Home > Latest topics

Latest topics 近況報告

たまに18歳未満の人や心臓の弱い人にはお勧めできない情報が含まれることもあるかもしれない、甘くなくて酸っぱくてしょっぱいチラシの裏。RSSによる簡単な更新情報を利用したりすると、ハッピーになるかも知れませんしそうでないかも知れません。

萌えるふぉくす子さんだば子本制作プロジェクトの動向はもえじら組ブログで。

宣伝。日経LinuxにてLinuxの基礎?を紹介する漫画「シス管系女子」を連載させていただいています。 以下の特設サイトにて、単行本まんがでわかるLinux シス管系女子の試し読みが可能! シス管系女子って何!? - 「シス管系女子」特設サイト

Page 4/243: « 1 2 3 4 5 6 7 8 »

エロい絵を描いてみた - May 04, 2009

送別会の後、僕とkir_royalさんとパンチさんの3人で、渋谷の喫茶店でエロ絵を描くという非モテロ活動をしていた。

1枚目。とりあえず裸にして下着を半脱ぎにしてみた。

2枚目。何気に多分初描きな黒ストッキングで、ゴムを咥えさせてみた。黒ストってなんでこんなにエロスを感じるんだろう。

3枚目。表情とかそういう所でエロさを出してみようと挑戦してみた。女の子が興奮してるとか感じてるとか、そういう様子が一番萌えると僕は思うのです(だからレイプや陵辱は好きじゃない)。

4枚目。後ろから。お題を求めたら「つかれてるところ」と言われて「疲れてる所=事後? またマニアックなお題を……」と思ったら「突かれてる」の方だった。

5枚目。バナナ。舌を出してる所ってどう描けばいいの?という話になったので、横からのアングルの例として描いてみた。

6枚目。ちろっと舌を出した様子、というと小悪魔(?)な笑みとのセットしか思い浮かばなかった。あと話の流れで何故か巨乳になった。

7枚目。後ろ姿。kir_royalさんが描いていた後ろ姿を見て違和感があったので、「こうじゃない?」と描いてみたもの。

8枚目。貧乳トルソー。あばらが浮いてないのが貧乳の条件じゃないのかというツッコミを受けた。結論としては、あばらが浮いてるのはロリ貧乳、そうじゃないのは大人の貧乳ということになった。

描いてる最中に2~3回、女性の店員さんがお冷やのおかわりを入れに来てくれました。どう見ても見事な非モテロです。本当にありがとうございます。

republic1963さん送別会 - May 04, 2009

republic1963さんが東京から引っ越されるとの事で行われた送別会という名のオフ会に参加してきた。

  • 渋谷の一角に、この地に相応しくない吹き溜まりができていた。
  • 刺身☆ブーメランさんのnowa話を聞いた。大変だなあと思った。
  • にちのさんのキャラがすごかった。
    • 素なの? 作ってるの?
  • 名前を忘れてしまった人の、職場で現在進行中の不倫話(当事者ではない)を聞いて「うわぁ……」と思った。
    • これは名前を覚えてなくて却って良かった。
  • 下向きさんがこの何年かで風俗に費やした金額が200万くらいと聞いた。安全に遊ぼうと思うと金がかかる、とかなんとか。
  • Masaoさんが関係者一同からのプレゼントとしてrepublic1963さんにRPGツクールを渡していた。
    • 「ワナビーといえばこれですよね!」「これでワナビー道を驀進していってください!」なんという餞別か。
  • ここのところ会う人会う人に同じ事を愚痴ってた内容(別れ関係の話)を、ここでも何人かに愚痴ってた。
    • 多分ここに来てるような人達に一番語りたかった内容ではある。
  • これで20人以上集まるんだからrepublic1963さんはモテだよと思った。
  • 席の配置上、端と端が完全に分断されてた(しかもその真ん中を僕ら吹き溜まり中の吹き溜まりがダムのように堰き止めていたのだから、余計に)。
  • 渋谷の店は高いと思った。

最初の店を出て椿屋で二次会的なだべりの後、一部の人はinumashさんの家に移動して徹夜になった。僕もその流れに乗って徹夜組に参加した(そこまでの段階で何だか不完全燃焼だったので)。

  • パンチさんの「どうやったらモテる?」話でパンチさんが全員からフルボッコにされてた。
    • 語られるエピソードが片っ端から非常にワロけた。
    • 叩かれてる部分がいちいち非モテ的というか非コミュ的というかで、それが全部僕自身の性質と一致していて、たいへんシンパシーを感じた。
    • どうでもいいけど、女の子と一対一で喫茶店に入るというシチュエーションにまで持っていける時点で、僕なんかよりずっとマシな人生なんじゃない? と思った。
      • そしてそのシチュエーションがある事が僕以外の全員の間で「当然じゃん」な感じだったようであることに軽く絶望した。
  • 「けいおん」の何がキモイ?という話で盛り上がっていた。
    • 「けいおん」のキモさは、女の子がキャッキャウフフしてる様子が見たいだけ、「なんか持ってる女の子ってかわいいよね」その持ち物が楽器であるというだけのバリエーションに過ぎない、という話。
      • それを見て音楽ファン達が、音楽性を見ないで女の子萌えしてる奴らキメェ!と言ってる、という構図。
      • でもその当の音楽ファン自体が昔から全く同じ事(女の子バンドというだけでチヤホヤ)を繰り返してきているのだから、それは自分達自身のグロテスクさを目の当たりにしての同族嫌悪に過ぎないよね、というinumashさんの厳しい指摘。
    • 音楽性がどうとか叩き上げの苦労話がどうとかでPerfumeを語っている連中がウザイという、モーヲタの女の人の発言。
      • アイドルは空疎だからこそアイドルなのであるという主張。
  • 趣味的・アイデンティティ的に、帰れる場所がある人はいいよねという話。
    • でも僕にはもう帰れる場所はない。HTMLとCSSによる外観と構造の分離なんてのはもう常識になってしまった。今の世の中で、それだけ語ってても滑稽なだけだ。
  • kir_royalさん(キール議長)が絵を描いていたのに便乗して僕も描いた。人が4コマ漫画描いた紙の裏に。
    • 描いた絵。pixivといえば「女の子がジャンプ」「パンチラ」「青い空が背景」、と言われたのでこういう絵になった。(でもポーズとかいろんな意味でもえじら本の表紙絵の焼き直しだ)
    • 誉められた。
    • 僕の画力は、凡人が努力で到達できるレベルの範囲内だと思う。
      • 数をこなすか、ちゃんと勉強するかすれば、誰でもこのくらいにはなれるはず。
      • そこから上に行けるかどうかが、才能の有る無しの分かれ目なんだと思う。
    • 久しぶりに絵の事で持ち上げられたので、いい気になってお絵描き講座的な事をした。
      • A・ルーミス著「やさしい人物画」はマジお勧め。
      • 翌日昼間の絵描き非モテロで分かった事だけど、パンチさんは解剖学の本まで読んで何年間か真面目に練習してた人だった。そんな人の前で偉そうにぶっこいてた自分が恥ずかしいと後から思った。
    • 絵柄が古いことを気にしているけれども、何が古い絵で何が今の絵なんだ?という話になり、inumashさん宅になぜかあったコミケカタログを見ながら考えた。
      • どれが「古い絵柄」かは分かってもどれが「今時の絵柄」かは良く分からん、という結論。
      • 電撃系とかラノベとかの絵が「今風の絵」の代表なんじゃね?
    • うぶんつたんを描いたのが僕だと知ってパンチさんが驚いていた。
  • NTR(寝取られ)好きというのはどういう思考なのだ?という話。
    • 完全な寝取られ(自分から相手が完全に離れる、相手の心が寝取った男に移る)が好きなケースと、戻ってくる寝取られ(一時的に相手が離れるけど、最終的には元鞘に戻る)が好きなケースがある。
      • Web上にある寝取られSS的には前者の方が多い印象。
  • 結局僕一人だけ完全な徹夜だった。

その後昼頃にinumashさん宅を後にして渋谷で非モテロして帰り着いたのが3日の夕方で、寝て起きたら4日の昼でした。

デッサン狂い - Feb 03, 2009

ニュース速報++  近頃の萌え絵だとかマンガ絵はデッサンがなってないヘタクソ

会社で今作ってるチラシ(Mozillaサポート事業の宣伝用)のために、モバイル機器とかキオスク端末とかそういうのをイメージさせる絵をいくつか描いてみたんだけど……消失点取ってきちんと透視図法で描くのってまじでめんどい。3点透視なんて超久しぶり。まあでも消失点がはるか遠くにあっても紙の大きさとか机の大きさとかに囚われずちゃんと消失点を取れる分、デジタル作画は楽ではありますが。

普段、マンガ絵とかの時にはちゃんとパース取らずにテキトーに描いてるから、結構変になってることが多い。正確無比なパースよりもちょっと崩したくらいが自然に見えるって話もあるから、それを言い訳にしてる所もある。

オープンガイドブック OpenOffice.org 3 表紙絵描いたよ - Jan 14, 2009

オープンガイドブック OpenOffice.org 3 予約受付中! - OpenOffice.org Support Site

OOo 2.0の時の本のイラストを描いた関係で、個人として仕事の依頼を受けていたんだけれども、さっきやっと描き上げてデータを提出した(今サイトに載ってるのは下描き)。まだ修正等入るかもしれないけど、とりあえず一仕事終わったという事で、肩の荷が下りた感じ……

今回描いたのは計4点。コミケとかぶってたので12月中は全然作業を進められない、ということで、章ごとにイラストを変えるという風な凝った事は残念ながらできなかった。ごめんなさい。

絵の彼が眼鏡かけてるのは、打ち合わせの時に「前と同じなのはつまらないよね」「なんかもうちょっとビジネスっぽい雰囲気が欲しいね」みたいなツッコミが出たためです。3年の間に老眼になったというわけではないよ!!!

