくてはならないviewPartialSource.xul, viewPartialSource.jsは、本気でなんとかしようと思ったら、自力で全ての挙動を再現しなくてはならないような勢いだ。

ということで4時間くらい行き詰まってウンザリしたので考えるのをやめた。鬱。誰か助けて。

ていうかもうあまりの報われなさにやる気なくした。

Page 233/239: « 229 230 231 232 233 234 235 236 237 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき

オススメ

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード