Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 6/243: « 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »

Mozilla Party JP 8.0いってきた - Apr 22, 2007

寝坊したから途中から行った。着いた頃にはSeth Spitzer氏の方の話の最中だった。

普段使ってるのが未だにFirefox 1.5で、拡張機能のバグ修正などのテスト環境がFirefox 2という具合なので、ここ最近のXULやGecko方面の動きに関して「アレ、これって2の話だっけ3の話だっけ……」と思うことがよくあるので、現状を把握するのにはとても助かった。ような気がする。

こないだ須藤さんが、cairoの機能でオブジェクトの透明度をいじってずらして複製して擬似的にぼかしを実現するという試みをされていて、すごいけどバックエンドでそれやられても困るよなあ、と思っていたので、たけんさんに訊くのも変かなあと思いながら訊いてみた。なんでcairoにはいつまで経ってもぼかしやドロップシャドウが入らないんでしょうかと。たけんさん曰く、cairoの開発者達はあくまでこれをベクトルベースの描画ライブラリと考えているので、ラスタの描画になってしまうドロップシャドウやぼかしに関しては、どうやらハナから入れる気がないらしいとかなんとか……ってことはFirefox 3でも4でもtext-shadowのサポートは絶望的なんでしょうか。

nanto_viさんには、質疑応答の時間がなかったので、個人的に質問させてもらった。

  • E4Xのパフォーマンスについて。DOMでやるのとどっちが速いのか? ということなんだけど、条件によってはE4Xだと異常に遅くなる事があるらしいとのことで、高速化のためではなくあくまで保守性向上のためにこそ使うのが現状ではベターっぽい。
  • E4XのXMLオブジェクトとDOMのノードとの相互変換については、Firefox 1.5以降の環境でなら使用可能。ただし一旦文字列への変換を経由するので、結構重いとかなんとか。

E4XのCDATAマーク区間リテラル(言われてみれば確かにCDATA区間もXMLの仕様の一部なんだよね……)をJavaScriptにおいてヒアドキュメントとして使うという発想はなかったわ。曰く、Brazil氏の所が発祥なんだとか。CDATAマーク区間のXMLオブジェクトはtoString()すると内容の文字列だけが取れるそうで、しかもXULというかChromeウィンドウ内のスクリプトでは特に何も指定しなくてもE4Xが有効だということで、ほんとに普通にヒアドキュメントとして使える予感。

わくらわと空耳のあかつかさんの新作は超ウケた。Firefoxのブラウズ領域を使ったブロック崩しは、まさに技術力の無駄遣いと言えよう。

全ての内容が終わった後、今まで実際には会ったことがなくてネット上でしかやりとりしたこと無かった人とかと話してたんだけど、その時のメンバーがみんな僕より若くて、ちょっと切なくなった。今までは、特にオープンソースとかそういう系の人と顔を合わせる時というのは、大抵の所で「その場の最年少」だったんだけど、それがだんだん最年少でもなくなってきて、気がついたら、自分がもう年長者になってしまっていた、ということが軽くショックだ。

宴会では会場の日本電子専門学校の教員の方と隣の席になって、全然違う世界のことについて興味深い話を聞けたと思う。曰く、専門学校というと、即戦力になる兵士をひたすら養成して量産するような所という性質が強いので、そうして育て上げた人を社会に送り込んで大プロジェクトの歯車にさせてしまうのは若干心が痛む、その点で、この場に集まっている人達は、自分がしてることが全体で言うとどういう位置づけにあるのかとか、自分のしてることの意義だとかをちゃんと分かっていて、すごく楽しそうだ、と。確かに言われてみれば、ほとんど全ての情報に容易にアクセスできて、細部まで把握できるという状態にあると、「俺ってスゲー」感が何故か(特にコアにコミットしてなくても)ある気がする。好きなことやってるから、というだけのことなのかもしれんけど、そういう分かりやすい楽しさって、モチベーションの元になるように思う。

あかつかさんが、内容領域のスクロールバーのツマミ部分の大きさってどうにかして取得できないか、という疑問を持っていらっしゃったんだけど、それはXBLを使った怪しいテクニックで実現できそう。ただ、こんな事するよりは、ページの実際の高さと現在のスクロール位置、そしてビューポートの大きさから算出する方が、たぶんいいとは思う。

その後のカラオケでアイマスの動画で覚えた演歌を歌ったら、組長に「なんであんなん歌えるんだ」とツッコまれてしまった。いや音域的には演歌か古いアニソンでないと歌えなくて、最近の若い男性アーティストのそれのような高い声で歌うのを前提にした曲を1オクターブ低い声で歌っても様にならないから、演歌は歌詞とメロディーを知らないから歌ってなかっただけで、覚えさえすればいくらでも歌うよ、と言ったら、「俺達が苦労してあれなのに、ぴろたんは……」てな風に言われてしまった。

THE IDOLM@STER ALL STAR LIVE 2007があった日(ライブのレポートではない) - Apr 07, 2007

THE IDOLM@STER ALL STAR LIVE 2007 レポート……実はこの日Zepp Tokyoまで行ってた。といっても、ライブには参加していない。

いやね、弟がこれのためにわざわざ上京してたんですよ。有志が行ってるスタンプラリーへの参加も目的だったようなんですが。一人で車で700kmほどをわざわざ運転してきた。前日にいきなり「明日そっち行くから」という連絡があって、どういうことかと思ったら、彼はすでにプロデューサーになっていた模様です。しかも超やりこんでるし。プロデューサーカード見たらアイドルマスターになってたり、誕生日企画のグッズをいくつか持ってきてたりしやがった。なんてこったい……

まあここんとこずっと半径数km圏内から出ることがなく酷い時には24時間家から1歩も外に出ないことすらあるような閉塞した人生を送ってたので、彼の運転する車に同乗させてもらい、春の陽気の中のドライブを楽しんできたのです。

続きを表示する ...

オープンソースカンファレンス2007春 - Mar 18, 2007

Open Source Conference 2007 Tokyo/Springに行ってきた……といっても拡張機能勉強会の出張版を見に行っただけなんだけど。しかも寝坊したから途中から。

Aboutの小ネタにわろた。前回の打ち上げの時に小耳に挟んだ情報では、どのダイアログを開いても根来さんが出てくる「ねごりんといっしょ」を会場で発表するという噂があったのですが、アレは一体どうなったんでしょうか!! 大丈夫ですよどっかのうぷろだに置いとけば誰が作ったかなんて分かりませんて!!(ぉぃ)

そのあと、元々参加する予定じゃなかったんだけど、ライトニングトークの方も見てきた。中本さんのネタプレゼンが大ウケ。素晴らしい出来でした。あとウダーという楽器も大変興味深い(ググって見つけた紹介エントリ)。技術技術したのばっかりよりも、こういうバラエティ豊かなののが見てて楽しくてイイ。無線LANが繋がってないと何もできなくなってしまうロボットは、まるで大脳を管制車に積んでて本体は頭空っぽのAVR-0みたいだなあと思った。

抽選会はデカいGeekoが出てしまった時点で「あーあ」って感じだったんだけどまあ一応最後まで残っとくか、と思ってたらHewlett-Packardのプリンタ/スキャナ/コピー複合機が当たってしまった(!)。マジデスカ。でも個人で持っててもあんまり活用できなさそうなので会社に置いとくことにしようかなと…… 写真は目録代わりのミニマウスと、肩こりとかが治るらしいバンド。

靖国神社で初詣、あと特攻兵器色々 - Jan 08, 2007

先週、年賀ハガキを買いに出たついでに(近所の局では小さすぎてインクジェット用年賀ハガキが売り切れていたため、大きな局まで行かないといけなかった)、初詣に行ってきました。靖国神社へ。

いやぁ前々から一度行ってみたいなとは思ってたんですけどね。何となく機会がなくて。

5日ともなるとさすがに人もまばらで、店仕舞いしてる出店もあった。

実際行ってみるまで知らなかったんだけど、最初の入り口から神社の本体?まで、結構あるのね……途中にでかい道路一本挟んでるし。

どうでもいい縁起物に目を奪われつつ

やっと到着。

さすがは天皇のお膝元、菊門菊の御紋もでかいわ……

門をくぐると神酒とかおみくじとかお守りとかの販売出張所がズラリ。靖国でもバイトの巫女さん雇うのか……

あ。賞味期限切れの古いお守りを処分してくれるコーナーもあったので、宇部神社で買った厄年の厄除けのお守りを納めてきました。神社は基本的に全国チェーンだから大丈夫なんですよね?