各イラストはそのうちリンク先の方でOOoでも使えるクリップアートとして公開される……んじゃないかな。多分。

……スーツの合わせ目を左右間違えてて全部やり直しだよグェアーッ!!!(下描きで気付よと)

明けまして - Jan 01, 2009

おめでとうございますと言いたい所ですが喪中なので明けてませんしおめでたくもありません!

(うし) 所要時間10分ほどでやっつけ。

コピー本表紙線画 - Dec 23, 2008

とりあえず線画。 表紙絵(暫定)

これ、B5縦の用紙で左の方が本当は上。ComicStudioで描画領域を回転させた状態で描いたんだけど、回転してるとナビゲータ上の操作が直感的じゃなくなってしまってやりにくい……

背景描くのが苦手だからって毎度適当なシーツっぽい表現に逃げる癖はどうにかするべきだと思うよ、ホント。

冬コミ情報 - Dec 19, 2008

もえじら組ブログの方にも書いてるけど、冬コミコピー本粛々と作業中です。 (もえじら組ブログのエントリへ) なにげにおぺらたん初描き。特徴的なツインテールのあの人はエロ同人禁止と聞いてますが、エロくないシーンの2コマだけのゲスト出演なら怒られない……ですよね……?(駄目ならツインテを一個削って亞北ネルにでも……)

しかし今まで登場キャラの性別とか衣装とか構図の関係とかで描く機会がなかったからずっと気付かなかったけど、普通に男女絡みを後ろから描こうとすると、必然的にアレですね、タマを描かなきゃいかんのですね。嫌々ながらもついつい熱心に描き込んでしまう自分がちょっとイヤです。

Shiretokoのロボをリ~ファ~イ~ン~(完成版) - Dec 11, 2008

Firefox 3.1 beta2のスタートページのロボをカトキ立ちさせてみたものに色を塗りました。 (画像) これで一応完成としとこう。

以下、設定。

  • FXドライブ(地球ちたま炉)搭載。 / He has the "FX Drive", aka "telluric reactor".
    • FXドライブは地球からエネルギーを取り出す半永久機関で、世界に一つしかないオーバーテクノロジー。 / "FX Drive" is a semi-perpetual generator. The energy is from the Earth. It is built on over-technologies, and there is no other FX Drive.
    • FX粒子で無敵。 / He is invincible because of "FX Particles" from the FX Drive.
  • キャッチコピーは「ブラウザ戦争に武力介入を開始する」。
  • アドオンでパワーアップできる。左手の武器もアドオン。 / He can be extended by addons. The drill of his left hand is also an addon.
  • 本気出すとサイコフレームが光ってフェイスオープンしつつFXドライブにアレのマークが浮かび上がるぞ。 / In an emergency, his psycho-frame glows, the mask becomes open (the "face-open" mode), and the mark of the red fox appears in the FX Drive.

アレとかソレとかが微妙にどころか盛大に混ざってますね。

ていうか色塗る前にGenさんのブログに捕捉されてしまって、慌てて完成させた。planet.mozilla.orgから来た人とか、カラー版に辿り着けるんだろうか? せめてもの……(?)ということで英語圏の人のために↑のネタを一部訳してみた。文化と言語の壁を越えてワロタしてもらえれば幸いだ。

ところで本家のイラストを描いたのはJosh Burcham氏という方だそうで、deviantARTにある絵を見ると、Shiretokoのアレは分かりやすいかっこよさをわざと外したところを狙って描いたんだろうということがよく分かる。モテる人のための音楽が苦手な僕が、聴くことをついためらう曲は…にもモテる人たちは「ベタすぎるのはかっこ悪い」と思ってるから、音楽の好みも、ベタベタなポップソングより「クールなBGM」っぽい音楽を好むとあるように、元絵の方が世の中的にはずっとクールで格好良くて、僕の描いてるようなのはベタベタすぎてカッコ悪い訳です。

追記。うは、Mozilla Linksに載っちゃったよ

Shiretokoのロボをリ~ファ~イ~ン~ - Dec 09, 2008

beta1beta2と描かれているアレを勝手にリファインしてみてるYO! (絵) 口元や胸の光ってるのをサイコフレームの燐光と勝手に解釈して激しくユニコーンガンダムくさいディティールに。腹の円は……まあ、GNドライブくさいけど位置も形もコレ以外にないよねえってことで。