賽銭投げ込んでお願い。

おみくじもやりましたよ。吉でした。素直に喜んでおくことにします。普通の幸せが欲しいです。せめて。

そんな感じで初詣終わり。案外なんて事無かったっていうか外の部分は普通に普通の神社っぽいですね。てっきり、祖国の英霊を讃える横断幕とかが表にでかでかと張ってあったりとか、正月中とか人の集まりそうな時は黒塗りに白のボディペインティングのアーティスティックなデコレーションカーが周囲をガッチリ固めてるのかと思ってたけど、そうでもなかった。

まあそんな事はどうでもいい。ここからが本題ですよ。行ってきたんです、遊就館に。 どんなものかいなと一度この目で見ておきたくてですね。

続きを表示する ...

C71終了 - Dec 31, 2006

コミックマーケット71(2006年冬コミ)無事終了しました。 もえじら組スペースまで足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございます。

この日は右隣のスペースの方(女性)が親バレ現場襲撃を必死で阻止する様子だとか(せめて1日目か2日目なら、と電話口でおっしゃっていた気がしますが、ホモとエロのどっちがマシなのかは微妙なところですね)、左隣の方が現場でコピー本を作っておられたのを手伝ったりとか、なかなか珍しい体験をしたように思います。

今回、コピー本55部(60部刷って、5部は見本に提出したりお隣に渡したりなど)と既刊在庫持ち込み分が午前中にすべて売り切れてしまい、一応見本を1冊だけ残して立ち読み自由にしておいたのですが、あんまり長居するのもこっちの身が保たなそうだったので(風が結構直接来るところだったので)、昼過ぎには早々に片付けて退散してしまいました。期待して来られたにも関わらず見本すら見れなかったという方がもしいらっしゃいましたら、本当に済みません。当選時のブログでの報告と30日になってからのトップページ・バナーの更新でしか告知してなかったので余裕なんじゃないかと思ってたんですが、読みが甘かったです。

前回と今回の感触から見て、だいたい200くらい刷って当日100前後、残りは通販や次回への……という計算でトントンになりそうな感じかなという印象を受けました。この教訓を次回に活かしたいです。

続きを表示する ...

Firefox Developers Conference 2006 - Dec 11, 2006

でぶこん行ってきました。

午前中に通訳の人と打ち合わせしないといけなかったんだけど、寝坊して盛大に遅刻してしまいました。関係者各位大変御迷惑をお掛け致しまして申し訳ありません。しかも例によって高橋メソッドでスライドの枚数がやたら多い(前半の10分間用で160枚ほど、後半も会わせると余裕で300枚オーバー)わ提出後にプレゼンの内容を若干変更してるわ、打ち合わせ中にもんたメソッドでラベル貼った状態のものしか通訳さんの手元にないことに気付いて慌てて最終版のデータを印刷しに行ったりするわ(その間、Gomitaさんが代わりに打ち合わせを進めてくださいました。ありがとうございます。)、挙げ句の果てに喋るときには書いてあることと全然違う事喋ってるわで、通訳の人をいじめまくりでした。こないだのインターネットウィークのBOFでも来られてて質疑応答でも通訳をこなしておられたナイス通訳さんなので、「もうモジラの仕事は受けねえ!」と思わせたりしてないかどうか心配です。

それでも弁当だけはちゃっかり頂いていた訳ですが。 Gomitaさんと二人で食べながら「なんかすごい豪華っすね」とかそんなことを話していました。

なんか気がついたらMJ根来さんまで高橋メソッドになってたんですけど。

前の晩にDVDドライブの取り付けなんかやってたからか、眠くて眠くて……ブラッドとスチュアートの話に至っては、BOFのと基本的に変わらなかったのをいいことに爆睡してました。

今回初めて知ったのは、XUL PlanetのXUL Tutorialが、4年越しの翻訳作業を経て、MDC日本語版においてついに翻訳完了となったという話。僕もこれで最初はお勉強しましたので、感慨深い物があります。

休憩後に、僕の発表。XULとは何か、という今まで割と何度も話してる内容を。ていうかぶっちゃけ、同じ会場で3月にやったMJ第2回セミナーの焼き直しなんですけどね。プレゼン中の画像も何もかも使いまわし。手抜きまくりです。いやまあ、一応、今回用にネタ仕込んだり表現を改めたりと、それなりに手は入れてるんですけどね。あれから高橋XULも大幅に機能強化しまして、簡単な表とかXMLとかも埋め込めるようになったんで、それを活かして。

今回一番観客の人が「ほう……」と感嘆の声を漏らしたのがWPF/Eのデモンストレーションて、どういうことですか。

前半終了後は机をどけて椅子を並べ替えて、1つの大部屋で5つのセッションを同時に進めるという形式に。 (席移動中の風景)

僕のプレゼン発表の後半は、これまた3月のセミナーの内容の焼き直し。拡張機能とプラグインが原理的にどう違うのかとか、ツールバーにアイコンを追加する拡張機能の作り方の例とか。

今回の全く新しい内容としては、前回用意だけして使わなかった、Firefoxの機能をオーバーライドする種類の拡張機能の作り方の解説も入れてみた。DOMインスペクタで要素の属性を調べる所から始まって、LXRで文字列検索を繰り返して内部コードの意味を調べまくって、メソッドを置き換える、という一連のやり方の紹介。ドキュメントが充実してきてるとはいえ、こういうことをしようと思うとやっぱりソースを覗くしかないんですよね……

その後は、隣の席でGomitaさんによるFirefox 2のセッション管理APIの解説を興味深く拝聴させていただきました。うん、もう、普通に観客。話を聞く限り、拡張機能用のデータを保存できる余地があったりして、予想以上に高機能なんですね。セッション保存の用途はもちろんのこと、単純にタブに何らかのデータを結びつける用途にも使えるようで。TBE for Fx2を作る上でも、だいぶ助けになりそうです。

僕もGomitaさんも時間いっぱいまで使ってのプレゼンだったので、質疑応答の時間を取れなかったのが悔やまれます。

僕のプレゼンの内容は、どうだったんでしょ、集まった人達の知識レベルに対しては簡単過ぎたんじゃなかろうかと心配してるんですが。でもまあ、一見してレベル低すぎと思えるような所をしつこくフォローするのが、一線でバリバリ活躍するような技能も知識も持ち合わせていない僕にできるせめてもの貢献と思っていますし、Fx2がリリースされて開発者の間でも認知が高まって拡張機能なんて誰でもハナクソほじりながらでも作れるんだぜということはいいかげん常識だろ、とかいうのはオプソ界隈しか見てない視野狭窄に陥った人間の思い込みという可能性も捨てきれませんでしたので、そういう内容に徹したつもりです。もし今回来てくれた人には面白くなくても、初学者向けのプレゼントしては今後も使いまわせるかな、とか、ほのかに期待していたり。

閉会後、会場を後にして皆でゾロゾロと懇親会会場へ。場所はMJオフィスのすぐ近くで……っていうかDevCon会場もオフィスのすぐそばなんですが、ともかく、イタリア料理のレストランを貸し切りにしてました。 店の前にFirefoxのパネルが出てましたが、通りすがりの人の何割がこれに気付いたんでしょうね。

続きを表示する ...

貢献者慰労会 - Oct 30, 2006

漢字で書くとなんかじじむさい感じになってしまったけど、27日金曜、MJ根来さんによるFx2リリース記念貢献者の皆さんありがとうパーティー?に参加して参りました。人目も憚らずDISりまくってきました。が、いつもMJやも組をDISってる某氏が今日に限って好意的な発言をされていたので、なんだか裏切られた感じです! ぎぎぎぎ!