こんな時に何をやってるんだろう自分は。

追記。全身できた。 (全身画像) 線画だけど。

左手が元絵だと剣?っぽいのが何故かドリルになってるのは、日本の燃える男の武器といえばドリルだからです。ドリル。

バストアップ。 (バストアップ画像) 顔はこんな感じ。赤いアンテナをどうしようか悩んだけど、なるべくシルエットは残す方向で。

カトキ立ち黄金比テンプレは欠かせません。

さらに追記。細かい手直しついでに、少しディティールを変えた。 (全身 バージョン1.1)

さらに追記。色塗りました。

絵を描くことへのスタンスの変化 - Oct 06, 2008

Jinkunさんに言われたこと。

僕は、JNK Worldに顔を出していた10年前くらいが一番たくさん絵を描いていた時期だと思う。今では、年に2回、コミケに合わせてもえじら組の活動をやってるくらいだ。当時色々と偉そうなことを言ったりしたりしていた僕が、今そんな体たらくであることを知ったら、Jinkunさんも川家さんも僕を軽蔑するんじゃないか。そんな風に思っていた。

でも、Jinkunさん曰く、今の僕の方が楽しそうだという。

そういう風に言われたことの理由は、多分、絵を描くことに対する意識の変化があるんだろうと思う。

当時の僕は「これしかない」と思っていた。絵を描くこと以外で、世界に確かに自分が生きたという足跡は残せないと思っていた。だから自分で色々縛っていた。右向きの顔を反転無しで描けなくてはならない。エロに頼ってアクセス数や販売部数を稼ぐのではなく、絵の質や世界観やそういったもので支持を得なくてはならない。誰からも認められる物を目指さなければならない。高尚でなければならない。そんな風な拘りがたくさんあった。今から思えば、下らない拘りばかりにも思えるけれども、当時は、真面目に拘っていた。

でも、興味の中心がWeb標準とかWeb技術とかに移ってしまって以降、絵を描くことに対して割く時間が減ってしまった。いや、もしかしたらそれは逆で、自分より下の世代で自分よりずっと情熱がありずっと絵が上手い人達がどんどん出てくるのを見て、「もう敵わない」と悟ってしまい、絵の世界から逃げてしまっただけなのかもしれない。

転機になったのは、もえじら組の活動だったと思う。

哀さんの勧めでIRCNetの#汚れの巣や#順列都市に常駐するようになり、いつかの「CSSコミュニティ」の人達と気軽に連絡を取れるようになり、Junさんとinugamixさんの結婚があり、inugamixさんのふぉくす子がその界隈である種のアイドルとなり(良い子はW3C子の事には触れちゃダメ!)、界隈内外のいろんな人がふぉくす子の絵を発表するようになり、ここは誰かが音頭を取って同人誌でも一発作るべきなんじゃね?という空気になって、コミケ出展経験があり自分で絵も描いており一番時間的に余裕があった僕が首謀者となって、成り行きでプロジェクトが始まって。ネトランがふぉくす子をフィギュア化し、気合いの入ったコスプレ衣装まで制作されて、祭りの空気はどんどん盛り上がり。僕は物凄く久しぶりに、ファン活動として絵を描くことの楽しさというものを感じていたのだと思う。

触れちゃダメ、と書いたけどやっぱり触れる。W3C子での失敗はやはり大きかったと思う。ビジュアルイメージが無かったものにビジュアルイメージを付ける、キャラクターをデザインする、という事における「敗北」。僕のやり方が色々まずかったのだと思うけれども、僕がビジュアル化したW3C子は僕のせいで死んでしまい、inugamixさんがビジュアル化したふぉくす子はいろんな人に愛された。その時悟った。僕には、広がりを生み出すオリジンを作ることはできない。そういう才能がない。だから、誰かが作ったオリジンにぶら下がって、それをネタにして楽しむことしかできない。僕は無力だ。僕にはそもそも無理な事だったのだ。いいかげん、身の程を知り、分をわきまえるべきだ。

それからは、気負いがだいぶなくなった、と思う。下手でもいい、上達してなくてもいい、絵柄が古くてもいい。下品でもエロでも全然構わない。好きなキャラを好きなように描いて、同じようなことをしている人達の祭りに参加し、祭りの空気を楽しむ。自己表現のための・自己顕示欲を満たすための手段、生贄としてではなく、それ自体が目的である、絵を描くこと・漫画を描くこと・そしてそれを発表することの、そのものの楽しさ。そういうことを今は感じられているんじゃないか、と思う。

Page 4/243: « 1 2 3 4 5 6 7 8 »

Powered by blosxom 2.0 + starter kit
Home

カテゴリ一覧

過去の記事

1999.2~2005.8

最近のつぶやき