おみやげに肉料理の残りを貰った。

二次会で人生初ダーツ。1ゲーム目ではそもそも的に当たらずほかの皆さんの半分未満という酷いスコアで泣きそうになったので空き時間に3~4缶分投げまくって練習して2ゲーム目では半分以上は的に当たるようになってて平均点くらいには届くようになりました。腕が筋肉痛で痛いです。

1ゲーム目の罰ゲームということでMDCで何か翻訳しないといけなくなった……

荷物置いてたので会社まで戻って事務所を後にして帰り着いて落ち着いた頃におみやげの肉を事務所に忘れてきたことに気がついて半泣きで明け方の町を2往復。

そんな一日でした。

Firefox2 ブロガー向け事前発表会 - Oct 18, 2006

行ってきたよっていうか、貰ったプレスキットとか見る限り話の内容自体は今まで最新情報追っかけてきてた人には既知のものだし、だったらせっかくだから手伝いするかな、みたいな。

そういうわけで僕はずっと外に突っ立ってました……会場入り口が異様に分かりにくかったんで、最低一人は誘導がいるだろということになりまして。 入り口前にて、 案内の紙を持って看板係を…… 話し相手も無しに19時の開場前から20時の会場移動まで粘りましたよ。忍耐を学ぶ良い機会になったと言えるでしょうか?

どうでもいいけど、この人普段MJとかその辺の人の迷走っぷりに苦言呈してる割には、それを直接幹部の人らにぶつけて狼狽する様子を見る絶好のチャンスであるこの事前説明会とかの機会は、いつも華麗にスルーしてるんだよなあ。僕にはその心理がよく分からない……そういう意味では、ずっと外に立ってることを自ら選んだのももったいなかったかなあという気はしてる。

CSSニートもといCSS Nite LP - Oct 11, 2006

何故か潜り込んできた。

Operaの話は基本的には知ってることが多かったんだけど、CSS3 Media Queryの話は詳しく知ったのは初めてだったので、興味深かった。計算のための機能も(実装はまだ無いみたいだけど)定義されつつあるし、CSSはまだまだ夢がひろがりんぐだなあ。

あとでブースの人に、Operaでの@screen projectionに関する実装について聞いてみた。フルスクリーンモードになると自動的に内部的な動作が切り替わって、page-break-after: allが適用された要素ごとにスペースキーでページ切り替えができる、とのこと。逆に、その指定がなければ、そのリソース全体が「1枚のスライド」として扱われてしまう、と。その場でCSS2の仕様を見てみたら、確かにprojectionはpagedメディアの一つとして挙がってた。今までずっと、pagedなのはprintだけで、projectionはvisualである、と思い込んでたよ。反省。

Geckoな人達はscreen以外のメディアに関してはまるで興味がないみたいだし、Minimoもさっぱりでhandheldとかそっち方面もアレぽだから、モバイルその他の組み込み向けのまともなWebページレンダラとして特にOperaの頑張りには期待してる。やっとOpera9でこのページもまともに表示できるようになったみたいですしね。やっとね。

続きを表示する ...

ホーム蟹カルミネパーティ - Oct 01, 2006

昨日はhaltさん・ゆずほさん宅へおじゃまして、ほぼいつものメンバーでホームパーティというか家飲み会というかそういうことをしていました。北海道土産だというタラバガニと、カルミネのおっちゃんプロモーションDVDがメインディッシュでした。このDVDは何度見てもたまらんな……いや単に料理好きっぽい日本語ペラペラのイタリア人のおっちゃんが料理と生活と合気道について延々語るという内容なんだけど。

たまたまテレビでクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲をやってたので、大人達がテレビ放送を見ておかしくなるあたりから見てた。うう、何度見ても泣けてくるなあ。人前だったから必死でこらえたけど。

そのあと2時間ドラマスペシャルを見ながら「何このツンデレ」「兄ルート確定だな」とかそんなヲタ的解釈で品評しているうちに夜遅くなってしまったので、おひらきに。

徹夜明けで参加したから体調がいまいちだった……

Page 6/243: « 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき